このページの先頭です
ここから本文

学会・研究会等における情報保障マニュアル(Ver.1.0)

目次

学会・研究会における情報保障マニュアルについて

近年の電子情報技術の進展は目覚しく,今日の我々の生活にとって必要不可欠であるだけでなく,障害のある人にとっても大きな福音となり,ADL(Activities of Daily Living:日常生活活動),QOL(Quality OF Life:生活の質)の向上に大いに役立っています.それに伴い,福祉情報機器関連の研究開発が盛んになり,電子情報通信学会,ヒューマンインタフェース学会ほか多くの学会,研究会はその研究開発,発表,普及の場として活発な活動を続けております.ここで,真に役に立つ機器,システムの研究開発には,当事者ユーザーである障害のある人の研究開発への参加が不可欠です.しかし障害のある人の学会や研究会への参加は非常に少ないのが現状です.その要因のひとつに,学会や研究会での情報保障が充分でないことがあると思われます.参加したくても,手話通訳がない,資料が点字化されていない,などのバリアがあります.
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)は上記の課題を認識し,2004年4月,各種の情報保障の試行を行なうために,HCG所属の4研究会からのメンバーによる「情報保障WG(英文名称Academic Meeting Accessibility Initiative: AMAI)」を設立いたしました.  

情報保障WGでは,HCGに所属する福祉情報工学研究会(Welfare Information Technology:WIT)を中心として,WITの研究会,WITが参加するHCGシンポジウム,情報科学技術フォーラム(FIT)等で,「従来の情報保障方式の洗い出し,それらを導入した場合の経費の試算,および期待される効果の検証」および「新しい情報補償システム開発の可能性の調査」を行ないました.本マニュアルは,その成果をまとめ,主催者側が活用できるものとして作成したもので,聴覚障害関連および視覚障害関連の従来型の情報保障の手配について具体的方法等を示すものです.さらに新しい技術による情報保障を利用する場合についても補足的に述べています.現時点ではまだ充分な情報が網羅されてはおりませんが,今後,多くの研究会でお使いいただき,得られたノウハウ,ご意見,改善案などをお寄せいただき,さらに改良を重ねていくこととしたいと考えております.
なお,情報保障WGは2005年3月をもって終了しましたが,本マニュアルの改良・維持については,WITで担当してまいります.本マニュアルについてのお問い合わせ,ご意見等は下記へお願いいたします.

2006年3月1日              
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ                 
情報保障WGリーダー(福祉情報工学研究会顧問)                            
岡本 明(筑波技術大学)                          
okamoto [at] k.tsukuba-tech.ac.jp

Ⅰ.聴覚障害関連の従来型の情報保障

聴覚障害のある方への従来型の情報保障の方法には,手話通訳と要約筆記(手書き要約筆記あるいはPC要約筆記)がある.

1.手配手順

1)研究会開催日程と場所が決まった時点
(1)開催地に近い場所で情報保障を依頼できる団体等を探す(手話通訳派遣団体,PC要約筆記ができる団体については添付資料1「手話通訳・要約筆記依頼先」参照).
・見つからない場合には,開催地の市役所,県庁,福祉協議会,聴覚障害者関連団体などに当たる.
・情報保障を依頼できる団体が開催地近くにない場合には,他県や遠方からの派遣を検討する.状況によっては遠隔手話通訳や音声認識字幕を検討する(Ⅲ.「新しい技術による情報保障」の項参照).
(2)開催日から逆算して何日前までに申込めばよいのか期限を聞く.
(3)可能ならば,開催会場にて要約筆記者と通訳者の立ち位置をシミュレーションしておく.

2)研究会の募集あるいは会告アナウンスの時点
(1)募集に手話通訳あるいは要約筆記の要不要を伺う文面を入れる.
(2)前述の情報保障団体の申込み期限日までに,手話通訳あるいは要約筆記の要不要を確認するためのアナウンスを行なう.
・情報保障を行なう時間帯が決まったらその情報も流す.

