1996年度EMD研究会開催記録

  1. (04/19/1996) 機構デバイス研究会 −マイクロメカニカルデバイス特集−
  2. (05/17/1996) 機構デバイス研究会
  3. (06/21/1996) 機構デバイス研究会 −圧電デバイス・材料特集−
  4. (07/25/1996) 機構デバイス研究会/超音波研究会/電子部品・材料研究会
  5. (08/20-21/1996) 機構デバイス研究会/電子部品・材料研究会/光エレクトロニクス研究会/レーザ・量子エレクトロニクス研究会 −小特集:光部品およびレーザの実装技術−
  6. (08/28/1996) 機構デバイス研究会
  7. (10/18/1996) 機構デバイス研究会 −トライボロジ特集−
  8. (11/15/1996) 機構デバイス研究会
  9. (12/20/1996) 機構デバイス研究会 −ショートノート特集−
  10. (01/17/1997) 機構デバイス研究会
  11. (02/21/1997) 機構デバイス研究会/信頼性研究会
  12. (03/21/1997) 機構デバイス研究会 −特集:部品ならびに装置実装技術−

★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 窪野隆能  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・渡辺克忠  幹事補佐 小松耕哉 日   時 4月19日(金) 9:30〜12:00 会   場 富士通クロスカルチャーセンター プレゼンテーションルーム2階      (川崎市中原区下小田中1-14-1。JR南武線武蔵中原駅から徒歩5分、大戸小学校隣。       tel:(044) 754-5500) 議   題 −マイクロメカニカルデバイス特集− 1.多重電離イオンを考慮した真空アーク陰極足1個を通過する電流範囲の理論的検討   ○佐藤憲一・窪野隆能(静岡大) 2.座屈型マイクロアクチュエータ用PZT薄膜の開発   ○若林秀一・坂田稔・戸谷浩巳・池田正哲・後藤博史・竹内司・矢田恒二(オムロン) 3.光駆動マイクロメカニカルセンサーおよびアクチュエータ   ○稲葉成基・島村暁・熊崎浩教(岐阜高専)・羽根一博(東北大) 4.マイクロマシン技術の光通信用デバイスへの応用   ○長岡新二・上西祐司(NTT) 5.〔招待講演〕マイクロマシン技術の最近の動向   北原時雄(機械技研) to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 窪野隆能  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・渡辺克忠  幹事補佐 小松耕哉 5月18日からの専門委員長、副委員長、幹事、幹事補佐 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 小松耕哉・曽根秀昭  幹事補佐 吉田清 日   時 5月17日(金) 9:30〜12:00 会   場 金沢工業大学(石川郡野々市町扇が丘7-1、       JR金沢駅前バスターミナル8番乗り場より「工大前」行(路線番号32)乗車、      「工大前」(正門前)下車、所要時間35分。tel:(0762) 48-1100 谷井琢也) 議   題 1.電気接点の集中抵抗における近似表示の試み(2)   谷井琢也・○中西賢一(金沢工大) 2.電気接点材料の汚染雰囲気曝露実験   谷井琢也・○高松邦義・国分康行(金沢工大) 3.AuとCu電気接点対での開離時アークの分光測定   藤田政博・最上正彦・窪野隆能(静岡大) 4.Cu-WC接点のアーク生成物についての一考察   山本敦史・草野貴史・関経世・奥富功(東芝) 5.電流制限機能付光MOSリレー   虎澤裕康・水内賢二(沖電気) to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 6月21日(金) 9:30〜12:00 会   場 NEC玉川クラブ      (川崎市中原区下沼部1959、JR南武線向河原駅下車徒歩5分。       tel:(044) 435-1510) 議   題 1.光接続用ガイドピン孔のマイクロ穿孔技術   ○神田虎彦・三橋真成・舟橋正昭(NEC) 2.アクティブコネクタの開発   ○加来良二・請地光雄・石川弘樹・平井あゆ美・安藤典浩・藍原周一(日航電子) 3.