電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-09 10:50
オン・デマンド型動画像配信における効果的なパケット損失補償方式の一検討
早坂光雄マノーダ ガマゲ三木哲也電通大
抄録 (和) インターネットを使用したリアルタイム通信は増加しており,今後,特にオン・デマンド型動画像配信の増加が期待される.動画像配信において,ルータでのバッファあふれによって生じたパケット損失は,映像品質を劣化させてしまうが,その補償方法としてFEC (Forward Error Correction)方式の適用が挙げられる.しかし,この方式は,FECを付加した動画像の配信数が多くなった高負荷時に、FECオーバヘッドによりネットワーク状況を更に悪化させ,映像品質を大きく劣化させてしまう問題がある.そこで本稿では,オン・デマンド型動画像配信を対象に,ネットワークが高負荷時にも有効な参照FEC方式を提案する.更にFEC回復能力およびメディア構造を考慮した優先付けを行い,ルータでの優先制御と組み合わせてバッファあふれを抑制する.シミュレーションを用いて提案方式の評価を行い,その特性について検討した. 
(英) Streaming services over the Internet are expected to grow rapidly in the near future. However, packet losses caused by buffer overflow at routers are a serious problem in these services, and are responsible for degradation of the Quality of Service (QoS). Forward error correction (FEC) is a promising technique to recover the lost packets and improve the QoS of streaming media. However, if FEC is applied for whole bandwidth between nodes, it may degrade the QoS of all communications due to the increased congestion caused by FEC overhead. In this paper, a novel FEC method that improves QoS of on-demand streaming services is proposed. This proposed method gives priority to some data packets considering the FEC recovery ability and video encoding method. It avoids the buffer overflow by applying a simple buffer management algorithm at the routers and makes best use of FEC recovery ability. The results of computer simulations show that the packet loss ratio of proposed method is highly improved compared to the conventional method in spite of the high network congestion.
キーワード (和) ビデオ・オン・デマンド / ビデオ・ストリーミング / パケット損失率 / 誤り訂正符号 / / / /  
(英) Video on Demand / Video Streaming / Packet Loss Ratio / FEC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 171, CS2004-31, pp. 13-18, 2004年7月.
資料番号 CS2004-31 
発行日 2004-07-02 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2004-07-09 - 2004-07-09 
開催地(和) 長岡技術科学大学 
開催地(英) Nagaoka University of Technology 
テーマ(和) ネットワーク制御、アクセスネットワーク、回線エミュレーション、IPサービスとそれを支えるネットワーク技術、一般 
テーマ(英) Network controls, access networks, network emulations, IP services, IP networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2004-07-CS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) オン・デマンド型動画像配信における効果的なパケット損失補償方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Efficient Loss Recovery Scheme for On-Demand Video Streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビデオ・オン・デマンド / Video on Demand  
キーワード(2)(和/英) ビデオ・ストリーミング / Video Streaming  
キーワード(3)(和/英) パケット損失率 / Packet Loss Ratio  
キーワード(4)(和/英) 誤り訂正符号 / FEC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早坂 光雄 / Mitsuo Hayasaka / ハヤサカ ミツオ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) マノーダ ガマゲ / Manodha Gamage / マノーダ ガマゲ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 哲也 / Tetsuya Miki / ミキ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-09 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2004-31 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2004-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会