電子情報通信学会 / 基礎境界ソサイエティ / 信号処理研究専門委員会


信号処理研究専門委員会のページへようこそ

新着情報

  •  2019年度の各賞受賞者情報を更新しました(信号処理若手奨励賞を更新).(2020/6/8)

  •  2019年度の「関連日程」「信号処理シンポジウム」「専門委員会」の情報を更新しました.(2020/6/6)

  •  2019年度の各賞受賞者情報を掲載しました.(2020/3/9)

内容

 研究会スケジュール

  • 研究会スケジュールについては、こちらをご覧下さい.

信号処理シンポジウム

信号処理研究専門委員会では毎年11月に,信号処理 シンポジウムを主催しております.

 第35回信号処理シンポジウム

  • 第35回 信号処理シンポジウム 特設サイト

  • 日時と場所
    • 日時:令和2年 11月4日(水)~6日(金)
    • 場所:高知会館
      高知県高知市本町5丁目6−42(JR高知駅からバス約15分)

  • 主催

    電子情報通信学会 信号処理研究専門委員会

 過去の信号処理シンポジウム

  • 第21回~29回信号処理シンポジウムの 講演論文集CD-ROMを販売しています.
    ご興味のある方はSIP研幹事(sip-kanji@mail.ieice.org)まで メールにてお問い合わせください.

2020年度 関連日程

日程 会議名 開催地 申込締切 備考
5/28, 29 研究会 オンライン開催 3/23
6/18 研究会 オンライン開催 4/16
8/20,21 第33回 回路とシステムワークショップ 長良川国際会議場 5/13
8/27,28 研究会 オンライン開催 7/10
9/10-13 ソサイエティ大会 オンライン開催 7/3
11/4-6 第35回信号処理シンポジウム 高知会館 8/3
1/21,22 研究会 サンポートホール高松 11/12
3月 研究会 未定 未定
3/9-12 総合大会 東京工業大学 未定

 メーリングリスト

  • 信号処理研究会では,信号処理研究者メーリングリスト sip-ml@mail.ieice.org を運営しています.

  • 毎月上旬に発行されるメールマガジンのほか,不定期に学会や講演会などの情報が配信されます.

  • メーリングリストへの新規登録方法は以下の通りです.

    • 以下の通りメールを送信してください.

      From:(新規配信を希望するメールアドレス)
      To: sip-ml-ctl@mail.ieice.org
      Subject:(なんでもよい)
      本文: subscribe (あなたのお名前)
      本文例: subscribe Denshi Taro

    • その後,登録意思確認メールが届きますので,そのメールに記載されている処理を実行すれば登録されます.

平成31年度 信号処理研究専門委員会構成

役職 氏名 所属
委員長 林 和則 京都大学
副委員長 坂東 幸浩 NTTメディアインテリジェンス研究所
副委員長 田中 聡久 東京農工大学
幹事 小西 克巳 法政大学
幹事 杉本 憲治郎 早稲田大学
幹事補佐 田中 雄一 東京農工大学
研究専門委員 何 宜欣 拓殖大学
研究専門委員 中本 昌由 広島大学
研究専門委員 鎌本 優 NTT コミュニケーション科学基礎研究所
研究専門委員 北原 大地 立命館大学
研究専門委員 松岡 諒 九州工業大学
研究専門委員 矢田部 浩平 早稲田大学
研究専門委員 石橋 功至 電気通信大学
研究専門委員 渡邊 修 拓殖大学
研究専門委員 伊藤 康一 東北大学
研究専門委員 衣斐 信介 同志社大学
研究専門委員 小野 峻佑 東京工業大学
研究専門委員 小野 順貴 首都大学東京
研究専門委員 小山 翔一 東京大学
研究専門委員 西浦 敬信 立命館大学
研究専門委員 藤枝 大 沖電気工業株式会社
研究専門委員 古田 訓 三菱電機(株)
研究専門委員 八巻 俊輔 東北大学
研究専門委員 桂井 麻里衣 同志社大学
研究専門委員 辻川 剛範 NEC
研究専門委員 東 広志 京都大学
研究専門委員 井上 中順 東京工業大学
研究専門委員 上瀧 剛 熊本大学
研究専門委員 鈴木 大三 筑波大学
研究専門委員 平林 晃 立命館大学
研究専門委員 福嶋 慶繁 名古屋工業大学
研究専門委員 横田 達也 名古屋工業大学
研究専門委員 宮田 高道 千葉工業大学
研究専門委員 高邉 賢史 名古屋工業大学
研究専門委員 石川 直樹 横浜国立大学
研究専門委員 京地 清介 北九州市立大学
研究専門委員 戸上 真人 LINE株式会社
研究専門委員 末房 佳小里 日立製作所
研究専門委員 越田 俊介 八戸工業大学

各賞

信号処理研究会賞

平成27年度より,信号処理研究会賞が創設されました.受賞者の皆様,大変おめでとうございます! 選奨規定はこちらをご覧ください.

