概要プログラムポスター発表参加・懇親会申込出展社募集開催場所|開催報告|

2017年7月第2種研究会

開催報告

光通信システム研究会では、2017年7月27日午後および7月28日に東京工業大学 蔵前会館において、第2種研究会“OCS 30周年記念シンポジウム・OCS Summer School 2017”を開催いたしました。

7月27日: OCS 30周年記念シンポジウム

7月27日午後には、OCS研究会の発足30周年を記念して、“OCS 30周年記念シンポジウム”を開催しました。本シンポジウムでは、30年間の光ファイバ通信システムの研究開発と実用化においてエポックメイキング的な意味を持つテーマについてご講演頂き、これまでの歩みを振り返って頂くとともに、今後の方向性を展望して頂きました。

まず冒頭に、森田OCS委員長より開会挨拶があり、OCSの歴史と、新たな30年に向けたOCS研究会活動のミッションについて報告がありました。

基調講演には鈴木正敏氏(KDDI総合研究所)をお迎えし、紫綬褒章受章記念講演として、「光通信システムの革新的進化と将来」と題してご講演頂きました。OCS発足前後の光通信システムに革新をもたらした技術について、ご自身が開発に取り組まれてこられた長距離高速光通信システムを中心にご紹介頂くとともに、今後の継続的な革新技術への期待について語って頂きました。光通信技術の研究開発と実用化を牽引されてこられた豊富なご経験に基づくご講演には多くのメッセージが込められており、聴衆の皆様も熱心に聞き入っておられました。

次の招待講演セッションでは、光ファイバ増幅器、光ファイバの分野で長年に亘ってご活躍されてきたお二方をお招きして、それぞれの技術の系譜をご講演頂きました。大越春喜氏(古河電工)からは、「光ファイバ増幅器開発の流れと今後の展望」と題して、EDFAやラマン増幅の研究開発と実用化の経緯と、今後の展望についてお話し頂きました。金森弘雄氏(住友電工)からは、「日本における光ファイバの進化」と題して、長距離幹線用光ファイバやFTTH用ファイバ・ケーブルの進展と、将来の展望について講演頂きました。

続いて、フェロー記念講演として、福知清氏(NEC)より、「10テラビット級光通信技術の研究開発 〜大容量光ファイバ通信技術の進化の流れで得た幸運と学び〜」と題してご講演頂きました。3波長帯10Tbps伝送実験、FPGAを用いた100Gディジタルコヒーレントのリアルタイム実証、オープンイノベーションによるコヒーレントDSPの実用化を事例に、取り組まれたきっかけやその後の展開も含めて、研究開発の経緯をご紹介頂きました。また、これらの研究開発活動の中でのご自身の役割や得られた知見についても語って頂き、大変示唆に富んだ内容でした。

講演後には、「ポスター & 展示会 with Beer」セッションが開催され、9件のポスター発表と、13社の出展社による展示が行われました。冷たいビールを飲みながらの自由な雰囲気で、ポスターや展示を前に、活発な議論や意見交換が行われました。

その後の懇親会では68名のご出席を頂き、楽しく懇親を深めることが出来たのではと思います。

7月28日: OCS Summer School 2017

7月28日には、毎年夏の恒例イベントである“OCS Summer School”が開催され、今日の光ファイバ通信システム技術における重要トピックスについて、各分野の第一線でご活躍中の方々を講師に迎え、基礎からじっくりとご講演頂きました。いずれのご講演も、若手や初学者の知識を拡げるのに役立つものであったと思います。また、熟練の方々にとっても、知識の再認識や新たな気付きを得る機会となったのではないかと思います。

午前中は「基礎編」のセッションとして、「光ファイバ通信システムの基礎」ならびに「光変復調の基礎」についてのご講演を頂きました。どちらも、光通信技術を取り扱う上で基礎となる重要な内容について、幅広く、かつ、丁寧にご講義頂きました。

午後には、「実践編1」のセッションとして、「ポストムーア技術としてのシリコンフォトニクス」、「光波の偏波状態と光ファイバの偏波依存性の測定技術」、「光ファイバ融着接続の基礎と最新技術」の3件のご講演を頂きました。続いて「実践編2」のセッションでは、「光ファイバ通信におけるディジタル信号処理と波形歪み補償」、「誤り訂正符号化技術の光通信分野への応用」、「光ネットワークの進展とノード技術」について、3件のご講演を頂きました。いずれのご講演も、基礎的なところから実践的な内容まで分かりやすくお話し頂きました。

参加者数

OCS 30周年記念シンポジウム・OCS Summer School 2017は、事前に205人の皆様にご登録を頂いており、初日は165名、2日目は157名、合計で220名のご参加を頂きました。非常に多くの聴講者に参加して頂き、二日間に亘って活発な技術討論と、組織の壁を越えた交流を行うことができました。お集まり頂いた皆様には心より感謝申し上げます。本シンポジウムが、参加された皆様が新たな30年に向けて踏み出すための一助になれば幸いです。

担当: 木坂、山本
 
会場の東京工業大学 蔵前会館
会場の東京工業大学 蔵前会館
 
森田委員長による開会挨拶
森田委員長による開会挨拶
 
鈴木正敏氏(KDDI総合研究所)の基調講演
鈴木正敏氏(KDDI総合研究所)の基調講演
 
講演会の様子
講演会の様子
 
ポスター&展示会with Beerの様子
ポスター&展示会with Beerの様子
 
鈴木正敏氏による懇親会乾杯の挨拶
鈴木正敏氏による懇親会乾杯の挨拶
 
懇親会の様子
懇親会の様子
 
森田委員長による閉会挨拶
森田委員長による閉会挨拶
最終更新: 2017-08-07 (月) 17:20:26 (133d)