2017年度 応用物理学会 リフレッシュ理科教室(12/17(Sun)@北海道科学大学)

以下の通り,北海道支部が後援するリフレッシュ理科教室(小学3年生から6年生が対象)が以下の通り開催されますのでご案内いたします.

チラシ

日時

2017年12月17日(日)
午前の部 10:00から2時間程度 (受付 9:30から)
午後の部 13:30から2時間程度 (受付 13:00から)

場所

北海道科学大学 札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
2号館2階 2230実験室 (デジタル第1実験室)
http://www.hus.ac.jp/access/

講師

木村 尚仁 教授 (北海道科学大学 工学部 電気電子工学科/北方地域社会研究所)

対象

小学3年生〜6年生

定員

  • 午前の部,午後の部,それぞれ30名程度.
  • 事前申込が必要です.
  • 応募多数の場合は抽選となります.

参加費

無料

申込方法・期限

申込方法

チラシもしくはこちらをご参照ください

申込期限

2017年12月11日(月)

電子情報通信学会100周年記念 北海道支部講演会のご案内 (2017/10/30(Mon)@北海道大学

2017年は電子情報通信学会が誕生して100年目となります.その100年の節目において,学会本部や,5つのソサイエティ,各支部において,100周年記念の特別企画が開催されます.北海道支部においては,学会全体のグローバル化活動に合わせて,グローバル化活動と北海道支部の連携などに注目し,連合大会での特別セッションに引き続き,北海道大学にて記念講演会を開催致します.皆様のご参加をお待ちしております.

日時

2017年10月30日(月) 13:00-14:30

場所

北海道大学 情報科学研究科 11階 大会議室(11-17)
http://www.ist.hokudai.ac.jp/eng/access/

座長

筒井 弘 北海道大学

プログラム

  1. IEICE Bangkok Section and Globalization Activities
    Prof. Supavadee Aramvith
    Chair of IEICE Thailand Section,
    Associate Professor, Chulalongkon University
  2. Discussion on Globalization
    Prof. Yoshikazu Miyanaga
    Board Member of IEICE Hokkaido Section,
    Professor, Hokkaido University

電子情報通信学会 100周年記念特別セッション (平成29年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会)

2017年は電子情報通信学会が誕生して100年目となります.その100年の節目において,学会本部や,5つのソサイエティ,各支部において,100周年記念の特別企画が開催されます.北海道支部においては,学会全体のグローバル化活動に合わせて,グローバル化活動と北海道支部の連携などに注目し,連合大会において100周年記念特別セッションを以下のとおり実施致します.皆様のご参加をお待ちしております.

当日Supavadee Aramvith先生の講演資料入りUSBメモリを配布予定です(先着順).

日時

2017年10月28日(土) 13:00-14:30

場所

公立はこだて未来大学 本部棟 4階 493 (連合大会 G室)

座長

筒井 弘 北海道大学,宮永 喜一 北海道大学

プログラム

  1. Opening from the Chair of IEICE Hokkaido Section
  2. IEICE Bangkok Section and Globalization Activities
    Prof. Supavadee Aramvith
    Chair of IEICE Thailand Section,
    Associate Professor, Chulalongkon University
  3. Panel Discussion on Globalization
    1. Global Activity of Future University Hakodate
      Prof. Masaaki Shirase, Future University Hakodate
    2. Global Activity of Kitami Institute of Technology
      Prof. Masakiyo Suzuki, Kitami Institute of Technology
    3. Global Activity of Muroran Institute of Technology
      Prof. Hideki Kawaguchi, Muroran Institute of Technology
    4. Open Discussion
      Prof. Yoshikazu Miyanaga, Hokkaido University

URLs