電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
[ポスター講演]検索結果のアクセス分析に基づく情報要求ベースのランキング
村田眞哉戸田浩之松浦由美子片岡良治NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 検索エンジンにおいて, 検索結果上位における精度というものはその性能を決定付け, かつユーザに有用性を印象づける重要な要素の一つになっている. この領域の検索精度を上げる為にはユーザがクエリで表現した情報要求を満たす事ができるサイトを特定し, 検索結果上位に提示させるランキングアルゴリズムが必要となる. 本論文では, 検索エンジンのログを分析する事で検索クエリで表現されたユーザの情報要求を明確化し, この情報要求に沿った検索結果を実現する手法を提案する. 我々は提案手法を「クリックログ解析に基づく情報要求ベースのランキング``RINCA'' : Ranking based on Information Needs in conjunction with Click log Analysis」と呼ぶ. そして実際のサーチエンジンのログおよびインデクスを利用した評価を行い, RINCAの有効性を示した. 
(英) Precision at a higher rank in search results is one of the important factors that determines the performance of the search engine and impresses users with its usefulness. In order to raise the precision at a higher rank, we need to devise a ranking algorithm that is capable of specifying sites that closely correspond to the information needs of the input query and boosting the sites into a higher search result rank. In this paper, we propose a new method that we call ``RINCA\hspace{1mm}(Ranking based on Information Needs in conjunction with Click log Analysis)'', that utilizes click logs to clarify users' information needs expressed by a query and reflects them into the search results' ranking. Through experiments we conducted on RINCA using real search engine logs and indexes, we verified its effectiveness.
キーワード (和) 情報検索 / ランキング / 情報要求 / クリックログ / クエリ拡張 / インデクス拡張 / /  
(英) information retrieval / ranking / information need / click log / query expansion / index enhancement / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 329, DE2008-60, pp. 19-19, 2008年12月.
資料番号 DE2008-60 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2008-12-01 - 2008-12-01 
開催地(和) 学習院 創立百周年記念会館 
開催地(英) Gakushuin 
テーマ(和) Webとデータベースに関するポスター発表 
テーマ(英) Web and Database 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-12-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検索結果のアクセス分析に基づく情報要求ベースのランキング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) RINCA: Ranking based on Information Needs in conjunction with Click log Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報検索 / information retrieval  
キーワード(2)(和/英) ランキング / ranking  
キーワード(3)(和/英) 情報要求 / information need  
キーワード(4)(和/英) クリックログ / click log  
キーワード(5)(和/英) クエリ拡張 / query expansion  
キーワード(6)(和/英) インデクス拡張 / index enhancement  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 眞哉 / Masaya Murata / ムラタ マサヤ
第1著者 所属(和/英) NTT サイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Solutions Laboratories (略称: NTT Cyber Solutions Laboratories)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 浩之 / Hiroyuki Toda / トダ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) NTT サイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Solutions Laboratories (略称: NTT Cyber Solutions Laboratories)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 由美子 / Yumiko Matsuura / マツウラ ユミコ
第3著者 所属(和/英) NTT サイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Solutions Laboratories (略称: NTT Cyber Solutions Laboratories)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 良治 / Ryoji Kataoka / カタオカ リョウジ
第4著者 所属(和/英) NTT サイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Solutions Laboratories (略称: NTT Cyber Solutions Laboratories)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-60 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.329 
ページ範囲 p.19 
ページ数 IEICE-1 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会