TOP


無線端末・アンテナシステム測定技術チュートリアルワークショップ(第9回)

電磁波センシング技術

  • アンテナ・伝播研究専門委員会(AP研)の第二種研究会として,2008年~2012年まで活動を行った次世代無線通信技術設備試験認証技術時限研究会(ACT研)を継承する「無線端末・アンテナシステム測定技術研究会(AMT研)」が2012年4月に発足いたしました.AMT研では,ACT研・AMT研で議論された最新測定技術を含め,半日程度のチュートリアルワークショップを地方および海外で開催することによりアンテナ測定技術の普及を促進することにしております.これまで,第1回「アンテナ測定技術の基礎」(2012年6月7日),第2回「アンテナ測定の実際」(2012年12月20日),第3回「アンテナの位相中心」(2013年5月30日),第4回「VERA観測システム」(2013年12月19日),第5回「kHz, MHz帯における放射測定技術」(2014年4月24日),第6回「アンテナ係数の測定技術」(2014年6月26日),第7回「基地局アンテナおよび大型アンテナの測定技術」(2014年9月10日),第8回「ロケット用無線通信システム通信エラー原因の解明と対策技術の研究開発」(2014年12月18日)を実施し,好評を博しております.
  • 第9回チュートリアルワークショップとして,電磁波を用いたセンシング技術を取り上げ,2015年5月28日(木)午後からNICT小金井本部にて開催いたします.NICTの福永香氏と児島正一郎氏によるご講演の後,NICTの施設見学を予定しております.本チュートリアルワークショップを通して,アンテナ測定技術に対する理解を深めて頂くと共に,電磁波の利用法の一つであるセンシング技術に関する知識を得て頂くことを目的としております.初心者の方を含めて,ご興味のある方の受講をお待ちしております.先着順のため,お早めにお申し込みください.
  • 第9回AMT研究会(第二種研)を2015年5月29日(金)に同会場にて開催いたします.

講師

福永 香 氏(NICT)

児島 正一郎 氏(NICT)

講義内容

福永 香 講師 「電磁波を用いた非破壊検査(使えそうな周波数の選び方)」

児島 正一郎 講師 「航空機搭載合成開口レーダ Pi-SAR2 による地上観測」

日時

2015年5月28日(木)13:30~17:00(施設見学会を含む)

会場

NICT小金井本部 研究本館(1号館) 4階 国際会議室 (東京都小金井市貫井北町4-2-1,JR国分寺駅から徒歩約15分)

http://www.nict.go.jp/about/hq.html

※ 情報通信研究機構への入構について:正門受付(守衛所)にて訪問者バッジの交付を受けてください.

受講定員

40名

参加費

資料代として,参加費(3,000円,前払)を申し受けます.

参加費の支払方法につきましては,申込後に届く返信メールにてご案内いたします.

受講申込期間

2015年4月1日(水)~2015年5月14日(木)

申込方法

申込フォームにしたがってお申し込みください.

問合先

無線端末・アンテナシステム測定技術研究会 総務幹事 笹森崇行(秋田県立大)
E-mail:ap_ac-amt_secretary(a)mail.ieice.org
(迷惑メール防止のため,@を(a)にしています.)

主催

電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究専門委員会

協賛

産業技術総合研究所計測標準研究部門 電磁界クラブ(電磁波計測科電磁界標準研究室)
IEEE AP-S Tokyo Chapter


Last-modified: 2015-07-18 (土) 15:30:37 (827d)