  • 令和元年度 信号処理研究会賞

    木下裕磨 首都大学東京 CIELAB色空間に基づく色相補正法 平成31年3月研究会
    滝沢雅明 慶應義塾大学 An Efficient Online Learning Method Based on Self-tuned Gaussian Kernels 平成31年3月研究会
    庄司拓句 東京農工大学 てんかん性脳波異常区間のディープニューラルネットワークを用いた検出法 平成31年3月研究会
    古明地秀治 東京農工大学 言語モデルに基づく音素セット縮小 平成31年3月研究会
    桂井麻里衣 同志社大学 語の共起関係に基づく研究トレンドの可視化 令和元年8月研究会

過去の受賞者

  • 平成30年度 信号処理研究会賞

    武山彩織 東京工業大学 パンクロマティック画像に含まれるガウシアンノイズを考慮したhyperspectral pansharpeningに関する手法 平成30年3月研究会
    小貫真希 東京農工大学 チェビシェフ多項式近似を使用した極分解による特異値分解の高速化 平成30年3月研究会
    今村竜二 北九州市立大学 3次元MOCAP信号の補間に関する考察 平成30年6月研究会
    藤井元暉 新潟大学 階層的スパース正則化とハード制約を利用したOCTボリュームデータ復元の実データ検証 平成30年8月研究会
    高邉賢史 名古屋工業大学 Trainable ISTA 〜 深層学習を利用した疎信号復元反復アルゴリズム 〜 平成31年1月研究会

  • 平成29年度 信号処理研究会賞

    長谷川 礼奈 関西大学 ヘッドレストANCのためのバーチャルセンシングの検討 平成29年6月研究会
    湯川正裕 慶應義塾大学 On Contributions of Principal Eigenfunctions of Covariance Operator of Kernel Feature Vectors to Relevant Information in Nonlinear Regression 平成29年6月研究会
    山本 健造 東京電機大学 PSOを用いたマイクロホンアレーの指向性設計 平成29年8月研究会
    遠藤雅也 東京工業大学 ODフロー行列のグループスパース性を用いたDDoS攻撃検出法 平成29年8月研究会
    崎山 亮恵 東京農工大学 グラフ信号処理におけるポリフェーズフィルタバンクの設計 平成30年1月研究会

  • 平成28年度 信号処理研究会賞
    佐藤純一 電気通信大学 符号変調視覚誘発電位のニューラルデコーディングと脳コンピュータインターフェースへの応用 平成28年5月研究会
    和田智也 東京農工大学 カーネル適応フィルタにおけるカーネル中心と幅の同時適応 平成28年6月研究会
    熊谷優惟子 東京農工大学 音楽傾聴時脳波における引き込み応答のデコーディング 平成28年6月研究会
    稲室憲人 立命館大学 学習用画像と観測信号を併用した辞書学習によるMR画像高精度再構成 平成29年1月研究会
    馬場達也 北九州市大学 強い色かぶりをもつ水中画像の鮮鋭化に関する検討 平成29年1月研究会
    早川諒 京都大学 離散値ベクトル再構成のための近似メッセージ伝搬アルゴリズム 平成29年1月研究会
  • 平成27年度 信号処理研究会賞
    吉田嵩 東京理科大学 低遅延帯域通過最大平たんFIRディジタル微分器の設計法 平成27年6月研究会
    羽田野佑太 関西大学 パラメトリックスピーカの2次非線形歪み補正効果の聴感上での評価 平成28年3月研究会
    木下哲 関西大学 バーチャルマイクロホンを用いたヘッドレストCICO ANCシステムの有効性に関する検討 平成28年3月研究会
    石山文彦 NTT 分電盤電流波形からの内接法による個別機器電力推定 平成28年3月研究会

信号処理若手奨励賞

令和元年度の信号処理若手奨励賞受賞者が以下の3名に決定致しました。大変おめでとうございます! 選奨規定はこちらをご覧ください.

