電子情報通信学会技術研究報告

Print edition: ISSN 0913-5685
Online edition: ISSN 2432-6380

vol. 118, no. 392

ネットワークシステム

開催日 2019-01-17 - 2019-01-18 / 発行日 2019-01-10

[PREV] [NEXT]

[TOP] | [2013] | [2014] | [2015] | [2016] | [2017] | [2018] | [2019] | [Japanese] / [English]

[PROGRAM] [BULK PDF DOWNLOAD]


NS2018-178
[奨励講演]エッジを活用した自律型モビリティのデータ圧縮方式
○吉田雅裕・森 航哉・井上知洋・田中裕之(NTT)
pp. 1 - 6

NS2018-179
[奨励講演]Geo-Centric情報プラットフォームにおける時空間コンテンツの重み付け検索手法の提案
○樋口伸伍・長尾健太郎(九工大)・妙中雄三(奈良先端大)・永田 晃(iD)・田村 瞳(福岡工大)・塚本和也(九工大)
pp. 7 - 12

NS2018-180
ユーザの嗜好に基づくキャッシュ制御の一検討
○北村 司(関西大)・上山憲昭(福岡大)・山本 幹(関西大)
pp. 13 - 18

NS2018-181
5Gによるリアルタイムドローン空撮4K映像配信の検討
○安藤翔伍・山本 周・中尾彰宏(東大)
pp. 19 - 24

NS2018-182
IPネットワークにおける著作権管理可能なP2P動画配信方式の検討
○柿沼翔太・小川猛志(東京電機大)
pp. 25 - 30

NS2018-183
[招待講演]ソフトウェアリゼーションによる映像コミュニケーションの技術動向
○鎌村星平・藤井憲作(NTTビズリンク)
pp. 31 - 34

NS2018-184
ソフトウェア開発効率化手法における機械学習性能の向上に向けた教師データ作成法
○佐藤孝樹(日大)・山田 剛・菊間一宏(NTT)・上田清志(日大)
pp. 35 - 40

NS2018-185
サプライチェーンネットワークにおけるトレーサビリティ提供の一検討
○川崎 健・堀井基史・栗田敏彦・今井悟史(富士通研)
pp. 41 - 46

NS2018-186
[奨励講演]Timing-Accuracy Evaluation of a Time-aware Shaper for IEEE 802.1Qbv using Time-based Transmission Scheme
○Yasin Oge・Yuta Kobayashi・Takahiro Yamaura・Tomonori Maegawa(Toshiba)
pp. 47 - 52

NS2018-187
可用性と安全性を両立させた汎用無線機を使った産業用無線システム
○平野竜馬・佐古田健志・北川裕之・坂本岳文・神田 充(東芝)
pp. 53 - 57

NS2018-188
異種AP混在環境においてAirtime Fairnessを実現する AP/STA協調型AP選択手法の提案
○新垣勝平・塚本和也(九工大)
pp. 59 - 64

NS2018-189
NIDSの高速化手法に関する包括的な調査
○荻原拓也・中沢 実(金沢工大)
pp. 65 - 69

NS2018-190
機械学習による5 G ネットワークスライシング制御自動化 に関する背景調査
○ベド カフレ・福島裕介・ペドロ マルティネスフリア・宮澤高也(NICT)
pp. 71 - 76

NS2018-191
Application of Machine Learning for Software-Defined Wireless Mesh Routing
○Khamxay Leevangtou(CU)・Hideya Ochiai(UTokyo)・Chaodit Aswakul(CU)
pp. 77 - 82

NS2018-192
High-Precision Zero-Rating for Next Generation Mobile Networks
○Ming Yang・Ping Du(UTokyo)・Noriaki Kamiyama(Fukuoka Univ)・Akihiro Nakao(UTokyo)
pp. 83 - 88


IEICE / 電子情報通信学会