3)研究会開催当日まで
(1)講演者に対する確認 ・発表者に手話で発表する人がいるか確認する(専門的内容の手話→口話への通訳には一段と技量が必要なので,予め手話通訳者派遣団体に申し入れておくことが望ましい).
・パネルディスカッションの場面など複数の方向への情報保障が必要かどうか確認する(パネリストと参加者の顔の向きが違う場合など難しい場面がないか確認する).
(2)通訳者や筆記者に資料や予稿集原稿などを送付する.
・現状では研究会資料は1週間以上前には公開できないが,一日も早く送付できるよう,学会事務局へ依頼する.可能ならば著者から早めにもらい,早めに送付する.
(3)講演者に,通訳者や筆記者との事前打ち合わせ時間があることを伝える.
・当日使用するスライドあるいはOHP資料も印刷して持ってくるように講演者に伝える
・発表時の心得(通訳者や筆記者への配慮)を伝える(電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループの情報保障WGで作成した「学会論文作成・発表アクセシビリティガイドライン」の「Ⅲ.発表時アクセシビリティガイドライン」参照).

4)研究会当日
・講演者と通訳者や筆記者との事前打ち合わせを行なう(専門用語などに関して,事前に少なくとも10分程度の打ち合わせ時間があったほうが,より的確な情報保障ができる.休憩時間やセッション開始前の時間を利用する).
・手話通訳者の立ち位置,要約筆記者の座る位置を決める.
・可能ならば会場内で情報保障利用の優先席をつくり,受付でその情報を流す.

2.手話通訳,要約筆記費用(2005年12月現在の資料に基づく概算)

手話通訳,要約筆記の料金体系は地域や団体によってまちまちである.とくに要約筆記に関してはボランティアベースのものから高額なものまでがあるので,それぞれの団体に規定額を確認しておく必要がある.おおよそのメドは次のようになる.
(1)手話通訳の料金:約9万円/日+プラス交通費
・手話通訳者1名あたりの料金は概ね,半日(3時間)で1万円内外,1日(8時間)で2.5万円~3万円である.
・通常は何名かが交代で行なう.1日で3名とした場合,約90,000円+プラス交通費となる.
(2)要約筆記の料金:約6万円/日+プラス交通費
・機材の設定時間等も支援時間に含める.遠隔地の場合,交通費は別途必要.
・文字化内容のファイルは原則として提供されない(どうしても欲しい場合は別途個別交渉が必要).
(3)指点字通訳の料金:約5万円/日+プラス交通費
・指点字通訳は通訳と盲ろうの人が1対1の通訳となるので,盲ろうの人が複数の場合にはその人数分の通訳者が必要となる.

3.その他の留意事項

(1)手話通訳者は最低2名、学会発表は大変なので多くの場合は3名,講演などハードな通訳で4名程度が必要である.
・添付資料2「手話通訳費用の例」にもあるように,通訳者は“20分交代”が全国的な基準となっている.
(2)要約筆記者は最低4名、学会発表は大変なので多くの場合は5,6名が居たほうが良い.
・とくに要約筆記者は集めるのが難しい場合がある.人数が集まらず依頼先からキャンセルなどの可能性もあるので依頼する側も注意が必要である.
(3)機材の用意が必要な場合があるので,依頼先の団体によく確認する.
・たとえば,手書き要約筆記の場合は要約筆記用透明ロール紙,OHP,スクリーンなど,PC要約筆記の場合は映写用PC,プロジェクタ,スクリーンなど.

Ⅱ.視覚障害関連の情報保障

学会,研究会等の資料は墨字(印刷された,あるいは画面表示された文字)で提供されるため,視覚障害のある人が論文集,技報から情報を得るのは大変困難である.そこで,視覚障害のある人も障害のない人と同じように情報を入手できるよう,提供資料の点字化などが必要となる.
本来,すべての資料を印刷物とまったく同一に点字化したものを提供すべきであるが,点訳時の同音異義語や固有名詞の誤訳の可能性や図・表の点訳の困難さなど,多くの課題があり,現時点では妥協策をとらざるを得ない.現在提供できる点字資料は次のようなものである.

(1)アブストラクト版: 発表内容を理解するための最低限の情報である,論文のアブストラクト部分等の完全点訳(校正済み)
(2)全文点字粗訳版: 技報と同じ原稿全部を粗訳点字化したもの(校正なしの機械点訳であり,同音異義語などの誤りが含まれている可能性が高い.また図・写真は点訳できず,表は乱れることが多い)

全文点字粗訳版には問題が多いものの,点字資料がまったくない状態と比べれば格段に多くの情報を提供することができるが,作成のためのシステムが必要である.情報保障WGではシステムを試作したが,まだ完全実稼動には至っていない.