  • 令和元年度 信号処理若手奨励賞
    原 惇也 東京農工大学 stochastic prior を用いた一般化グラフサンプリング
    杉本 憲治郎 早稲田大学 ガウシアンの周辺化を用いた非等方ガウシアンフィルタのカーネル分解
    中井 彩乃 京都大学 センサネットワークを用いた環境モニタリングのための局所近似に基づく分散ガウス過程回帰 Filtering

過去の受賞者

  • 平成30年度 信号処理若手奨励賞
    石川 直樹 広島市立大学 非正方差動符号化方式の適応的検出アルゴリズムと大規模ミリ波MIMO-OFDM通信への適用
    武山 彩織 東京工業大学 ガウシアンノイズを考慮したハイパースペクトル画像とマルチスペクトル画像の合成法
    岩本 蘭 慶應義塾大学 Sentiment Analysis in Twitter Based on Multikernel Adaptive Filtering
  • 平成29年度 信号処理若手奨励賞
    黒田 大貴 東京工業大学 Alternating Minimization Approach for Identification of Hammerstein Systems with Discontinuous Nonlinearities
    遠藤 雅也 東京工業大学 拡大 OD フロー行列の列方向平滑基準を活用した異常通信検出法
    早川 諒 京都大学 近似メッセージ伝搬法に基づく離散値ベクトル再構成の一般化
  • 平成28年度 信号処理若手奨励賞
    田中直樹 筑波大学 M分割リフティングベース非線形位相フィルタバンクの可逆な非拡張畳み込み
    川口洋平 株式会社日立製作所 Alternating Direction Method of Multipliersに基づく音響信号復元
    久保内悠馬 北海道大学 B-スプラインを用いた曲線類似度計算法の性能評価
  • 平成27年度 信号処理若手奨励賞
    吉田壮 北海道大学 グラフ構造に基づくリランキングを利用したWeb映像検索に関する検討 ~初期検索結果の誤りを考慮した最適化に基づく高精度化~
    小辺亮介 立命館大学 キャリア波と複数側帯波の独立遅延制御によるパラメトリックスピーカ近傍再生の検討
    柿本健司 東京工業大学 On a Projection Step by Generalized Orthogonal Complement Matrices for Adaptive Subspace Tracking
  • 平成26年度 信号処理若手奨励賞
    小貫真希 東京農工大学 Optimization of Spectral-Domain Graph Filters Inspired by Subspace Information Criterion
    平川真里 東京電機大学 不等間隔マイクロホンアレーによる逐次更新ヒストグラムに基づく複数音源追尾
    滝沢雅明 慶應義塾大学 Performance analysis of the stochastic restricted gradient descent algorithm in RKHS
  • 平成25年度 信号処理若手奨励賞
    北村大地 奈良先端科学技術大学院 Music Signal Separation Using Supervised Nonnegative Matrix Factorization with Orthogonality and Maximum-divergence Penalties
    崎山亮恵 東京農工大学 グラフ信号処理のためのラプラシアンピラミッドの設計
    土居勇輝 横浜国立大学 A Novel 3-D Array Configuration Using Multiple Regular Tetrahedra for High Resolution 2-D DOA Estimation
  • 平成24年度 信号処理若手奨励賞
    和泉圭祐 東北大学 車載ステレオカメラを用いた障害物検出手法の性能評価
    北原大地 東京工業大学 A Stabilization of Algebraic Phase Unwrapping by Subresultant
    酒井学 大阪府立大学 DCRにおける新しいI/Q不均衡推定法
    八巻俊輔 東北大学 方向統計学に基づく位相限定相関関数の統計的解析
  • 平成23年度 信号処理学生奨励賞
    岩居健太 関西大学 非線形3次IIRフィルタを用いた動電型スピーカシステムの非線形歪み補正法に関する検討
    小野峻佑 東京工業大学 Blockwise Low-Rankness Based Optimization for Missing Region Recovery
    桂井麻里衣 北海道大学 画像データベースにおけるキーワードの階層抽出に関する検討
    金井康昭 北陸先端科学技術大学院大学 経験的モード分解と変調スペクトル分析を用いたロバスト音声区間検出法の検討
    外田脩 新潟大学 A Weight Controlling Technique for Hybrid Sparse Adaptive Filters
    畠山泰貴 北海道大学 ユーザの関係性に基づく新たなWebコミュニティ抽出手法に関する一検討
    宮崎亮一 奈良先端科学技術大学院大学 ミュージカルノイズフリー雑音抑圧の一般化理論とそのブラインド信号抽出への応用
    東広志 東京農工大学 脳波電極間の距離情報を用いた正則化
    王戴維 電気通信大学 Design of DTCWT with Improved Analyticity and Frequency Selectivity
    Choi Heedong 北海道大学 Performance of TR-MUSIC Imaging with Uniform Circular Array using Time-Domain Gating Technique

