Home > 新着情報一覧 > 第28回シリコンフォトニクス研究会を7月25日(水)に開催します。 

第28回シリコンフォトニクス研究会を7月25日(水)に開催します。 

第28回研究会
シリコンフォトニクスの応用展開

主催:シリコンフォトニクス時限研究専門委員会
委員長:丸山 武男(金沢大学)
副委員長:秋山 傑(富士通オプティカルコンポーネンツ)

日時:2018年7月25日(水)
場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館ディジタル多目的ホール
   (アクセスマップはこちら) キャンパスマップ上20番の建物

 協賛: 電子情報通信学会
    光エレクトロニクス研究専門委員会 (OPE)
    レーザ・量子エレクトロニクス研究専門委員会 (LQE)
    集積光デバイスと応用技術特別研究専門委員会 (IPDA)
    IEEE Photonics Society Japan Chapter

今回は「シリコンフォトニクスの応用展開」と題しまして研究会を開催いたします.光ネットワーク、光源、無線技術など最新のフォトニクス分野について、第一線でご活躍されております12名の招待講演者の方々にご講演いただきます.広範囲の分野へのシリコンフォトニクス技術の応用展開につきまして、知見を深めていただければと思います.

プログラム:PDFはこちら(講演プログラム)

10:00-10:05 開会の挨拶
10:05-10:35 並木 周(産総研)
  シリコンフォトニクスの超低消費電力ネットワークへの応用 -期待と課題-
10:35-11:05 藏田 和彦(AIO core)
  シリコンフォトニクスを用いたチップスケール光トランシーバ
“光I/Oコア” -光I/Oコアの狙いとその事業展開-
11:05-11:35 田邉 孝純、鈴木 良、藤井 瞬(慶応大学)
  マイクロ共振器を用いた光カーコム発生
11:35-12:05 北 智洋、マヌエル メンデス(早稲田大学)、松本 敦、山本 直克(NICT)、 山田 博仁(東北大学)
  ヘテロジニアス波長可変レーザの多機能化
12:05-13:15 <昼食休憩>
13:15-13:45 村田 博司(三重大学)
  ミリ波帯無線のためのアンテナ電極光変調器
13:45-14:15 久武 信太郎(岐阜大学)
  フォトニクスが支えるミリ波・テラヘルツ波の精密可視化技術
14:15-14:45 山本 直克、松本 敦(NICT)、北 智洋(早稲田大学)
  ヘテロジニアス量子ドット光集積回路への技術展開
14:45-15:15 馬場 俊彦(横浜国立大学)
 

スローライト構造を用いた光レーダー開発

15:15-15:30

<休憩>

15:30-16:00

近江 雅人(大阪大学)

 

OCTの高速化技術の進展

16:00-16:30 納富 雅也、野崎 謙悟、北 翔太、新家 昭彦(ナノフォトニクスセンタ/NTT)、石原 亨(京都大学)、井上 弘士(九州大学)
  集積ナノフォトニクスによる超低レイテンシ光演算 -光パスゲート論理によるナノフォトニック演算回路-
16:30-17:00 清水 大雅(東京農工大学)
  スピン磁性フォトニクスデバイス -シリコンフォトニクスと光アイソレータ・メモリ-
17:00-17:30 天野 耕一郎(ラムダプレシジョン)
  シリコンフォトニクスの端面研磨加工技術 -従来の研磨技術と将来に向けてのダイシング加工による鏡面化技術-
17:30-17:35 閉会の挨拶
18:00- <懇親会>

   (敬称略)

最新情報につきましては、随時ご覧のWEBページを更新いたしますので、ご注意いただけると幸いです。

聴講参加申し込み

事前に下記幹事(e-mail:siph-kanji2 at mail.ieice.org メール送信時には「at」を@に変えてください)まで、懇親会参加の有無と併せて御連絡頂くと準備の都合上助かります。 当日も会場にて受付いたします。

参加費: 一般 4000円   学生 無料

懇親会:2000円

問合せ

下記幹事まで御連絡ください。

幹事

e-mail: siph-kanji2 at mail.ieice.org メール送信時には「at」を@に変えてください。
庄司 雄哉(東工大)
池田 和浩(産総研)
雨宮 嘉照(広島大)
奥村 忠嗣(日立製作所)