電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-15 14:30
HighSpeed TCPの収束時間改善法
鍋島正義矢田浩二NTT
抄録 (和) 現在広く用いられているTCPは,高速・長距離ネットワークにおいて,利用可能な帯域を十分に使い切れないことが報告されている.この問題を解決する方法として,HighSpeed TCP (HS-TCP)が提案されている.HS-TCPのアルゴリズムは,パケットサイズが1500バイト,ラウンドトリップ時間が100msの時,パケットロス率$10^{-7}$で10Gbpsのスループットが得られるようにデザインされている.しかし,HS-TCPは公平帯域を得るまでの時間(収束時間)に関して問題がある.つまり,既に通信を行っているHS-TCPフローが大きな輻輳ウインドウを有している環境において,新たなHS-TCPフローが通信を開始する場合,そのフローの収束時間が長くなりすぎるという問題がある.そこで本稿では,HS-TCPの収束時間を改善する方法を提案する.提案方式では,フローが公平なウインドウサイズより大きなウインドウを有していると判断されたならば,輻輳ウインドウを減少する時,本来の減少幅よりも大きく減少することにより,収束時間の改善を実現している.コンピュータシミュレーションにより,提案方式は収束時間を大幅に改善できることを確認した. 
(英) It is reported that TCP does not perform well in high-speed and long-distance networks. This problem led to the proposal of HighSpeed TCP (HS-TCP). HS-TCP is designed to achieve a steady-state throughput of 10 Gbps with a packet loss rate of $10^{-7}$ when the packet size is 1500 bytes and the round trip time is 100 ms. However, HS-TCP has a problem in terms of convergence times. That is, it takes a long time for a new HS-TCP flow to achieve fair bandwidth allocation if the existing HS-TCP flows have large congestion windows. This paper proposes a new mechanism to improve the convergence time of HS-TCP. The basic idea of our mechanism is that if a flow has larger window than is fair its window is decreased more aggressively than usual. Simulations show that our mechanism significantly improves the convergence time of HS-TCP.
キーワード (和) HighSpeed TCP / 高速・長距離ネットワーク / 収束時間 / / / / /  
(英) HighSpeed TCP / high-speed and long-distance network / convergence time / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 181, IN2004-30, pp. 19-24, 2004年7月.
資料番号 IN2004-30 
発行日 2004-07-08 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2004-07-15 - 2004-07-16 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットの測定・性能評価技術、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2004-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HighSpeed TCPの収束時間改善法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving the convergence time of HighSpeed TCP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HighSpeed TCP / HighSpeed TCP  
キーワード(2)(和/英) 高速・長距離ネットワーク / high-speed and long-distance network  
キーワード(3)(和/英) 収束時間 / convergence time  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍋島 正義 / Masayoshi Nabeshima /
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢田 浩二 / Kouji Yata /
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-15 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2004-30 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2004-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会