定常強制振動を受ける圧電振動ジャイロ用音片型振動子のずれ角に関する等価回路解析   ○柿沼博美(太陽誘電)・栗山好夫(群馬能開短大) 4.真空蒸着・スパッタ薄膜の光学・音響製品への応用   竹内哲也・日比野稔・桜場幸雄・○西 修(東海ゴム) 5.スーパーソルダー法による高密度実装技術の開発   ○加賀靖久・日笠和人・中村良則・福永隆男・天野俊昭・稲田孝(古河電工) to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 ★超音波研究会(US) 専門委員長 兒嶋俊弘  幹 事 竹内正男・山田晃 幹事補佐 中村健太郎 ★電子部品・材料研究会(CPM) 専門委員長 吉川明彦  副委員長 宇野武彦 幹   事 花房廣明・星陽一 日   時 7月25日(木)13:00〜17:00 会   場 機械振興会館地下3階研修2号室 議   題 −圧電デバイス・材料特集− 1.〔招待講演〕四ほう酸リチウムの新しい用途とその育成技術   ○小松隆一・菅原保・宇田聡(三菱マテリアル) 2.溝付き水晶振動子のエネルギー閉込め特性   ○平間宏一・青山裕司(東洋通信機) 3.人工双晶形成による水晶振動子の温度補償   宇野武彦(神奈川工科大) 4.有限要素法による単結晶音さ形圧電ジャイロ形状の検討   若月昇・○田中浩(石巻専修大) 5.圧電トランスを使ったインバータ回路の開発   ○川崎修・江田和生(松下電器)・福島寛(松下電子部品) 6.λ/4正規型すだれ状電極弾性表面波一方向性変換器と低損失フィルタ   ○山之内和彦・小島俊之・小田川裕之・我妻康夫・目黒敏靖(東北大) 7.浮き電極型一方向性変換器を用いたIF用SAWフィルタ   ○田中光浩・堀尾保文・今西雄一郎(日本ガイシ)・山之内和彦(東北大) 8.SAWマッチドフィルタの相関信号波形におよぼす電極間多重反射波の影響   ○芝隆司・湯原章綱(日立)・小田幸司・茂木稔(日立メディアエレクトロニクス)・坪内和夫(東北大) ◆日本音響学会;超音波研究会共催 to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 ★電子部品・材料研究会(CPM) 専門委員長 吉川明彦  副委員長 宇野武彦 幹   事 花房廣明・星陽一 ★光エレクトロニクス研究会(OPE) 専門委員長 榊裕之  副委員長 春名正光 幹   事 岸野克巳・板屋義夫 ★レーザ・量子エレクトロニクス研究会(LQE) 専門委員長 菊池和朗  副委員長 小林功郎 幹   事 小池二三夫・富田章久 日   時 8月20日(火) 9:00〜16:55         21日(水) 9:00〜16:30 会   場 北海道大学百年記念館1階大会議室      (札幌市北区北9条西5、       新千歳空港からJR札幌駅までJR利用で36分(15分間隔で運行)、       JR札幌駅西口から北北西に向かい徒歩5分で北大正門着、       北大正門から会場まで徒歩2分、連絡先:北海道大電子科学研究所       沼居貴陽、tel:(011) 706-3372) 議   題 −小特集:光部品およびレーザの実装技術−  20日午前 1.〔招待講演〕PLCプラットフォーム用いたハイブリッド光集積技術の現状と展望   ○山田泰文・赤堀裕二・高橋浩・内田直人・板屋義夫・森脇和幸(NTT) 2.SIプラットフォームを用いた簡易気密技術   ○三浦和則・佐々木誠美・田中一弘・矢野光博(富士通研) 3.グレーティングカップラを用いた積層導波路間結合   ○丘丹・裏升吾・栖原敏明・西原浩(阪大) 4.z低コスト実装用1.3μm帯ビーム拡大器集積リッジ導波路型レーザ   ○佐藤宏・青木雅博・古森正明・鈴木誠・高橋誠・魚見和久・辻伸二(日立) 5.光マイクロコネクタによる自導光結合法   ○加藤利雄・水野純ホジェリオ・伊賀健一(東工大) 6.スポットサイズ変換導波路を集積した方向性結合器形高速光スイッチモジュール   ○関根聡・河野健治・吉本直人・神徳正樹・竹内博昭・和田正人・伊藤敏夫・柳橋光昭・永沼充(NTT) 7.AuSnバンプ・セルフアライメントによる光モジュールの無調整実装   ○佐々木純一・米田勲生・伊藤正隆・本望宏・宇田明弘・鳥飼俊敬(NEC)  20日午後 8.導波路型受光素子の実装許容度の構造依存性   ○西片一昭・平岩浩二・清水均・岩井則広・山中信光・粕川秋彦(古河電工) 9.