第7回研究会チュートリアルセッション

参加募集

IA研究会では2013年2月15日(金)にIEEE 1888に関するチュートリアルを開催いたします.

「IEEE 1888 の活用方法」(参加無料)
日程: 2/15(金)10:00〜12:00
場所: 機械振興会館
http://www.jspmi.or.jp/kaigishitsu/

是非ご参加いただければと考えております.また、ご興味のありそうな方に適宜ご転送いただければ幸いです.

当日アンケートにご回答いただく必要がございますが、チュートリアルには無料でご参加いただけます。なお、発表資料が必要な場合は、受付にてご購入いただけます(価格は後日確定いたします).

なお,IA研究会は2月14日、15日の2日間にわたって、開催されます.


テーマ:「スマートグリッド,一般」
開催日程:2013年2月14日(木), 15日(金)
開催場所:機械振興会館

~~~~~~~~~~~~~~~
プログラム: IA研Webページの第7回研究会をご覧ください.

http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=85f4f2540633de47ffcf76fcd0619e6bee239c55f62df47d00ffd293624d702c


皆様のご参加をお待ちしております.

プログラム

講演1

タイトル:
オープン・スマート・ファシリティーを実現するIEEE1888

− 設計思想と実運用事例 −

ご講演者:
江崎浩 (東京大学)
講演概要:
21世紀の社会インフラは、オープン化とスマート化による持続的な イノベーションの実現と効率化が実現されなければならない。20世 紀の最後に社会展開されたインターネットは、社会の物理インフラ のスマート化とオープン化に貢献する。IEEE1888は、インターネット フレームワークを用いた ファシリティー管理・制御アーキテクチャ であり、既存システムの戦略的統合を含むシステム構造を持ってお り、 東京大学工学部2号館などで、実運用され、さまざまな機能・ サービス拡張を展開している。 本講演では、IEEE1888 の基本概念 とその背景、さらに運用事例を紹介する。

講演2

タイトル:
IEEE1888に基づくシステム設計と構築
ご講演者:
落合秀也 (東京大学)
講演概要:
このチュートリアルでは、実際のIEEE1888対応機器やIEEE1888対応 ソフトウェアを例に上げ、どのように、ビルのエネルギー管理シス テムを設計し構築するかを順を追って解説します。 具体的には、IEEE1888の多回路電力計、デジタル入出力装置、アナ ログ入力装置、パルス計測器、各種ゲートウェイ機器、データスト レージ、簡易SCADAアプリ、ヘルスチェッカーなどを組み合わせる ことで、現場の要求に合わせたシステムを設計し、それを展開する までの流れを紹介します。

講演3

タイトル:
「IEEE1888で実現するスマート節電システム」

〜BE GREEN NextとIEEE1888 の適用事例〜

ご講演者:
伊藤公祐 ((株) ユビテック)
講演概要:
BE GREEN Nextは、省エネにもっとも貢献できる中小企業に導入し やすく活用しやすい形のネット型BEMSとしてIEEE1888を2011年6月 にいち早く対応した製品です。従来BEMSの課題からBE GREEN Next の特長やIEEE1888 適用事例を紹介し、IEEE1888の今後について展 望します。
内容:
  • 従来BEMSからネット型BEMSへ

    SaaS型、WebAPIでアプリ連携、IEEE1888でDB連携

  • BE GREEN Nextの特長とサービスパック
  • IEEE1888導入事例紹介