選奨規程

    信号処理研究専門委員会 2011 年 12 月 6 日改訂
    信号処理研究専門委員会 2012 年 11 月 6 日改訂
    信号処理研究専門委員会 2016 年 3 月 1 日改訂

    第 1 章 総則

  • 第 1 条 信号処理研究に関し、顕著なる業績、貢献のある者を本規程により表彰するものである。

  • 第 2 条 選奨の種類

    選奨の種類は次のとおりとする。

    1. 信号処理研究会賞
    2. 信号処理若手奨励賞

  • 第 3 条 各選奨の受賞候補者の選定

    1. 前条に記す各選奨の受賞候補者の選定は、本研究専門委員会委員長、同副委員長、同幹事、同幹事補佐、同専門委員(以下、賞選定委員と呼ぶ)により構成される賞選定委員会が行う。
    2. 研究専門委員会専門委員長を賞選定委員長とする。
    3. 賞選定委員長が認めるものを賞選定委員に加えることができる。

  • 第 4 条 選奨の賞状等は、第2条の各選奨に対して別に定めた機会において贈呈する。

  • 第 5 条 賞選定委員長は、受賞候補者が決定した後に、受賞候補者の氏名、業績の内容等を記した調書を作成し、本研究専門委員会に報告するとともに、本研究専門委員会のWebページですみやかに発表する。

  • 第 2 章 信号処理研究会賞

  • 第 6 条 信号処理研究専門委員会は、本研究会ならびに基礎境界ソサイエティを活性化するために、信号処理研究会賞を、優秀な科学者または技術者に贈呈する。

  • 第 7 条 対象者の資格

    信号処理研究会賞を受ける者は、信号処理研究会において、優秀な論文を筆頭著者として研究会当日に発表した者で、つぎの各号の全てに該当する者とし、各回の信号処理研究会で1名程度を目処に選定する。

    1. 信号処理研究会での発表時期において、本研究専門委員会に対象者であることを申告した者であること。
    2. 本研究専門委員会から発表を申し込んだ者であること。

  • 第 8 条 表彰は、賞状と副賞とする。賞状には、受賞者名および受賞論文名を記載する。副賞は、10,000円相当の金券とする。

  • 第 9 条 表彰式は、年度当初の研究会、その他適当な機会において、信号処理研究専門委員会委員長又はその代理が信号処理研究会賞を贈呈することにより実施する。

  • 第 3 章 信号処理若手奨励賞

  • 第 10 条 信号処理研究専門委員会は、優秀な若手研究者を育成し、本研究会ならびに基礎境界ソサイエティを活性化するために、信号処理若手奨励賞を、新進の科学者または技術者に贈呈する。

  • 第 11 条 対象者の資格

    信号処理若手奨励賞を受ける者は、信号処理シンポジウムにおいて、筆頭として優秀な論文を発表した者で、つぎの各号の全てに該当する者とし、3名程度を目処に選定する。

    1. 信号処理シンポジウムでの発表時期において、本研究専門委員会に対象者であることを申告した者であること。
    2. 本信号処理若手奨励賞を受けたことのない者であること。

  • 第 12 条 表彰は、賞状と副賞とする。賞状には、受賞者名および受賞論文名を記載する。副賞として、次年度のシンポジウムにおける懇親会に受賞者を招待する。

  • 第 13 条 表彰式は、次年度の信号処理シンポジウムにおいて、次年度の信号処理研究専門委員会委員長又はその代理が信号処理若手奨励賞を贈呈することにより実施する。

  • 付則

  • 本規程の改訂は、信号処理研究専門委員会の承認を得るものとする。

  • 本規程は、信号処理研究専門委員会のWebページで公開する。

  • 平成27年度の信号処理研究会賞については遡って申告できるものとする。