文字の大きさ 
 

Welcome to SWIM

電子情報通信学会 情報・システムソサエティ
ソフトウェアインタプライズモデリング研究会
( IEICE ISS Technical Group
on Software Interprise Modeling )
SWIM研究会

 

情報通信技術の活用がビジネスの成否を決するようになって久しいが,最近では,IoT,AI,ビッグデータ,クラウドから FinTech,Industrie 4.0のように,情報通信技術が産業構造自体すらを大きく変革する時代が到来している. これらの技術のベースとなっているインターネットを最大限活用し事業活動を営む企業や組織を Internet based enterprise,略して Interprise と呼ぶが,ソフトウェアインタプライズモデリング(SWIM: Software Interprise Modeling)研究専門委員会では Interprise の価値革新を情報通信技術の力を使って行うことを目標として活動している. 現場ニーズと技術シーズをマッチングするビジネスモデルに関する研究を中心に,情報システムの構築技術,Interprise を使ったビジネスの事例,社会基盤としてのInterprise の将来像を研究テーマとしているが,新たなテーマの提案も歓迎する.

取扱う主要研究分野
  1. ネットワーク価値連鎖系(ビジネスITアラインメント型インタプライズ)モデル形成技術
    • ビジネス構想技術(ビジネス要件定義,ビジネスオントロジ定義,ビジネスモデル分析,ビジネスルール分析,ビジネスプロセス分析)
    • 情報システム設計技術(ビジネスアーキテクチャ,データアーキテクチャ)
    • ソフトウェア検証技術
    • モデルシミュレータ
    • 運用技術(変更管理,モデル模擬試行,Alert機能, What-If機能, Value-Line Asset再利用,意思決定促進,Empirical比較研究)
  2. デジタルエコノミー技術
    • API エコノミー
    • クラウドソーシング
    • コミュニケーションデザイン
    • プラットフォームビジネス
    • 共有価値創造
    • 共有経済
    • 再配分市場
    • サイバースペース
    • サイバーフィジカルシステム (CPS)
    • ソーシャルサイバースベース
    • 包括的富指標
    • スマートシティ
    • スマートシティ国際標準化
    • 企業システムと組織
    • スマート社会
    • 都市OS
    • ビッグデータ
    • オープンデータ
    • IoT
    • IoE
    • エコシステム
    • フィンテック
    • ロボアドバイザー
    • イノベーション管理
    • イノベーション創出プロセス
    • 新規事業の起業
    • 既存事業の改善
  3. 基盤技術(1, 2実現のための技術)
    • クラウドコンピューティング
    • Web 利用基盤
    • Goal指向
    • Ontology指向
    • Cloud Smart Device (CSD) 活用EIS構築
    • PC活用EIS構築
    • ソフトウェア品質モデル
    • 成熟診断モデル
    • MDA
    • ソフトウェア開発
    • アーンドバリュー分祈
    • プロジェクト管理
    • リスク管理
    • モデル駆動型データベース
    • トランザクション処理
    • SQuaRE
    • データサイエンス
    • データマイニング
 

2021年度
第1回
SWIM研究会
開催日: 2021年5月21日 (金) 10:55~16:15、22日 (土) 10:30~16:05
開催場所: オンライン+機械振興会館 (5/21(金):6階67号室,5/22(土):地下3階研修2号室)
募集テーマ: デジタルエコノミーとインタプライズ,知能ソフトウェアエンジニアリング,他一般, 学生
プログラム: 【ここから「開催プログラム」をごらんください】
知能ソフトウェア工学研究会 (SIG-KBSE) との共催

◎ オンライン+現地のハイブリッドで開催いたします。
準備の都合上、原則として開催の3日前までに受付を終了しますので、 お早めにお手続きください。 また、参加費の支払いが必要な方は、参加受付後に送信されるメールに記載のページ、あるいは、研究会開催スケジュールにある「参加費について」に従い、支払手続きを行ってください。
以下の URL から、参加登録を行ってください。
https://zoom.us/meeting/register/tJEvc-moqjwpGtwJGf64jPOhr5Sw3L11sbko
登録を行うと、登録したメールアドレスに、オンラインで研究会に参加するためのURLが送信されます。 研究会の開始日時に当URLにアクセスすることで、研究会に参加することができます。なお、登録後、キャンセルすることができます。 オンラインの研究会は、Zoom ミーティングを利用します。 予め、Zoom アプリケーションをインストールすることをお勧めします。

