電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-16 09:50
エネルギーと分裂確率に基づくネットワーク探索方式の検討
米丸武文小林亜樹山岡克式酒井善則東工大
抄録 (和) ネットワーク上で効率的な探索を行なう際には、探索要件に合わせてトラヒック量や発見確率を適切に制御する必要がある。
しかし、従来の一般的な探索法では、これらを容易に変更する機構が備わっていなかった。

そこで本稿では、探索リクエストメッセージに、ユーザやネットワークが簡単かつ自由に調整することができる、エネルギー$E$と分裂確率$P$の二つのパラメータを付加し、これに従って各ノードが自律的に制御することにより、ユーザが希望する柔軟な探索を容易に実現する、新しいネットワーク探索方式を提案する。
$E$と$P$を設定して探索リクエストメッセージを投入すると、受信した各ノードでは、リクエストメッセージは$P$に従って分裂し、$E$はこのときに各リクエストメッセージに分配される。
リンクを通過するとリンクごとに設定されたエネルギーが減少し、$E$が0以下になると、そのノードで探索リクエストメッセージは廃棄される。

本稿では基礎検討として、分裂の際はエネルギーを等分配とし、全ての1リンク通過時のエネルギー減少量を1として、シミュレーションを行ない、提案方式がトラヒック量と発見確率のバランスを柔軟に変更可能な探索を実現することを確認し、さらに、一例としてflooding方式との特性比較を行い、提案方式の有効性を示した。 
(英) When information retrieving on a network, the network traffic and finding probability should be suitably controlled to find the required information.
However, conventional retrieval methods do not have functions for simple control of network traffic and finding probability.

In this paper, we propose a novel network retrieval method, which achieves flexible retrieval and meets user expectations.
The method includes two new parameters, energy $E$ and division probability $P$, in query messages.
These parameters can be easily controlled by users and networks.
When a node receives a query message, its node retrieves itself and processes query message autonomously using the parameters $E$ and $P$.

First, the user inserts the parameters $E$ and $P$ in the query message, which is then transmitted over the network.
At each node that receives the query message, the message is divided by $P$, and $E$ is also distributed into each divided qeury message.
When the query message passes any links, its $E$ is reduced by the energy of the respective link.
When $E$ is less than zero, the query message is eliminated by the node.

In this paper, we describe an evaluation of our proposed method using computer simulation.
Under the simulation conditions, energy was distributed equally when a query message was divided, and $E$ was reduced by one when a query message passed any link, for basic examination.
The results of the simulation showed that our proposed method achieved flexible retrieval from a viewpoint of both the network traffic and finding probability.
The results also showed that our proposed method has advantages over conventional flooding retrieval techniques.
キーワード (和) エネルギー / 分裂確率 / 発見確率 / トラヒック量 / 情報探索 / フラッディング / /  
(英) Energy / Division Probability / Discovery Probability / Traffic / information retrieval / flooding / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 182, IN2004-38, pp. 13-18, 2004年7月.
資料番号 IN2004-38 
発行日 2004-07-09 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2004-07-15 - 2004-07-16 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットの測定・性能評価技術、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2004-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エネルギーと分裂確率に基づくネットワーク探索方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of an information retrieval system on a network controlled by Energy and Division Probability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エネルギー / Energy  
キーワード(2)(和/英) 分裂確率 / Division Probability  
キーワード(3)(和/英) 発見確率 / Discovery Probability  
キーワード(4)(和/英) トラヒック量 / Traffic  
キーワード(5)(和/英) 情報探索 / information retrieval  
キーワード(6)(和/英) フラッディング / flooding  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米丸 武文 / Takefumi Yonemaru /
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 亜樹 / Aki Kobayashi /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka /
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 善則 / Yoshinori Sakai /
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-16 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2004-38 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.182 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2004-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会