お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
TLBを対象としたサイドチャネル攻撃におけるタイミング情報取得手法の検討
松本侑紀九大)・彈 雄一郎高橋順子NTT)・小野貴継九大HWS2020-6
抄録 (和) Translation Look-aside Buffer (TLB) に対するサイドチャネル攻撃を実装するにあたり,タイミング情報として用いるTLB アクセスレイテンシ情報の取得手法について報告する.CPU には仮想アドレスと物理アドレスの変換を高速に実現するためにTLB が搭載され,複数のスレッド間で共有される.攻撃者スレッドと被害者スレッドが同一CPU コア上で動作する場合,攻撃者スレッドはTLB アクセスレイテンシ情報から被害者スレッドで実行される暗号演算の秘密情報を窃取できることが既存研究により示されている.しかしながら,既存研究ではアクセスレイテンシ情報取得手法の実装の詳細に関しては明らかになっていなかった.特に,アクセスレイテンシ情報を取得する際に,複数存在するTLB セットの中で測定するTLB セットを定量的に選出する方法が示されていないという課題があった.そこで,本稿ではアクセスレイテンシ情報取得手法の実装および計測対象とすべきTLB セットを選出する手法の実装と評価を行い,その有効性を明らかにした. 
(英) We report on the method of acquiring Translation Look-aside Buffer (TLB) access latency which required
for implementing a side-channel attack to TLB. A CPU has a TLB to improve the performance of translation
between a virtual address and a physical address and is shared by multiple threads. Related work reports that if the attacker thread and the victim thread are executed on the same CPU core, the attacker thread can steal the victim’s secret information from the TLB access latency information. However, the implementation details of the access latency acquisition method are not clear. In particular, it is not known which TLB set should be measured for latency. In this paper, we implemented and evaluated the latency measurement method and the method of selecting the TLB set to be measured and clarified its effectiveness.
キーワード (和) アドレス変換バッファ / サイドチャネル攻撃 / タイミング攻撃 / / / / /  
(英) Translation Look-aside Buffet / Side-channel attack / Timing attack / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 1, HWS2020-6, pp. 29-34, 2020年4月.
資料番号 HWS2020-6 
発行日 2020-03-31 (HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HWS2020-6

研究会情報
研究会 HWS  
開催期間 2020-04-07 - 2020-04-07 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2020-04-HWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TLBを対象としたサイドチャネル攻撃におけるタイミング情報取得手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Timing Information Acquiring Methodology for TLB Side-Channel Attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドレス変換バッファ / Translation Look-aside Buffet  
キーワード(2)(和/英) サイドチャネル攻撃 / Side-channel attack  
キーワード(3)(和/英) タイミング攻撃 / Timing attack  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 侑紀 / Yuki Matsumoto / マツモト ユウキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 彈 雄一郎 / Yuichiro Dan / ダン ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 順子 / Junko Takahashi / タカハシ ジュンコ
第3著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 貴継 / Takatsugu Ono / オノ タカツグ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-HWS2020-6 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HWS-2020-03-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会