お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 詳細情報

 スケジュール情報
研究会 ICD CPSY
開催日 2014-12-01 - 2014-12-02
会場 機械振興会館
発表申込締切日 2014-10-10
議題 学生・若手研究会

 開催案内

**************************************************************
平成26年度 学生・若手研究会
ICD/CPSY 研究会開催通知と論文募集のご案内
**************************************************************

===============================
★ 電子情報通信学会 集積回路研究会 (ICD)
専門委員長 山村 毅 (富士通研)
副委員長 藤島 実 (広島大)
幹事 渡辺 理 (東芝)
幹事補佐 吉田 毅 (広島大), 高宮 真 (東大),
土谷 亮 (京大),範 公可 (電通大)

★ 電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY)
専門委員長 吉永 努 (電通大)
副委員長 安里 彰 (富士通), 中島 康彦 (奈良先端大)
幹事 中野 浩嗣 (広島大), 入江 英嗣 (電通大)
幹事補佐 井上 浩明 (NEC), 大川 猛 (宇都宮大)
===============================

集積回路研究会とコンピュータシステム研究会は共同で、学生・若手研究者の育成と、学生・若手研究者と大学・会社の先輩研究者との交流を目的とした、「学生・若手研究会」を開催いたします。
研究を始めて間もない学部生、修士課程初年度の学生から、社会人若手研究者の発表を奨励し、先輩研究者との有意義な議論の場を提供します。優秀な発表に対しては、厳正な審査に基づいて表彰を行います。発表形式は、ポスターと口頭発表を選択できます。
特にポスター発表では、アイディア段階のシミュレーション等による研究を含め、完成度を問わず討論の話題提供を歓迎します。
また、学生TPCの7件の招待講演企画では、大学、企業で御活躍の先輩研究者、先生方から最新の研究について御講演いただき、若手研究者への激励を頂きます。

下記詳細をご参照のうえ、奮って御応募、御参加ください。



■会期: 2014年12月1日(月), 2日(火)
■会場: 機械振興会館 地下3階 研修1号室
http://www.jspmi.or.jp/kaigishitsu/access.html
■論文・発表募集テーマ:
ディジタル、メモリ、アナログ、RF等 集積回路全般
MEMS、集積デバイス、設計技術等、集積回路関連技術全般
アイディア(シミュレーション等)から実際の開発まで、
幅広く募集します。
■発表形式:
ポスター/口頭発表(自由選択)
■表彰:
・今年度末日まで33歳未満の方は、口頭発表/ポスター発表共に、
「研究会優秀若手講演賞」の表彰審査対象となります。
・ポスター発表者のうち、学部生、修士課程初年度の方は、
「若手研究会優秀ポスター賞」の表彰審査対象となります。
本賞の審査では、完成度よりも、アイディアやプレゼンテーションが
重視されます。
・各賞は、賞状、副賞として1万円が添えられます。
・表彰対象者は、電子情報通信学会会員であるか、入会が
授賞の条件になります。
■発表申込方法:
・発表タイトル、発表概要(100-200文字程度)他必要事項を
下記URLより入力ください。

*ICDにて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-ICD&lang=jpn
よりお申し込み下さい.

*CPSYにて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPSY&lang=jpn
よりお申し込み下さい.

・【重要】備考欄に、ポスター/口頭発表の別と、表彰対象項目を明記ください。

■発表申込締め切り:
2014年10月10日(金) 17:00 まで
ただし、定員に達し次第締め切ります。

・発表を申し込まれた方には、発表締め切り後、
予稿集原稿の提出をお願いします。
予稿集原稿提出要領:
・原稿提出〆切は、開催日の約3週間前。
学会本部より、別途案内いたします。
・形式:
【口頭発表の方】
研究会原稿様式(A4) 6ページ以内、論文形式。
【ポスター発表の方】
下記の(1)-(3)いずれかの形式。
(1) 研究会原稿様式(A4) 6ページ以内、論文形式。
(2) 研究会原稿様式の1枚目のみの、1ページ原稿。
(3) (2)に続けてスライド原稿を添付した形式。計6ページ以内。

■招待講演企画:
・飯塚 哲哉(ザインエレクトロニクス)
「大型客船とクルーザー:統合力∧変化力を」
・小林 春夫(群馬大)
「デルタシグマ変調技術を用いた時間ディジタル変換回路
- 時間領域アナログ回路のキーコンポーネント -」
・竹内 健(中央大)
「激動の時代を生き抜くために必要なこと」
・大池 祐輔(ソニー)
「CMOSイメージセンサの応用と産業的発展」
・宮原 正也(東工大)
「先端アナログ・デジタル変換回路技術 ~新規変換回路技術に至るまでの過程~」
・三好 健文(イーツリーズ・ジャパン/わさらぼ)
「FPGAによるI/Oインテンシブなデータ処理の高性能化」
・野口 紘希(東芝)
「MRAMに関する研究」

■学生・若手研究会の学生TPC:
・Abul Hasan Johari(慶應義塾大学)
・白根 篤史(東京工業大学)
・奥野 圭祐(神戸大学)
・岸田 亮(京都工芸繊維大学)
・宮崎 耕太郎(東京大学)
・中島 拓真(電気通信大学)

■本件照会先:
ICD:高宮 真(東京大学)mtaka@iis.u-tokyo.ac.jp
CPSY:吉永 努(電気通信大学)yosinaga@is.uec.ac.jp


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会