電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-29 11:20
区間で定常なパラメータを持つ非定常情報源におけるベイズ符号の冗長度について
須子統太松嶋敏泰平澤茂一早大
抄録 (和) 本研究では,情報源の分布のクラスのみ仮定し,パラメータについては未知である場合のユニバーサル情報源符号化について扱う.
その中でもベイズ符号は,ベイズ基準のもとで冗長度を最小にする符号として知られている.
近年,非定常な情報源に対するベイズ符号の研究が数多く行われている.
その一つに,一定区間では定常なパラメータを持つが,ある時点でパラメータの値が突然変化する情報源に対する研究がある.
この情報源は個々の区間をみれば定常とみなすことができるが,パラメータの変化が複数回おこるため,全体としては非定常な情報源として扱われる.
従来,この情報源に対し総変化回数が既知のもとで漸近的な平均冗長度の評価が行われている.
しかし,厳密な評価については行われておらずユニバーサル性を持つ符号であるかについて正確な議論はされていない.
また,より一般化された問題設定として,総変化回数が未知である場合を扱った研究もある.
そのもとで有限時点での冗長度の評価が行われているが,漸近的な評価については行われていない.
そのため,この情報源におけるベイズ符号の漸近的な性質についてはいまだ知られていない.
そこで,本研究では区間で定常なパラメータを持つ非定常情報源に対し,総変化回数が未知のもとで漸近的な平均冗長度についての評価を行う.
そのもとで,ある条件を満たすとベイズ符号がユニバーサル性を持つことを示す. 
(英) In this paper we treat universal source coding when the parameters of the probabilistic model of source are known.
Bayes code is one of the wellknowm universal codes.
Bayes code has Bayes optimality in point of minimization of redundancy.
Recently, many researches of Bayes code for nonstationary sources are done.
Researches for sources with piecewise constant parameters are one of them.
Each sections are visible to stationary sources. But these sources have abruptly changing parameters.
And they are treated as nonstationary sources.
But the Asymptotic character of mean redundancy for this source is not known.
In this paper, we evaluate asymptotic mean redundancy of this source with the conditions of change number is not kown.
And we show that Bayes code has universality with some condtions.
キーワード (和) 情報源符号化 / ユニバーサル符号 / ベイズ符号 / 非定常情報源 / / / /  
(英) source coding / universal coding / Bayes code / nonstationary source / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 229, IT2004-22, pp. 23-28, 2004年7月.
資料番号 IT2004-22 
発行日 2004-07-22 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2004-07-28 - 2004-07-29 
開催地(和) 東大(柏キャンパス) 
開催地(英) Tokyo Univ. (Kashiwa) 
テーマ(和) フレッシュマン、一般 
テーマ(英) freshman, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2004-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 区間で定常なパラメータを持つ非定常情報源におけるベイズ符号の冗長度について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Redundancy of Bayes Coding for Nonstationary Sources with Piecewise Constant Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報源符号化 / source coding  
キーワード(2)(和/英) ユニバーサル符号 / universal coding  
キーワード(3)(和/英) ベイズ符号 / Bayes code  
キーワード(4)(和/英) 非定常情報源 / nonstationary source  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須子 統太 / Tota Suko / スコ トウタ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 茂一 / Shigeichi Hirasawa /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-29 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2004-22 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2004-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会