電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 詳細情報

 スケジュール情報
研究会 PRMU
開催日 2017-12-16 - 2017-12-17
会場 慶應義塾大学 矢上キャンパス
発表申込締切日 2017-10-06
議題 PRMUグランドチャレンジとコンピュータービジョン勉強会

 開催案内

2017年12月のPRMUでは,「PRMUグランドチャレンジ」をテーマとした特別企画を開催します.また初めて
の試みとして,難関国際会議の発表論文を読み解く「コンピュータービジョン勉強会」をコンピュータ
ビジョン勉強会@関東(※)と共同開催いたします.

(※) コンピュータビジョン勉強会@関東 URL: https://sites.google.com/site/cvsaisentan/

--
[PRMUグランドチャレンジ]

近年のパターン認識技術は,深層学習によって飛躍的な性能向上を遂げました.この成功を受け,Caffeや
Chainer, TensorFlowなどといった高度な深層学習フレームワークが,パターン認識を専門としない一般の
技術者にさえ広く浸透しています.このような状況の中で,『パターン認識の問題はほぼすべて解けて
しまった』と考えている人も少なくないかもしれません.
しかしながら我々は,これらの成功の陰に潜む真に解くべき課題を見失ってはいないでしょうか?本当に
パターン認識の問題は解かれてしまったのでしょうか?今後のパターン認識・メディア理解を担う研究者は
何を目標とすべきか.深層学習によるかつてないブレイクスルーを経験した我々は,次の課題をどのように
設定すべきかを,激動の現在だからこそ議論すべきだと思われます.

そこでPRMU研究会では,昨年度の2016年12月PRMUにて,今後取り組むべき課題をまとめるべく「グランド
チャレンジ」企画をキックオフいたしました.2017年12月研究会は,キックオフからちょうど丸一年目に
当たります.この一年間,中堅~若手研究者によって何が次のグランドチャレンジたりえるかを継続的に
議論してきました.この内容を特別企画として発表する予定です.

[コンピュータービジョン勉強会]

これはPRMU研究会にとって初めての試みで,コンピュータビジョン勉強会@関東との共同企画です.当日は,
難関国際会議で発表された論文の読み会を実施いたします.発表希望者に論文の内容を説明して頂きますが,
発表者が全てを理解する必要はなく,わからないことはその場のメンバーに聞けるようなスタンスで進めます.

勉強会の発表申し込みはPRMU研究会ではなく,関東コンピュータビジョン勉強会を通じて行う予定です.
詳しくはコンピュータビジョン勉強会@関東のホームページをご参考ください.
https://sites.google.com/site/cvsaisentan/
--

なお,通常通り,一般研究発表での申し込みも歓迎しております.上記企画の性質上,発表時間が通常より
短くなる可能性もありますので,あらかじめご了承ください.


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会