はんだバンプによるセルフアライメントを用いたMUレセプタクル形受光モジュール   ○林 剛・恒次秀起(NTT) 10.ファイバ埋込光回路を用いた2波長多重受光モジュール   ○宇野智明・東門元二・西川透・松井康(松下電器) 11.光導波路の応力誘起複屈折解析ソフトウェア   ○大久保公博・小柴正則(北大)・辻寧英(北海道工大) 12.ポリマーフレキシブル導波路   ○金子明正・疋田真・今村三郎(NTT) 13.TEOS低温プラズマCVDによる石英PLCカプラの開発   ○松村文雄・松本浩・中仙道和之・近藤弘之・田中啓之(東洋通信機)・藤井陽一(日大) 14.通信装置用ファンの長寿命化の検討   ○金子保夫・原田昭男・茨木修(NTT) 15.ブックシェルフ実装前面における高速伝送構成法   ○小池真司・海津勝美(NTT)  21日午前 1.〔招待講演〕光ファイバアンプの実用化技術   大越春喜(古河電工) 2.半導体MOPAレーザ励起・1.3μm帯光ファイバ増幅器   ○山田誠・金森照寿・大石泰丈(NTT)・清水誠・照沼幸雄(NTTエレクトロニクステクノロジー)・須藤昭一(NTT) 3.Er3+添加フツリン酸ガラスファイバ増幅器のWDM信号増幅特性   ○小野浩孝・中川幸一・山田誠・須藤昭一(NTT) 4.WDM伝送用光ファイバアンプと利得等価器   ○奥野秀樹・小熊健史・横山純・豊原篤志・渋谷隆(NEC)・板橋薫志(日本電気エンジニアリング) 5.多モード干渉を利用した波長ルータ   ○岡山秀彰・上條健(沖電気) 6.電解吸収型光ゲートによる低損失変動光セルバッファ   ○北島茂樹・松山和男・対馬英明(日立)・小林雅彦(日立電線)・井戸立身・小泉真理・井上宏明・中野博行(日立) 7.低マイクロ波損失・低駆動電圧Ti:LiNb03光変調器   ○マダブシ ランガラージュ・北村光弘(NEC)  21日午後 8.短い遅延光ファイバを用いた遅延自己ホモダイン・ヘテロダイン法による半導体レーザのスペクトル線幅測定   ○野村忠和・今井正明(室蘭工大) 9.フッ素化エポキシ樹脂の光学的・電気的特性について   ○丸野透・村田則夫(NTT) 10.非線形効果低減型分散シフトファイバ   ○松尾昌一郎・山田成敏・畔蒜富雄・高橋浩一・山内良三(フジクラ) 11.ホロリフラクティブ結晶を用いた4波混合における位相共役反射率の双安定条件   ○高山佳久・岡本淳・佐藤邦宏(北大) 12.Ca t形位相共役器と消去光を用いた光インターコネクション   ○相澤雄吾・岡本淳・佐藤邦宏(北大) 13.外部鏡と誘導ホトリフラクティブ後方散乱を用いた自己励起形位相共役器の結合強度に対する反射率の多値特性   ○坂口信幸・岡本淳・佐藤邦宏・土畑正良(北大) 14.直交偏波したポンプ光によるホトリフラクティブ4光波混合の位相不整合を考慮した反射率   岡本淳・佐藤邦宏・○高村元嗣・佐藤基樹(北大) ◆回路実装学会協賛 to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 8月28日(水) 13:30〜16:55 会   場 石巻専修大学      (石巻市南境新水戸1、JR仙台駅から石巻駅までJR仙石線快速で約1時間      (1時間に約1本運行)、石巻駅から石巻専修大行きバスで17分。       tel:(0225) 22-7716) 議   題 1.4脚音さ振動子とその振動ジャイロスコープへの応用   ○菅原澄夫・工藤すばる(石巻専修大)・跡地信久・村上昌良(松下電子部品) 2.コンタクトの表面形状変化の可視化に関する基礎検討   ○江原康生・曽根秀昭・根元義章(東北大)・高木相(日大) 3.銀接点のアーク放電と陰極表面の色の変化の関係の実験   ○石田広幸(東北科技短大)・杉本等(日大)・曽根秀昭(東北大)・高木相(日大) 4.コンタクト・接続部品に関する東北地区での調査・研究の纏め   眞野國夫(眞野研究開発センタ) 5.〔招待講演〕電気標準における量子ホール素子の応用と現状   箕輪功(玉川大) 6.光アクティブコネクタ用MU形サブモジュールの開発   ○佐々木伸一・田中伸幸・安東泰博・山口悟(NTT) 7.光コネクタのダスト試験について   ○三田地成幸・中原敬之・有馬修二・斉藤和人・佐倉成之・島田友弘(光コネクタ標準化委員会) to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 10月18日(金) 10:00〜16:30 会   場 慶応義塾大学理工学部厚生棟中会議室      (横浜市港北区日吉3-14-1、東急東横線日吉駅下車徒歩10分。       