お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-16 11:05
ノイズ環境下における結合双安定回路の平衡点間遷移現象
丹羽利宜渡辺明香藤坂尚登神尾武司広島市大
抄録 (和) ノイズ源を含むインバータを規則正しく配置し、容量結合することによりト-ラス状回路網を構成する。この回路網を環状につながった偶数個のインバータから成る双安定回路が複数個結合した結合双安定回路網と見なした時、全ての双安定回路が同期し不規則に平衡点間遷移する現象が観察された。また結合パラメータにより多数の平衡点が生まれるが、あるノイズ強度において、いくつかの平衡点間を連鎖的かつ比較的規則的に遷移していく現象が観察された。 
(英) This paper investigates a torus network constituted by capacitively coupling several inverters containing noise sources. If we identify the network as coupled bistabel circuits which are constituted of rings of inverters, synchronous stochastic transitions may happen to all bistable circuits. Changing coupling parameters makes several stable points additionally. We observe the network transit between the several stable states with considerable periodicity.
キーワード (和) 双安定回路 / ノイズ / 平衡点間遷移 / 連鎖的遷移 / / / /  
(英) bistable circuit / noise / state transition / chain of transition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 197, NLP2004-26, pp. 13-18, 2004年7月.
資料番号 NLP2004-26 
発行日 2004-07-09 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2004-07-16 - 2004-07-16 
開催地(和) 静岡大学 
開催地(英) Shizuoka Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) (TBD) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2004-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノイズ環境下における結合双安定回路の平衡点間遷移現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise-Induced Transition between Equilibrium Points in Coupled Bistable Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双安定回路 / bistable circuit  
キーワード(2)(和/英) ノイズ / noise  
キーワード(3)(和/英) 平衡点間遷移 / state transition  
キーワード(4)(和/英) 連鎖的遷移 / chain of transition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹羽 利宜 / Toshinori Niwa / ニワ トシノリ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 明香 / Asuka Watanabe / ワタナベ アスカ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-16 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2004-26 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.197 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2004-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会