お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-16 16:10
伝搬経路制御方式に基くWindow制御を用いた干渉抑圧特性に関する検討
山中仁昭広島国際大)・三瓶政一阪大)・森永規彦広島国際大
抄録 (和) 本報告では,無線通信システムにおける干渉抑圧方式として、端末局にアダプティブアレイアンテナを用いた伝搬経路制御方式について述べる.われわれは今まに、送信時に不必要な方向に対して干渉電力の放射を抑圧することを目的として伝搬経路制御方式を提案し,さらに自由度を超える干渉波が到来する環境下においても有効に自由度を利用し干渉電力の放射の抑圧を行うために,送信アンテナパターン制御法として,Deep Null Creation Technique(DNCT)及びWide Null Creation Technique(WNCT)の提案を行ってきた.本報告では,よりシステム全体の干渉電力抑圧といった立場から,自由度をより高い干渉波方向に対して積極的に用い,また,様々な伝搬環境において柔軟に干渉電力の抑圧を行えるアンテナパターン制御法として,WNCTを用いる際に,生成するヌル幅を強い干渉波の放射方向の角度広がりに応じて適応的に制御する方式を提案し(Window制御),その有効性について検討を行った.計算機シミュレーションによる解析の結果,Window制御を用いた方式は現在までに提案した方式と比較して,上り回線の通信対象セクタでの搬送波対干渉及び雑音電力比(CINR)において優れた特性を示すことを確認した. 
(英) This paper proposes an adaptive multipath control technique using window size controlled wide null creation technique (WNCT) for the adaptive array antenna (AAA) systems in rich scattering channel conditioned broadband wireless communication systems. In the proposed scheme, deep null creation technique (DNCT) and WNCT are employed to create antenna directivity for transmission so that unwanted radiation to the adjacent sectors or cells can be suppressed. Moreover, to efficiently utilize small number of degree of freedom of the AAA under rich scattering channel conditions, we will introduce an window size control technique in the WNCT by which we can create wider null to a direction of interference cluster with strong and large angle spread. Computer simulation confirms that WNCT with the proposed window controlling technique can achieve higher carrier to interference plus noise power ratio (CINR) than the original WNCT in the uplink.
キーワード (和) 干渉抑圧 / アダプティブアレイアンテナ / 伝搬経路制御 / 自由度 / 到来角度広がり / / /  
(英) interference suppression / adaptive array antenna / adaptive multipath controlling / degree of freedom / angle spread / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 186, RCS2004-119, pp. 71-76, 2004年7月.
資料番号 RCS2004-119 
発行日 2004-07-09 (RCS, NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2004-07-15 - 2004-07-16 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hiroshima International Univ. 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク,ネットワーク制御,無線通信,モバイルネットワーキング,Mobile IP,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2004-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝搬経路制御方式に基くWindow制御を用いた干渉抑圧特性に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Interference suppression using Adaptive Multipath Control Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 干渉抑圧 / interference suppression  
キーワード(2)(和/英) アダプティブアレイアンテナ / adaptive array antenna  
キーワード(3)(和/英) 伝搬経路制御 / adaptive multipath controlling  
キーワード(4)(和/英) 自由度 / degree of freedom  
キーワード(5)(和/英) 到来角度広がり / angle spread  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 仁昭 / Masaaki Yamanaka / ヤマナカ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 広島国際大学 (略称: 広島国際大)
Hiroshima International University (略称: Hiroshima International Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森永 規彦 / Norihiko Morinaga / モリナガ ノリヒコ
第3著者 所属(和/英) 広島国際大学 (略称: 広島国際大)
Hiroshima International University (略称: Hiroshima International Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-16 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2004-119,IEICE-NS2004-83 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.186(RCS), no.184(NS) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2004-07-09,IEICE-NS-2004-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会