詳細表示

No 213226
標題(和) 協調通信システムであるSFBC-OFDM方式へのデータマッピングの適用と性能評価
標題(英) Performance Evaluation of Space-Frequency Block Coded OFDM Systems Based on Data Mappings
研究会名(和) 通信方式, 光通信システム
研究会名(英) Communication Systems, Optical Communication Systems
開催年月日 2012-01-26
終了年月日 2012-01-27
会議種別コード 5
共催団体名(和)
資料番号 CS2011-90
抄録(和) Alamouti符号を時間方向に組み込んだ時空間符号化OFDM(STBC-OFDM)方式と周波数方向に組み込んだ周波数空間符号化OFDM(SFBC-OFDM)方式に対して,さらにサブキャリア間干渉の改善に効果が期待されるデータマッピングを適用したシステムの性能評価を行った.\r\nデータマッピングを適用したSTBC-OFDM方式とSFBC-OFDM方式を比較すると,AWGNでは正規化周波数オフセットが$0.05$のときBER=$10^{-4}$で約1dB,フラットレイリーフェージングでは同条件で約2dB改善できた.\r\nまた,周波数選択性レイリーフェージングでは約2dB改善できた.
抄録(英) We examine the Alamouti coding when it is applied for space time block coded (STBC) OFDM systems and for space frequency block coded (SFBC) OFDM systems. To achieve a better performance, data mappings are also used to reduce an inter carrier interference (ICI). We have evaluated the performance for STBC and SFBC OFDM systems with data mapping. The results show that BER can be reduced by 1dB in AWGN when BER and the normalized frequency offset are $10^{-4}$ and $0.05$, respectively. The BER can be improved by 2dB in flat Rayleigh fading and by 2dB in frequency selective Rayleigh fading.
収録資料名(和) 電子情報通信学会技術研究報告
収録資料の巻号 Vol.111, No.410
ページ開始 49
ページ終了 54
キーワード(和) OFDM,周波数オフセット,STBC,SFBC,データマッピング
キーワード(英) OFDM,Frequency Offset,STBC,SFBC,Data Mapping
本文の言語 JPN
著者(和) 村田善則
著者(ヨミ) ムラタ ヨシノリ
著者(英) Yoshinori Murata
所属機関(和) 京都工芸繊維大学
所属機関(英) Kyoto Institute of Technology
著者(和) 若杉耕一郎
著者(ヨミ) ワカスギ コウイチロウ
著者(英) Koichiro Wakasugi
所属機関(和) 京都工芸繊維大学
所属機関(英) Kyoto Institute of Technology

WWW サーバ管理者
E-mail: webmaster@ieice.org