電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-09-03 09:50
トラヒックパターン自動生成におけるDoS攻撃検知
平石陽太・○渡辺一平宮内 充千葉工大
抄録 (和) 本稿では、過去のトラヒックパターンから将来のトラヒックを予測し、実際のトラヒックと比較することでDoS攻撃を検知するための手法を提案する。予測が信頼できるものであれば、予測したトラヒックと観測したトラヒックが大きく異なり、かつ急上昇した場合、DoS攻撃によるものか通常状態の延長なのかどうかを判断することが可能になる。ニューラルネットおよび、テンプレート方式を用いてトラヒック予測を行い、後者において6~7割の一致率が得られ、DoS攻撃検知に有効であることを示す。 
(英) In this paper, detection techniques for DoS attack are proposed, by comparing the estimated forecast traffic with actual on going traffic. If the forecast traffic is estimated correctly, abnormal traffic caused by DoS attack can be distinguished because of its extraordinary increment pattern. Traffic was forecasted by using methods of neural network and templates. Obtained result shows forecast and actual traffic are good agreement in 60-70 percent, and proposed latter method is effective for detection of DoS attack.
キーワード (和) IDS / DoS攻撃 / ニューラルネット / / / / /  
(英) IDS / DoS attack / neural network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 275, IN2004-62, pp. 13-18, 2004年9月.
資料番号 IN2004-62 
発行日 2004-08-27 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NS CS IN  
開催期間 2004-09-02 - 2004-09-03 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) アクティブネットワーク,IP-VPN,ネットワークセキュリティ,超高速ネットワーク,P2P通信,ネットワークソフトウェア,一般 
テーマ(英) Active networks, IP-VPN, network security, ultra high-speed networks, p2p communications, network software, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2004-09-NS-CS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラヒックパターン自動生成におけるDoS攻撃検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of detecting DoS attack by using automatically generated traffic patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IDS / IDS  
キーワード(2)(和/英) DoS攻撃 / DoS attack  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネット / neural network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平石 陽太 / Youta Hiraishi / ヒライシ ヨウタ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 一平 / Ippei Watanabe / ワタナベ イッペイ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 充 / Mitsuru Miyauchi / ミヤウチ ミツル
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-09-03 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-NS2004-103,IEICE-IN2004-62,IEICE-CS2004-58 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.273(NS), no.275(IN), no.277(CS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2004-08-27,IEICE-IN-2004-08-27,IEICE-CS-2004-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会