電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
[ポスター講演]状況変化を考慮した利用者個人情報のアクセス制御モデル
笠井敬介鈴木 優川越恭二立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害発生時のような緊急時には利用者の個人情報を公開・共有することで情報伝達を行うシステムが求められる.このシステムには,利用者の状況に応じて個人情報に対するアクセス制御を行う機能が必要となる.しかし,RBAC のような既存アクセス制御手法では利用者の状況変化を考慮していないため,個人情報アクセス制御を直接には行うことができない.
そこで,本研究では利用者の状況に応じた利用者個人情報のアクセス制御を可能とするアクセス制御モデルの提案を行う.提案モデルは,従来のRBAC モデルに基づくTMAC の考え方を基本とし,状況という概念を導入する新たなアクセス制御モデルである. 
(英) A communication system of sharing and exchanging users personal information is demanded in the case of emergencies such as disaster. In such a system, personal information access control depending on the context of user is greatly necessary. However, it is complicated to manage personal information access control directly, because existing technique such as RBAC does not consider the change of a context of user.
In this paper, we propose a new access control model that enables access control of user personal information with consideration of context change. Our proposed model is based on a concept of TMAC, which is an extention of a conventional RBAC model. We also introduce a concept of situation in our model.
キーワード (和) アクセス制御 / 個人情報 / プライバシー保護 / / / / /  
(英) access control / personal information / privacy protection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 329, DE2008-74, pp. 53-54, 2008年12月.
資料番号 DE2008-74 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2008-12-01 - 2008-12-01 
開催地(和) 学習院 創立百周年記念会館 
開催地(英) Gakushuin 
テーマ(和) Webとデータベースに関するポスター発表 
テーマ(英) Web and Database 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-12-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 状況変化を考慮した利用者個人情報のアクセス制御モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Personal Information Access Control Model with Consideration of Context Change 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクセス制御 / access control  
キーワード(2)(和/英) 個人情報 / personal information  
キーワード(3)(和/英) プライバシー保護 / privacy protection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠井 敬介 / Keisuke Kasai / カサイ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 優 / Yu Suzuki / スズキ ユウ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川越 恭二 / Kyoji Kawagoe / カワゴエ キョウジ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-74 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.329 
ページ範囲 pp.53-54 
ページ数 IEICE-2 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会