tel:(045) 563-1141 議   題 −トライボロジ特集−  午前 1.卑金属静止接点のフレッティング接触特性   坪井正男(元新潟大) 2.コネクタ金めっきコンタクトにおける塩水噴霧試験およびSO2ガス試験の腐食機構解析   新谷唯志(日本航空電子) 3.新しいしゅう動接点材料としての個体潤滑剤を含有した複合材料   渡辺克忠(工学院大) 4.〔招待講演〕摩擦面に介在する異物微粒子の影響   笹田直(千葉工大)  午後 5.ECRスパッタ法で作製した無添加および水素添加非晶質カーボン膜のトライボロジ特性   ○梅村茂・廣野滋・安藤康子(NTT)・金子礼三(和歌山大) 6.すりコンタクトの基礎的諸問題   眞野國夫(眞野研究開発センタ) 7.コンタクト表面塗布剤の潤滑効果   ○永江昭文・蔵本憲一(テトラ) 8.通電場に使用される潤滑グリース   遠藤敏明(協同油脂) 9.トロリー線とパンタグラフすり板   松山晋作(東洋電機製造) 10.〔招待講演〕電気粘性流体の応用研究と実用化   森下信(横浜国大) ◆日本トライボロジー学会;国体潤滑研究会、継電器研究会共催 to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 11月15日(金) 9:00〜12:00 会   場 護王会館(京都御所前、護王神社内)      (京都市上京区室町通り出水上ル近衛町38、       1)JR京都駅または阪急烏丸駅より地下鉄烏丸線乗車、        「丸太町駅」にて下車。出口2より徒歩10分。       2)三条京阪駅より市バス51系統、特51系統乗車、        「烏丸下長者町」にて下車、徒歩1分。       tel:(075) 441-5458) 議   題 1.接点表面状の有機物がブラックパウダになるプロセス   竹中豊(オムロン) 2.スイッチングアーク発光スペクトルの空間分布に関する研究(その7)   ○竹中満(名市工研)・窪野隆能(静岡大) 3.シリコン蒸気中におけるマイクロリレーの接触不良に及ぼす開閉頻度の影響   ○宮川敬一郎・玉井輝雄(兵庫教育大) 4.新しい端子構造を持つ表面実装リレー   ○河合光弘・石川達郎(オムロン) 5.窒化アルミニウムへのメタライズ技術   ○佐々木一隆・夏原益宏・中西秀典・後藤智司・仲田博彦・飛岡正明(住友電工) 6.新方式(AVSD方式)PWMインバータの研究   ○八十原正浩・高田和幸・藤崎好洋(松下電器) to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 12月20日(金) 9:30〜16:50 会   場 機械振興会館6階67号室 議   題 −ショートノート特集−  午前 1.静電気放電へのアプローチ−剥離放電を中心として−   高橋雄造(東京農工大) 2.銀メッキ試験片の塗布剤による表面処理方法   ○蔵本憲一・永江昭文(テトラ) 3.接触抵抗測定装置の開発と測定例   猪木和夫(東京タカヤマ) 4.Low Profile高感度パワーリレーの開発   ○中林孝浩・和合聖一・吉野晃生(高見澤電機) 5.微小負荷条件における小形接点信頼性に関する検討   ○王民国・沢孝一郎(慶大) 6.接触部品の信頼性確定方法   眞野國夫(眞野研究開発技術センタ)  午後 7.〔招待講演〕電気接点接触の研究経過   谷井琢也(金沢工大) 8.低速開離時のアーク継続時間の測定   石田広幸(東北科技短大) 9.Au電気接点でのしゅう動前後の接触抵抗と粘着力の測定結果   ○小林篤人(高見澤電機)・窪野隆能(静岡大) 10.パルス電流法によるフリッティング現象の一検討   ○渡辺克忠(工学院大) 11.低温におけるSITの低周波雑音計測   ○井上浩・森永康夫(秋田大)・伊藤桂一(秋田高専) 12.C-Cu電極間の開離時アークと電磁ノイズに関する実験的検討   ○小泉俊彰(日立工機/東北大)・高橋久美雄(日立工機)・江原康生・曽根秀昭・根元義章(東北大) 13.液体誘電体中における開離時アークについて   ○早川敏郎・沢孝一郎(慶大) 14.