電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 詳細情報

 スケジュール情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE IPSJ-SLDM
開催日 2018-12-05 - 2018-12-07
会場 サテライトキャンパスひろしま
発表申込締切日 2018-10-08
議題 デザインガイア2018 -VLSI設計の新しい大地-

 開催案内

デザインガイア2018
―VLSI設計の新しい大地―
2018年12月5日(水)~7日(金)
サテライトキャンパスひろしま
発表申込期限:2018年10月1日(月)
協賛:IEEE CEDA All Japan Joint Chapter, IEEE CAS Japan Joint Chapter

●主催研究会/テーマ

恒例となっております「デザインガイア」を標記日程,会場にて開催致します.10個の第1種研究会の共催・併催・連催の研究会が,今年のデザインガイアのテーマは「デザインとAI 」です.また,以下の組み合わせでサブテーマを設定しております.奮って発表をお申し込み下さい.

・IPSJ-SLDM研究会/VLD研究会/DC研究会/IPSJ-EMB
「VLSIの設計/検証/テストおよび一般」

・IPSJ-ARC研究会/CPSY研究会
「コンピュータシステムの設計・検証技術および一般」

・RECONF研究会
「リコンフィギャラブルシステムにおける設計技術および一般」

・CPM研究会/ICD研究会/IE研究会
「アプリケーション・ドリブン・システム開発技術
(AI実装/画像処理/アルゴリズム/アーキテクチャ)および一般」

●ポスタセッション

デザインガイア2018では以下の要領でポスタ発表を募集致します.奮ってご応募下さい.

目的:発表内容についてじっくり議論する場,および,研究者間の交流の場を提供する.
日時:12月5日(水) 午後(予定)
申込方法:デザインガイア発表申込時に申請(ポスタ発表のみの申込は不可).
表彰: 優秀な発表を表彰します.

●全体講演/招待講演

すべての研究会合同の全体講演,サブテーマごとの招待講演などを多数予定しております.

●発表申込

*以下のURLよりお申し込みください。
・VLD/DC にて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-VLD
発表希望分野として VLDもしくはDCを選択下さい.

・CPSY にて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPSY

・RECONF にて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-RECONF

・CPM/ICD/IE にて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPM
発表希望分野として CPM/ICD/IEを選択下さい.

・SLDMにて発表を希望される方
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLDM/

・EMBにて発表を希望される方
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EMB/

・ARCにて発表を希望される方
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ARC/

*同じサブテーマを冠している研究会は,どの研究会にお申し込みいただいても取り扱いは同じになります.

*発表日のご希望がある場合には備考欄にその旨をご記入下さい.
ただし,プログラム編成の都合上,ご希望に沿えない場合もあります.

*原稿提出期限は11月5日(月)頃を予定しています.

●問合せ先

*ご不明な点は以下のアドレス宛にメールでお問い合わせ下さい.
vld-gaia18 [at] mail.ieice.org

*各担当窓口
VLD 新田高庸(NTT),小平行秀(会津大学)
CPSY 安里彰(富士通),高藤大介(広島大)
RECONF 谷川一哉(広島市大),佐野健太郎(理研)
ICD 橋本隆(パナソニック), 廣瀬哲也(神戸大学)
CPM 赤毛勇一(NTT),
IE 河村圭(KDDI)
DC 大竹哲史(大分大),宮村信(日本電気)
SLDM 密山幸男(高知工科大),粟野皓光(東京大)
ARC 塩谷亮太(東京大)
EMB 高瀬英希(京都大),古庄裕貴(福岡大),福田浩章(芝浦工大)
ローカル 永山忍(広島市大),稲木雅人(広島市大),岩垣剛(広島市大)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会