電子情報通信学会技術研究報告

Print edition: ISSN 0913-5685
Online edition: ISSN 2432-6380

Volume 120, Number 17

ヒューマン情報処理

開催日 2020-05-14 - 2020-05-15 / 発行日 2020-05-07

[PREV] [NEXT]

[TOP] | [2014] | [2015] | [2016] | [2017] | [2018] | [2019] | [2020] | [Japanese] / [English]

[PROGRAM] [BULK PDF DOWNLOAD]


目次

HIP2020-1
目の表情変化の検出が笑顔の真偽判断に及ぼす影響
○中島璃子(早大)・磯村朋子(RHUL/早大)・石井辰典・渡邊克巳(早大)
pp. 1 - 6

HIP2020-2
リーマン空間の有効次元の定義と高次元リーマン計量の推定法及び表情空間の次元推定
神藤真沙志・○趙 晋輝(中大)
pp. 7 - 12

HIP2020-3
ダンスを通した身体表現が心理的側面に及ぼす影響 ~ 自己概念のポジティブな変化 ~
○酒井美鳥・清河幸子(名大)
pp. 13 - 16

HIP2020-4
重度・重複障害児とのコミュニケーション方略はロールプレイ体験によって変容するか ~ 飲み物選好の聞き取り場面の評価による検討 ~
○武長龍樹・赤松裕美・中邑賢龍(東大)・巖淵 守(早大)
pp. 17 - 19

HIP2020-5
リーマン空間における局所等長写像の新しい推定法
神藤真沙志・○趙 晋輝(中大)
pp. 21 - 24

HIP2020-6
ナント型感嘆文 ~ 不変化詞「の」の生起に関する質的・量的検証 ~
○坂本暁彦(東京電機大)・髙木幸子(常磐大)
pp. 25 - 30

HIP2020-7
第二言語会話支援におけるSpeech Speed Awareness Systemが母語話者の発話に及ぼす影響の検討
○佐々木孝輔・井上智雄(筑波大)
pp. 31 - 36

HIP2020-8
音楽聴取による悲しみの緩和 ~ 反すう特性と時間経過に着目して ~
○加藤里実・清河幸子(名大)
pp. 37 - 40

HIP2020-9
感情誘導に向けた音楽生成及び脳波からの感情推定の検討
○宮本佳奈・田中宏季・中村 哲(奈良先端大)
pp. 41 - 45

HIP2020-10
顔表情画像に対する脳波特徴による顔表情印象の推定
早稲田 知・○中山 実(東工大)
pp. 47 - 52

HIP2020-11
書字運動の知覚は文字習得を促進するか ~ キリル文字を用いた検討 ~
○田中大介・浅田凱斗(鳥取大)
pp. 53 - 57

HIP2020-12
試行履歴の情報源が問題解決に及ぼす影響 ~ 自己と他者の比較から ~
○石原 潤・清河幸子(名大)
pp. 59 - 64

HIP2020-13
印象形成における中心特性はそれだけなのか? ~ Asch(1946)の「人格の印象形成」追試研究 ~
○中西大輔・御堂岡春奈(広島修道大)
pp. 65 - 69

HIP2020-14
他者配慮を理解するエージェントにおける\表情を用いた振る舞い方法の検討
○矢住和香・竹内勇剛(静岡大)
pp. 71 - 74

HIP2020-15
Instagram における「いいね!」 が気分及び対人認知に及ぼす影響
○井川純一(大分大)・中西大輔(広島修道大)
pp. 75 - 80

HIP2020-16
エージェントの行動速度の同調による時間的協応構造の構築
○野村竜暉・遠山紗矢香・竹内勇剛(静岡大)
pp. 81 - 85

HIP2020-17
他者観察を通じた創造的問題解決のモデル化
○堀田拓海・竹内勇剛(静岡大)
pp. 87 - 91

HIP2020-18
制御焦点と注意の向け方が「あがり」に与える影響
○小笠原香苗・清河幸子(名大)
pp. 93 - 95

HIP2020-19
援助要請者の援助コストの知覚は援助要請行動を抑制する
○古橋健悟・五十嵐 祐・清河幸子(名大)
pp. 97 - 100

HIP2020-20
自己呈示の内在化は自己欺瞞と自己呈示効力感の産物か
○上田皐介・清河幸子(名大)
pp. 101 - 103

注: 本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.


IEICE / 電子情報通信学会