電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 詳細情報

 スケジュール情報
研究会 PRMU BioX
開催日 2016-03-24 - 2016-03-25
会場 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館
発表申込締切日 2016-01-12
議題 マルチモーダルな人物行動認識・認証・解析技術 及び 著作権・プライバシー保護

 開催案内

2016年3月のPRMU・BioX合同研究会では,【マルチモーダルな人物行動認識・認証・解析技術 及び 著作権・プライバシー保護】というテーマとして企画致します.
近年,カメラやセンサ群によって空間内で行動する個人,もしくは集団を対象とした人物行動認識・認証・解析技術に注目が集まっております.特に人物行動認識・認証技術により,人物の属性情報や行動を把握しながら,最適な情報提示やナビゲーションを行うシステムの導入が盛んに検討されております.また,個人が所有するスマートフォン等の機器に内蔵されたセンサ情報を活用した行動認識・認証技術は,個人の行動特性や趣向に合わせたサービスを実現するための基盤技術として,注目を集めております.更には,人間同士のコミュニケーションや,人とモノ・環境とのインタラクションの状況を,行動認識技術をはじめとするパターン認識技術によって統合的に理解・把握することは,様々な場面における人間の創造的な活動を支援,活性化するシステムを構築する上で必要不可欠となっていくと考えられます.具体的には,ヒューマンインタフェイス,人物仮想化等の新しいメディア応用とコミュニケーション分野,市場調査、動向調査などマーケティング分野,来客対応・顧客対応等のロボット応用,教育現場における社会性形成支援等へと,幅広い応用が期待されています.
また今回の開催では,近年社会問題として取り上げられることの多い著作権・プライバシー保護の問題を第2のテーマとして取り上げます.著作権保護に関しては,写真やロゴ等の画像,論文等の文書が他の著作物を侵害していないか検証する技術が必要とされております.プライバシー保護に関しても,多様なセンサ情報に含まれる肖像権や個人情報保護が課題となっています.これらは大量のサンプルデータを扱う機会の多い研究者にとって身近な課題といえます.本研究会が,これらの課題に対する知見を共有・議論する場となり,本課題に対しいかにパターン認識技術が貢献できるかを提案する機会となれば幸いです.
本合同研究会では,カメラ等の多様なセンサ情報に基づく人物行動認識・認証・解析技術,及びその応用分野に関する様々な視点からの研究発表を幅広く募集致します.CV, PR分野のみならず,学際的な分野からのご発表も歓迎致します.さらに本テーマに関わらず,一般セッションも設定しておりますので,奮ってご発表いただけますよう,宜しくお願い申し上げます.


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会