電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-15 16:00
[招待講演]インターネットバックボーン網の IP トラヒック特性と容量設計について
野本真一福嶋正機古屋裕規中村 元KDDI研
抄録 (和) 筆者らがこれまで進めてきたインターネットバックボーン網内のトラヒック特性に関する研究を紹介しつつ今後の方向性を議論している.多重化されたIPトラヒックは,自己相似性あるいは長期依存性といった性質で特徴付けられる時間的な相関を持つことが知られていたが,時間スケールの小さい領域ではこれが消滅しポアソン的な性質を示す(局所ポアソン性)ことを見出し,その原因を明らかにした.さらに局所ポアソン性が発現する時間スケールの特定により,ポアソン近似を用いたパケット損失率等のネットワーク性能の評価が可能となることを示している.これらの成果は,近年のIPアプリケーションの移り変わりやIPトラヒックの増加などを踏まえた上で,エンドユーザに不自由を感じさせない(ストレスフリー)容量の実用的設計法の提案に向けて発展している. 
(英) The paper discusses a series of studies, by the authors, on characteristics of communication traffic over INTERNET backbone networks and provides the direction of further study. Whereas the aggregated IP traffic has been known to have temporal autocorrelations characterized by so-called self-similarity, or long-range dependency, it is found that the characteristics disapear and become to have a Poisson-like property within a certain time-scale (local Poisson property) with solid considerations regarding the causes. Moreover, by identifying the threshold time-scale when the local Poisson property emerges, the paper shows that the network performances, such as packet loss rate, can be evaluated based on Poisson approximation. Those studies are further evolving towards the development of a practical network planning method on how to specify a stress-free capacity, under which end-users recognize no congestion, taking acount of traffic growth and new applications on IP networks.
キーワード (和) 局所ポワソン / ネットワーク設計 / 自己相似性 / 多重化IPトラヒック / / / /  
(英) local Poisson / network planning / self-similar / aggregated IP traffic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 181, IN2004-33, pp. 39-42, 2004年7月.
資料番号 IN2004-33 
発行日 2004-07-08 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2004-07-15 - 2004-07-16 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットの測定・性能評価技術、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2004-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターネットバックボーン網の IP トラヒック特性と容量設計について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristics of IP Traffic and Capacity Planning in Backbone Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所ポワソン / local Poisson  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク設計 / network planning  
キーワード(3)(和/英) 自己相似性 / self-similar  
キーワード(4)(和/英) 多重化IPトラヒック / aggregated IP traffic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野本 真一 / Shinichi Nomoto / ノモト シンイチ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 正機 / Masaki Fukushima / フクシマ マサキ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古屋 裕規 / Hiroki Furuya / フルヤ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 元 / Hajime Nakamura / ナカムラ ハジメ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-15 16:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2004-33 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IN-2004-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会