電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-20 16:40
統計的AD変換による生体情報を用いたCHAP型ネットワーク認証の提案
柴田陽一静岡大)・中村逸一北京NTTデータ)・三村昌弘高橋健太日立)・西垣正勝静岡大
抄録 (和) 生体情報はユーザと強く結びついた情報であり,ユーザを認証する情報として有効である.ところが,従来の生体認証はパターンマッチングで行われているため,ネットワークを介してユーザ認証を行うためには,生体情報を事前にサーバに登録し,かつ,認証の度に生体情報を送信する必要がある.そのため,プライバシおよび盗聴等の問題があった.これに対し,著者らは生体情報から常に一意なユニークIDをリアルタイムで抽出する「統計的AD変換」という技術を提案している.この統計的AD変換によって得られるIDを認証鍵として用いてやることにより,生体情報によるネットワーク認証を実現することができる.本稿では,生体ネットワーク認証の一例として,指紋を用いたChallenge & Response型ネットワーク認証を説明する.従来の手法との比較を行い,本手法の有効性を示す. 
(英) This paper proposes a biometric challenge-response authentication with a key extracted from a fingerprint. The authentication scheme proposed here employs “statistical A/D conversion”, which is an effective technique to convert fingerprint to just one and the same ID in real-time. Then, the ID generated from fingerprint is used as a password for challenge-response authentication. The proposed scheme provides advantages such that (i) the user no longer needs to memorize his/her password because the password is a part of body, (ii) the password does not travel on the network since challenge-response authentication is carried out, (iii) user’s private fingerprint information would not be revealed from the password because any password is generated from fingerprint with a random number added. The availability of the fingerprint- based challenge-response authentication is studied by comparing it with existing schemes.
キーワード (和) ネットワーク認証 / 生体認証 / Challenge & Response認証 / 統計的AD変換 / / / /  
(英) Network authentication / Biometric authentication / Challenge-Response authentication / Statistical A/D conversion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 199, ISEC2004-39, pp. 179-186, 2004年7月.
資料番号  
発行日 2004-07-13 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ISEC IPSJ-CSEC  
開催期間 2004-07-20 - 2004-07-21 
開催地(和) 徳島大学 工学部 常三島キャンパス 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) 一般,情報処理学会CSEC研究会共催 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-CSEC 
会議コード 2004-07-ISEC-JPSCSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統計的AD変換による生体情報を用いたCHAP型ネットワーク認証の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A CHAP authentication with a key extracted from a fingerprint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク認証 / Network authentication  
キーワード(2)(和/英) 生体認証 / Biometric authentication  
キーワード(3)(和/英) Challenge & Response認証 / Challenge-Response authentication  
キーワード(4)(和/英) 統計的AD変換 / Statistical A/D conversion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 陽一 / Yoichi Shibata / シバタ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 逸一 / Itsukazu Nakamura / ナカムラ イツカズ
第2著者 所属(和/英) 北京NTTデータ (略称: 北京NTTデータ)
Beijin NTT data (略称: Beijin NTT data)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三村 昌弘 / Masahiro Mimura / ミムラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健太 / Kenta Takahashi / タカハシ ケンタ
第4著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西垣 正勝 / Masakatsu Nishigaki / ニシガキ マサカツ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-20 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-CSEC 
資料番号 IEICE-ISEC2004-39 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.199 
ページ範囲 pp.179-186 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2004-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会