電子情報通信学会技術研究報告

Print edition: ISSN 0913-5685
Online edition: ISSN 2432-6380

Volume 120, Number 52

技術と社会・倫理

開催日 2020-06-04 / 発行日 2020-05-28

[PREV] [NEXT]

[TOP] | [2014] | [2015] | [2016] | [2017] | [2018] | [2019] | [2020] | [Japanese] / [English]

[PROGRAM] [BULK PDF DOWNLOAD]


目次

SITE2020-1
複製権及びその制限 ~ 令和2年著作権法改正案及びその関連規定 ~
○小池 誠(小池誠マイクロ波研)
pp. 1 - 6

SITE2020-2
情報セキュリティ/サイバーセキュリティガバナンスにおける「リスク」再考 ~ 科学技術社会論(STS)における議論を踏まえて ~
○木村 匠(NRIセキュアテクノロジーズ)
pp. 7 - 12

SITE2020-3
欧州デジタル政策に関する一考察 ~ デジタルシングルマーケット戦略との比較 ~
○加藤尚徳(KDDI総合研究所/理研)・鈴木正朝(新潟大/理研)・村上陽亮(KDDI総合研究所)
pp. 13 - 19

SITE2020-4
[招待講演]AIの倫理:パーソナルAIエージェントとその応用
○中川裕志(理研)
pp. 21 - 28

SITE2020-5
[招待講演]海外におけるAIの倫理政策の動向
○加藤尚徳(KDDI総合研究所/理研)
pp. 29 - 34

SITE2020-6
[招待講演]AI・データサイエンス教育における倫理教育
○村上祐子(立教大)
pp. 35 - 40

SITE2020-7
[招待講演]データサイエンスの実務とビジネス・倫理
○森下壮一郎(サイバーエージェント)
pp. 41 - 44

SITE2020-8
[招待講演]生前のデータから「復活」させられる故人 ~ 死後どんな自分が作られるのか ~
○折田明子(関東学院大)
pp. 45 - 47

SITE2020-9
[招待講演]フェイクニュースとAIの倫理
○久木田水生(名大)
pp. 49 - 54

SITE2020-10
[招待講演]AI は社会をどう拡張するか ~ ヒューマンエージェントインタラクション技術がもたらす人工的他者による社会拡張 ~
○大澤博隆(筑波大)
pp. 55 - 58

注: 本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.


IEICE / 電子情報通信学会