電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-09-03 11:45
Detection of Network Events using Digital Signal Processing Techniques
Zhang Ding HuiKazuhide KoideGen KitagataTohoku Univ.)・GlennMansfield KeeniCysol)・Norio ShiratoriTohoku Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークトラフィックにおけるイベント検出は,ネットワークの効率的な運用管理のために重要である. 本稿では,ディジタル信号処理の概念に基いたイベント検出手法を提案する.ディジタル信号処理技術を用いてネットワークイベントを検出する既存手法として,Deviation Scoreに基づく手法に注目する. この手法は他のものと比較し,イベント検出に要する時間コストが小さいという特徴がある.しかしながらこの手法は,3つの問題点,すなわち,(1)検出の正確性,(2)計算量,(3)閾値が手動設定である点,を持つ. 本研究はこれらの問題点を改善し,高い正確性,低い計算量,および閾値の自動設定を実現するイベント検出手法を提案する. 本手法を利用することによって,ネットワークの効率的な管理が可能となることが期待される.本稿では,実トラフィックを用いた実験を通じ,提案手法の有効性を示す. 
(英) Network traffic analysis and detection of Event are essential for efficient network administration. The main goal of this research is to provide useful and meaningful information to the network administrator. After a thorough investigation in the field of detecting network Event by digital signal technique, we focus on a method called Deviation Score. Deviation Score takes less time on anomaly detection than any other related methods, such as Statistical method, Markov Models and Neural Networks method. However, there are three problems with Deviation Score, which are (1) inexact detection result, (2) high computational complexity, (3) requirement of manually set threshold. In this research, we propose a new method of Event detection of network traffic, which is exact, real-time and automatic, i.e. no manual intervention is needed. Experiment results show that our proposed method can detect Event with more efficiently than Deviation Score, especially pertaining to the detection exactness point.
キーワード (和) トラフィック解析 / ネットワークイベント / イベント検出 / ディジタル信号処理 / / / /  
(英) traffic analysis / network event / event detection / digital signal processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 275, IN2004-66, pp. 37-42, 2004年9月.
資料番号 IN2004-66 
発行日 2004-08-27 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS CS IN  
開催期間 2004-09-02 - 2004-09-03 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) アクティブネットワーク,IP-VPN,ネットワークセキュリティ,超高速ネットワーク,P2P通信,ネットワークソフトウェア,一般 
テーマ(英) Active networks, IP-VPN, network security, ultra high-speed networks, p2p communications, network software, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2004-09-NS-CS-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Network Events using Digital Signal Processing Techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラフィック解析 / traffic analysis  
キーワード(2)(和/英) ネットワークイベント / network event  
キーワード(3)(和/英) イベント検出 / event detection  
キーワード(4)(和/英) ディジタル信号処理 / digital signal processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 鼎暉 / Zhang Ding Hui / チョウ テイ キ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 和秀 / Kazuhide Koide / コイデ カズヒデ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北形 元 / Gen Kitagata / キタガタ ゲン
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) GlennMansfield Keeni / GlennMansfield Keeni /
第4著者 所属(和/英) Cyber Solution Inc. (略称: Cysol)
Cyber Solution Inc. (略称: Cysol)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白鳥 則郎 / Norio Shiratori / シラトリ ノリオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-09-03 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-NS2004-107,IEICE-IN2004-66,IEICE-CS2004-62 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.273(NS), no.275(IN), no.277(CS) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2004-08-27,IEICE-IN-2004-08-27,IEICE-CS-2004-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会