1.作業手順

1)点字資料の希望者の募集
メーリングリストやホームページで,開催する研究会の技報情報(アブストラクト版)の点字資料を提供できる旨をアナウンスする(全文点字粗訳版を提供する場合は,校正なしの点字粗訳であることを断った上でアナウンスする).
例:○○○研究会では、視覚障害のある方への情報保障のために,発表資料のアブストラクト部分を点訳いたします(アブストラクト版).当日,点字印刷したものを用意致しますので,お気軽にご参加ください.なお,ご連絡を頂ければ,点字データ(BSEフォーマット)を事前にお送りすることもできます.

2)データの入手
現在,電子情報通信学会の研究会での資料はオフセット印刷の墨字のみで,研究技報発行は開催の1週間前となっている.印刷物からの点訳には非常に時間がかかり,1週間内での作業は不可能である.また,ユーザーには当日渡すよりも事前に提供して読んでおいて頂く方が望ましく,この点からも原稿締め切り時(開催日の3週間前)ごろには入手する必要がある.そのため,学会とは別に研究会の情報保障担当者から各発表者に連絡をとり,電子データを提供してもらうことが必要である.その際には,“情報保障用にしか使わず,著作権も問題がない(著作権法で規定されている)”ことを説明しておく.
* 著作権法の一部抜粋(点字による複製等)
第37条第1項 公表された著作物は,点字により複製することができる.
第37条第2項 公表された著作物については,電子計算機を用いて点字を処理する方式により,記録媒体に記録し,又は公衆送信(放送又は有線放送を除き,自動公衆送信の場合にあっては送信可能化を含む)を行なうことができる.

(1)アブストラクト版: 1ページ目に相当するタイトル,発表者名,所属,連絡先,アブストラクト,キーワード.
*点字は、「読み」ベースなので,同音異義語や固有名詞の表現に誤訳が生ずる可能性がある.したがって,著者から最低限,名前の読み仮名を教えてもらうことが必要である(本来,著者には読み方をすべて記載してもらわないと誤訳は防げないが,これは著者に大変負担をかけるので,当面は著者名のみとする).
(2)全文点字粗訳版: 学会に提出するデータと同じものを提供してもらう.TeXで作成の場合は,研究会の情報保障担当者側でコンパイルできるよう,全てのデータの提供を依頼する.また,レイアウト確認のため,最終提出原稿のpdfファイルの提供も依頼する。

3)目次の作成、フォーマットの統一
研究技報の目次に相当するものを作成する.資料番号などは学会事務局に別途問い合わせる必要がある.
アブストラクト版に関しては,点や丸など記載方法を統一し,1ページに1発表の割り付けで作成する.

(1)アブストラクト版点訳(専門点訳業者に依頼)
アブストラクト版点訳は,完全を期するために専門の点訳業者に校正ありの点訳を発注する(業者については,3.手配先リスト参照).
提出するデータは,整形したものと読みがな情報で,業者にもよるが,概ねWord形式のテキストで作成し,メール添付で送付する.点訳者の都合もあるので,あらかじめ予約が必要である.送付する量にもよるが,通常の研究会(10~25件)であれば,点訳業者に2週間前までにデータを送る必要がある.
研究会前日までに,送付先を指定して宅配便などで点字資料プリントアウトを納品してもらう.また,作業終了後に点字データをBSEファイル(点字データ保存形式の一つ)で受取り,事前に申し込みのあった希望者に配布する.
(2)全文点字粗訳(自動点訳システムを利用)
現在仮稼動している論文自動点訳システム(Ⅲ.新しい技術による情報保障の項を参照)などを使用して_字データに変換する.機械点訳であるため,漢字かな変換,固有名詞,点字表記変換などで誤変換が生じる可能性がある.全文を校正するのは難しいが,最低限名前などは修正する必要がある.
作成された全文データはアブストラクト版と同様に希望者にメールなどで送付する.点字プリントアウトすると莫大な量になる(通常,墨字印刷の3~4倍のページ数になるので,電子データでの提供がよいと思われる).

4)当日作業
当日は,点訳業者から送られて来た点字資料プリントアウトを受付に置き,発表・聴講に訪れた視覚障害のある人や希望者に渡す.また,作成した点字データをUSBメモリなどにコピーしておき,会場で希望される方に渡せるようにしておくとよい.