現地開催場所への参加は必須とせず、以下を満足する方に限定と致します。
(1) 自己責任で対応出来る方。
(2) 所属組織から許諾を受けた方。
- 参加に当っては、以下を必須と致します。
(1) 参加前に体温の測定を行い、マスク着用の上来所して下さい。マスク着用が無い場合は参加を認めません。
(2) 以下の場合は、参加を控えて下さい。
① 直近2週間以内に発熱や感冒症状(風邪など)で受診や服薬等をした方。
② 直近2週間以内に身近なところで肺炎を発症した人がいる方。
③ 当日参加前の検温を実施し、平熱+1度以上の発熱を含め、息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方。
④ 国、保健所、病院等からの自宅待機、経過観察等の指示が出ている方。
⑤ 直近2週間以内に、新型コロナウイルスの濃厚接触者に接触された方。
⑥ 直近2週間以内に、感染対策がされていない三つの密(密集・密閉・密接)が なる場所に行かれた方。
- 参加に当っては、以下のご協力をお願い致します。
(1) 接触確認アプリCOCOAのインストール。
(2) 万が一の場合はガイドラインに従い、保健所等に個人情報を伝える必要があることを予めご了解下さい。
(3) 受付の前に、手洗いもしくはアルコール消毒を行って下さい。
(4) 休憩時間の情報交換に関して、必ずマスクをし、大声での会話はお控え下さい。
- 昨今状況を受けて現地開催場所では細心の配慮をしますが、これに基づく不測事態の責任を主催者が取るものではありません。

協賛している国際会議

International Conference on Software Technologies
International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development
International Conference on Enterprise Information Systems


   SWIM研究会
研究会開催スケジュールは 電子情報通信学会発表申込システム に掲載しています。

(検索キーワード:ソフトウェアインタプライズモデリング)
過去の当研究会における発表論文は電子情報通信学会の「研究会・大会・技術研究報告データベース検索」で検索できます。


研究会の発表資料はこちらに保存しています。

【年間優秀論文賞の選奨規定をこのファイルの通りに定めました】 (2012年5月16日改訂)

2019年度優秀論文賞 西野有・須栗裕樹: ディープラーニングを用いた自動作曲の研究
2018年度優秀論文賞 小倉博行・馬奈木俊介・石野正彦: 電力取引市場とデマンドレスポンス効果との相関分析~電力自由化に関する効率と環境の経済分析~
2017年度優秀論文賞 宇田川佳久: 動的計画法に基づく類似数値シーケンス検索手法について 〜 類似株価シーケンス探索への応用 〜
2016年度優秀論文賞 山本怜奈・能上慎也: 企業間提携が部門別会計指標に与える影響について
2015年度優秀論文賞 西田紗知・新川芳行: UPPAALによるGAEの性能評価
2014年度優秀論文賞 Reiso Kimura: Practical Methodology to control QCD of Information systems in super upper stream -- How to enable IT to contribute to achieve business goals --
2013年度優秀論文賞 宇田川佳久: シーケンスに基づく検索モデルの検索精度について (発表資料)
2012年度優秀論文賞 丸山文宏: ビジネスモデルの記述に関する一考察  (発表資料)
2011年度優秀論文賞 辻 聡美・佐藤信夫・紅山史子・森脇紀彦・矢野和男:ビジネス顕微鏡による組織コミュニケーション改革の定量的評価



   専門委員会
専門委員会議事録がございます。委員以外の方(オブザーバ)の出席も歓迎します。
委員リストはこちら


   ビジネス
  モデル 3.0
タスクホース「ビジネスモデル3.0」のページ


   フォーラム
・電子情報通信学会技術研究報告予約をしておくと、研究会に出席しなくとも学会から報告書が自動的に送付されます。
・ SWIM研究会参加者 (電子情報通信学会技術研究報告予約者) 以外の人も含めたフォーラムメーリングリストを作成しております。
研究会の論文募集、参加募集などの情報を流しております。メーリングリストへの参加申し込みは、
までお願いします。