電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-15 13:00
マルチモーダル通信環境における最適な通信媒体選択機構の提案
塚本和也九工大)・堀 良彰九大)・尾家祐二九工大
抄録 (和) 多様な無線インターネット技術の普及に伴い,移動端末が同時に複数の無線ネットワークと接続可能な(マルチモーダル)環境が実現されつつある.この環境を最大限有効利用するためには最適な通信媒体をシームレスに切り替え,通信を継続する必要がある.しかし従来研究では,一つのTCPコネクションを通信媒体の切り替えに応じて変更し通信を継続するため,通信の切断や頻繁なハンドオフ(ピンポン効果)には追従できないといった問題が発生する.そこで本研究では,切り替え時において複数のコネクションを用いて並列転送を行うことで,最適な通信媒体を選択しつつ,シームレスハンドオフを実現する手法を提案し,シミュレーションによりその有効性を評価する. 
(英) Network selection scheme designed specially to handle seamless handoff between the appropriate datalink interfaces is presented. The future mobile environment is expected to multimodal connectivity to the Internet and dynamic switching of the connection mode depending on many factors such as network conditions. Although the existing technologies address the connection shutdown problem by modifying one TCP connection at the handoff, the problems of disconnection and performance degradation due to the ping-pong effect still remain. In this paper, considering an optimized datalink interface when the multiple datalink interfaces are available, a new scheme to address these issues is proposed. Through simulations, the proposed scheme is demonstrated to provide marked improvements in performance over existing technologies.
キーワード (和) シームレスハンドオフ / 並列転送 / 最適な通信媒体選択 / ピンポン効果 / / / /  
(英) seamless hand-off / parallel transmission / optimized network selection / ping-pong effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 181, IN2004-27, pp. 1-6, 2004年7月.
資料番号 IN2004-27 
発行日 2004-07-08 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2004-07-15 - 2004-07-16 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットの測定・性能評価技術、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2004-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチモーダル通信環境における最適な通信媒体選択機構の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network selection scheme for multimodal mobile hosts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シームレスハンドオフ / seamless hand-off  
キーワード(2)(和/英) 並列転送 / parallel transmission  
キーワード(3)(和/英) 最適な通信媒体選択 / optimized network selection  
キーワード(4)(和/英) ピンポン効果 / ping-pong effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto /
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 良彰 / Yoshiaki Hori /
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie /
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-15 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2004-27 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2004-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会