2.点訳費用(2005年12月現在の資料に基づく概算)

業者により変動するが,一般的に,点訳基本料金(取らないところもある),ページごとの料金,印刷料がかかる.
・料金体系例
点訳基本料金: 5,000円
点訳料:
1 ~ 10ページ 1,000円/ページ
11 ~ 50ページ  800円/ページ
51ページ ~   500円/ページ

印刷料: 両面印刷 20円/ページ
たとえば,70ページ,両面印刷,ひも綴じ,10部作成で値引きなしの場合(税込み, 送料込み)では次のようになる.
5,000+1,000×10+800×(50-10)+500×(70-50)+20×(70/2×10)=64,000円
*ページとは,点字プリントアウト時のページ数であり,大雑把に言えば,墨字の1ページが点字3~4ページ程度になる.

3.手配先リスト

点訳ボランティアの会などを含めて,点訳を受託する団体・業者はいくつかあるが,学会論文等の専門的な原稿の点訳をできるところはあまり多くない.電子情報通信学会の研究会の発表内容は情報処理関連であるが,この分野の点訳ができるところは非常に数が少ない.また,点訳の精度も大きなばらつきがあるといわれている.
すべてを網羅しているものではないが,現時点で受注可能という返答を得ている点訳依頼手配先を資料3にまとめた(点訳精度を確認したものではない).点訳料金ほかの条件も異なるので,個々に連絡して相談する必要がある.点訳依頼手配先リストとして添付資料3を参照して頂きたい.

4.問題点,留意事項等

・各発表者に連絡,同意を得て,期日までにデータをすべて集めるのはかなり時間がかかるため,時間に余裕を持って行なうことが必要である.
・発表者にはすべてのデータを提供して頂きたいが,現時点では提供は強制でなく,任意とする.
・フォーマットを指定しても合わせてもらえない場合も多い.そのため,研究会の情報保障担当者側ではフォーマットの統一にそれなりの作業量が発生することを考慮しておく.
・著作権に関しては点字データの配布は規定で許されているが,一部企業は社内規定等によって発表前のデータ提出ができないところがある.その場合はその原稿の点訳は断念せざるを得ない.
・自動点訳システムでは,図・表の扱いはまだできていない.
・テキスト化することで,レイアウト情報,フォント情報などが失われてしまう問題がある.
・pdfで提出する人には,テキスト部分が抽出できるように,保護をかけないで作成するよう依頼する.

5.テキストデータの配布について

アンケート結果では,コンピュータを使った読み上げソフトを使用している方が多く,点字データよりテキストデータの方が望ましいという結果が出た.これを受けてWITでは学会事務局と話し合いの上,2005年1月の研究会から限定的ではあるが,オリジナルテキストの提供を開始した.研究会は技術報告書の売り上げで成り立っていることから,配布は,

a) 著者が承諾
b) 使用者が印刷物では情報を得にくい
c) 使用者が技報を購入
d) データの2次利用はしない旨を宣言

の4つすべての条件を満たした時にのみ配布している.
データの収集は,事前作業において各著者に全文データ提供の承諾を得る場合と同じで,点訳化せずそのままの状態で視覚障害のある人に渡す旨を説明し,承諾を得る.
事前配布や当日の対応は点字データと同様にして提供する.
*テキストデータの提供については研究会,学会によって対応が異なると思われるので,個別に問い合わせる必要がある.

Ⅲ.新しい技術による情報保障

視覚障害,聴覚障害のある人のための新しい技術による情報保障のいくつかの試みが,2004年に開催された第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004)におけるイベント企画「誰にでも参加できる学会を目指した情報保障のあり方について」で紹介・試行された.

1.音声認識を用いた字幕システム
2.遠隔手話通訳・字幕システム
3.字幕拡大投影システム
4.自動点訳機能つき講演原稿受付システム
5.ローヴィジョン対応拡大画面手元配信システム
6.盲ろうの人への実時間点字・指点字提示システム
http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/fit/fit2004/fit2004program/html/event/index.html

これらは,すでに商用化されているものもあるが,いずれもまだスタート段階であり,多くの改善の余地を残している.利用に際しては個別に問い合わせいただきたい(添付資料4「新しい技術による情報保障」参照).

このページの本文はここまでこのページの先頭に戻る