お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-06-17 14:15
Radio Channel Allocation Technique for CSMA/CA-based Wireless Mesh Networks -- Sollution to Exposed Terminal Problem --
Atsushi FujiwaraYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
抄録 (和) 本稿ではCSMA/CAを用いて構成されるメッシュネットワークにおけるチャネル割
当法を提案する。IEEE802.11等によってマルチホップ伝送を行った場合に、TCP
スループットが大きく低下する問題についてシミュレーションによりその要因を
分析し、その後にスループット低下を防ぐチャネル割当法について言及している。
スループット低下を防ぐためには、ある通信が行われている時にその通信によっ
て発生するキャリアが到達しない局からキャリアが到達する局へのリンクを別の
周波数にすることが必要十分な条件となる。端末が2次元平面に配置されている
とすると、この条件を満たすために必要なチャネル数は9ホップまでの場合に
96% 以上の割合でで2チャンネルで十分となる。 
(英) This paper proposes a channel allocation principle that prevents TCP
throughput degradation for multihop transmission in a mesh network based
on the CSMA/CA MAC protocol. We first address the relationship between
network topology of wireless nodes and the TCP throughput degradation
based on computer simulations. The channel allocation principle is
discussed in terms of resolution into node chromatic issues based on
throughput degradation. The number of required channels for the proposed
channel allocation principle is evaluated and it is shown that two
channels are sufficient for more than 96% of simulated pattern.
キーワード (和) メッシュネットワーク / IEEE802.11 / MACプロトコル / マルチホップ / さらし端末問題 / TCP / /  
(英) mesh network / IEEE802.11 / MAC protocol / multihop / exposed terminal problem / TCP / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 122, RCS2004-73, pp. 19-24, 2004年6月.
資料番号 RCS2004-73 
発行日 2004-06-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2004-06-17 - 2004-06-18 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 誤り訂正、MAC、無線通信一般 
テーマ(英) Error correction, MAC, Wireless communication systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2004-06-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radio Channel Allocation Technique for CSMA/CA-based Wireless Mesh Networks 
サブタイトル(英) Sollution to Exposed Terminal Problem 
キーワード(1)(和/英) メッシュネットワーク / mesh network  
キーワード(2)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(3)(和/英) MACプロトコル / MAC protocol  
キーワード(4)(和/英) マルチホップ / multihop  
キーワード(5)(和/英) さらし端末問題 / exposed terminal problem  
キーワード(6)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 淳 / Atsushi Fujiwara / フジワラ アツシ
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 洋一 / Yoichi Matsumoto / マツモト ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: NTT DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-06-17 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2004-73 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2004-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会