電子情報通信学会技術研究報告

Print edition: ISSN 0913-5685
Online edition: ISSN 2432-6380

Volume 120, Number 160

メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎

開催日 2020-09-08 - 2020-09-09 / 発行日 2020-09-01

[PREV] [NEXT]

[TOP] | [2014] | [2015] | [2016] | [2017] | [2018] | [2019] | [2020] | [Japanese] / [English]

[PROGRAM] [BULK PDF DOWNLOAD]


目次

MVE2020-9
認知トレーニング課題における気分・モチベーションへの情動伝染の効果
○今井達矢・吉田直人・榎堀 優・間瀬健二(名大)
pp. 1 - 6

MVE2020-10
連続ドラマにおける「これまでの…」の基礎分析
○山西良典(関西大)・西原陽子(立命館大)
pp. 7 - 12

MVE2020-11
[招待講演]ミレニアル世代から見る、現代人のSNSとコミュニケーション
○松田涼花(LINE)
p. 13

MVE2020-12
[招待講演]深層学習による感性の理解
○飛谷謙介(長崎県立大/関学大)
p. 14

MVE2020-13
ツイッターにおける商業施設のフォロワーの特徴解析
○山田万太郎・汪 雪テイ・山崎俊彦(東大)
pp. 15 - 20

MVE2020-14
On modelling viewer sentiment of social media videos for attractive computing
○Marc A. Kastner・Shin'ichi Satoh(NII)
pp. 21 - 26

MVE2020-15
[ショートペーパー]Semantic structurization of geotagged tweets for real-world information retrieval
○Jeongwoo Lim・Naoko Nitta・Kazuaki Nakamura・Noboru Babaguchi(Osaka Univ.)
pp. 27 - 28

MVE2020-16
RGB顔動画からのマルチモーダル生体信号情報を用いたストレス推定
○長澤拓海・高橋 凌・津村徳道(千葉大)
pp. 29 - 34

MVE2020-17
[ショートペーパー]俯瞰支援のための文書彩色方法の検討 ~ 単語から連想される色に基づく文書内容の可視化 ~
○松平茅隼(名大)・カストナー マークアウレル(NII/名大)・井手一郎・川西康友・平山高嗣(名大)・道満恵介(中京大)・出口大輔・村瀬 洋(名大)
pp. 35 - 37

MVE2020-18
Neural Style Featureを用いた感性モデルに基づく質感表現
○寸田菜月・谷 伊織(関西学院大)・飛谷謙介(長崎県立大)・竹本 敦・谿 雄祐・長田典子(関西学院大)・森田修史(クチュールデジタル)
pp. 38 - 43

MVE2020-19
[招待講演]顔が見える必要ありますか? ~ 遠隔コミュニケーション技術の方向性を探る ~
○葛岡英明(東大)
p. 44

MVE2020-20
[招待講演]NEW NORMAL を見据えた ONLINE WORKSHOP の探求
○タキザワ ケイタ(PLAYWORKS)
p. 45

注: 本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.


IEICE / 電子情報通信学会