論理演算処理法による光ファイバのスペックルノイズ特徴抽出に関する実験的検討   ○日高伸二・金沢宮孝・谷口正成・赤崎勇(名城大)・高木相(日大) ◆継電器研究会、IEEE-CPMT 東京チャプタ共催 to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 1月17日(金) 9:00〜12:00 会   場 NTT武蔵野研究開発センタ1-204B会議室      (武蔵野市緑町3-9-11、JR三鷹駅北口バス乗り場(癸院砲茲蠑莠屐       武蔵野市役所前下車、進行方向左へ徒歩5分。       tel:(0422) 59-3210) 議   題 1.並列光伝送におけるファイバスキューとその評価   ○松浦伸昭・碓氷光雄・桂浩輔(NTT) 2.柱上設置小容量RT試作キャビネットに及ぼす塩害の影響   ○熊倉保夫・池田幸介・中島康雄(NTT) 3.通信機器筐体内におけるフィン付基板の自然対流冷却   ○中里典生・平澤茂樹・森利行・眞藤孝徳(日立) 4.シリコン汚染とシリコン蒸気の分解過程   玉井輝雄(兵庫教育大) 5.石英PLCカプラの高性能化と経済化の設計の検討   ○松村文雄・松本浩・中仙道和之・田中啓之(東洋通信機)・藤井陽一(日大) 6.超低反射斜めPCコネクタの最近の動向   ○鈴木信雄・平淳司・皆見浩二・島田友弘(ナステック)・加島吉夫(セイコー電子) to TOP
★信頼性研究会(R) 専門委員長 堀籠教夫  副委員長 松田純夫 幹   事 生岩量久・嶋屋正一 ★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 2月21日(金) 9:30〜17:00 会   場 名城大学付属図書館5階「多目的ホール」      (名古屋市天白区塩釜口1-501、地下鉄鶴舞線「赤池」       「豊田市」行きで「塩釜口駅(名城大学前駅)」下車、徒歩5分。       tel:(052) 832-1151) 議   題 1.スイッチングアーク発光スペクトルの空間分布に関する研究(その8)   ○竹内満(名市工研)・窪野隆能(静岡大) 2.摺動コンタクトの接触抵抗の電流依存性とその材料の影響に関する実験的検討   ○金沢宮孝・谷口正成・赤崎勇(名城大)・高木相(日大) 3.ホログラフィによる金属板の振動パターンの測定とその形状に関する比較検討   ○土屋隆・谷口正成・赤崎勇(名城大)・高木相(日大) 4.〔招待講演〕宇宙用ロケットの信頼性   黒崎忠明(NASDA) 5.〔招待講演〕信頼性評価へのニューラルネットワークの応用   石井直宏(名工大) 6.複雑性を伴う多重マイクロプロセッサシステムの信頼性   ○今泉充啓・安井一民・中川覃夫(愛知工大) 7.端子圧着部接続信頼性に関するCAE解析によるアプローチ   ○斎藤寧・塩谷準(ハーネス総合技研)・森田哲郎・古圧勝(住友電工)・高橋誠(住友電装) 8.静接触の信頼性確立試験法   眞野國夫(眞野研センタ) 9.欧州安全規格に適合した高絶縁構造の有極パワーリレーの開発   ○吉谷克美・西村廣海・他(松下電工) 10.接触に及ぼす環境に関する諸問題   眞野國夫(眞野研センタ) 11.接触特性に及ぼす環境試験法の諸問題   眞野國夫(眞野研センタ) ◆継電器研究会、IEEE-R東京チャプタ、IEEE-CPMT東京チャプタ、  日本信頼性学会共催、電気学会東海支部若手セミナー  「インテリジェント計測システム」、  中部エレクトロニクス振興会、名城大学理工学部協賛 to TOP
★機構デバイス研究会(EMD) 専門委員長 玉井輝雄  副委員長 中埜賢一 幹   事 曽根秀昭・小松耕哉  幹事補佐 吉田清 日   時 3月21日(金) 9:30〜12:00 会   場 機械振興会館地下3階2号室 議   題 −特集:部品ならびに装置実装技術− 1.楕円ミラーを有する平面導波路型光路垂直変換デバイス   ○川尻祐子・岡田顕・桂浩輔・安東泰博(NTT) 2.屋外設置用ONU開発   吉田和樹(NEC) 3.シールドウィンドウを適用した通信装置用シールドユニットの構成と特性   ○篠崎薫・森敏則(NTT) 4.気相潤滑剤による電気接点潤滑剤の研究 第18報   ○宇田成徳・舟見準・高尾寛・近藤滋・川村賢二・信田健一(松下電器) 5.N2+NOガス中における短間隙放電の放電開始電圧の時間的変化   ○西村敬史・糸山景大(長崎大)・弥延剛(北辰) ◆IEEE-CPMT東京チャプタ共催 to TOP

| TOP | 紹介 | 開催予定表 | 開催案内 | 記録 | 連絡先 | English |


(社)電子情報通信学会・エレクトロニクスソサイエティ・機構デバイス研究専門委員会
編集担当委員:曽根秀昭 mail@address