IEICE Technical Committee Submission System
Announcement
[Japanese] / [English]

 Conference Information
Committee NLP NC
Date 2019-01-23 - 2019-01-24
Place The Centennial Hall, Hokkaido Univ.
Deadline 2018-11-16
Topics General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc.

 Announcement

電子情報通信学会
ニューロコンピューティング研究会(NC)
非線形問題研究会(NLP)

【日時】 平成 31年 1月23日(水),24日(木)
(発表申し込み件数によっては日程が短縮される場合があります)
【会場】 北海道大学 百年記念会館
〒060―0809 北海道札幌市北区北9条西6丁目
交通アクセス:https://www.hokudai.ac.jp/bureau/property/s03/access/

【発表募集テーマ】
ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般「非
線形」をキーワードに理論,実験,応用などの研究成果の発表だけでなく,論文にする
には未完成な研究速報的発表も大いに歓迎致します.

【発表申込締切日】
平成30年11月12日(月)
(原稿締切日は開催日の4週間前を予定しておりますので,早めにご準備願います)

【発表申込先】発表申込システムより電子的に行ってください.
NC研究会
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-NC
NLP研究会
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=NLP

※NC研究会では,原稿のページ数制限が6ページ以下(1枚でも可能)となりました.
また,発表時間に関しても希望により,ショートトーク(発表10分,質疑応答5分)を
指定いただくことも可能です.ご希望の際は発表申し込みの際に備考欄にショートトー
ク希望とご記入ください.

【参加費について(NC研究会)】
技術報告電子化の方針を受けまして,NC研究会では2018年3月より技術報告の電子化に移
行しております.そのため,参加(技報ダウンロード権含む)が有料となります.
(年間購読者の方、ならびに学生の方で技報ダウンロード権不要の場合,参加は無料で
す.)
https://www.ieice.org/iss/jpn/notice/About_ISS_traial.html

【技報電子化トライアル(NLP研究会)】
NLPでは,平成30年度に開催する研究会(平成30年6月以降の開催分)において,技術研
究報告(技報)電子化トライアルを実施します.
年間購読を申し込まれた方を除き,技報はオンライン(PDF形式)での配布となります.
これに伴い,発表者から発表参加費として3,000円を,技報のダウンロードを希望される
聴講者から聴講参加費(発表件数や会員区分等によって変わりますので,実際の料金は
オンラインプログラムでご確認ください)を頂戴することになりました.
技報を必要とせず聴講のみをご希望の方は,平成30年度は聴講参加費を必要としません.
直前のご案内になり大変申し訳ありませんが,
ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます.

・発表参加費または聴講参加費を支払われた方は,研究会初日の一週間前から
技報をダウンロードすることができます.
研究会会場での聴講参加費の現金払いも可能ですが,冊子体の配布はありま
せんのでノートPCをご持参ください.

・技報の年間購読を申し込まれた方は,平成30年度はこれまで通り会場または
郵送で冊子体をお受け取りいただけます.
それに加えてPDFファイルのダウンロードも可能です.
尚,聴講参加費のお支払いは不要ですが,発表される場合には発表参加費を
お支払いください.

【会場世話人】
西川 淳 (北海道大学)
E-mail: jun-nishikawa@ist.hokudai.ac.jp(@を小文字に変更して下さい)

【問合先(NC)】
篠崎 隆志 (情報通信研究機構)
E-mail: tshino@nict.go.jp(@を小文字に変更して下さい)

吉川 大弘 (名古屋大学)
E-mail: yoshikawa@cse.nagoya-u.ac.jp(@を小文字に変更して下さい)

【問合先(NLP)】
山内 将行 (広島工業大学)
E-mail: yamauchi@ieee.org(@を小文字に変更して下さい)


[Return to Top Page]

[Return to IEICE Web Page]


The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), Japan