2018年8月研究会

概要開催場所|研究会の見所|開催報告

研究会の見所

2018年8月のOCS研究会は30日(木),31日(金)の2日間,函館北洋ビル8階大ホールにおいて開催されます(OFT研究会との併催,レーザー学会との共催). 8月研究会のテーマは,「通信用光ファイバ,光ファイバコード・ケーブル,機能性光ファイバ,空間分割多重(SDM)光ファイバ技術,光接続・コネクタ・配線技術,光インターコネクション,光線路保守監視・試験技術,光ファイバ測定技術,光ファイバ線路構成部品,光信号処理,光ファイバ型デバイス,光測定器,レーザ加工,ハイパワーレーザ光輸送,光給電,一般」となっております. OCS研究会からは,以下のような多岐にわたる大変興味深いトピックの講演が予定されています.

  • 【8月30日(木)】
    数モードマルチコアファイバの性能指数の検討及び伝送帯域密度を考慮したファイバ設計に関する報告,マルチコアファイバのクロストークのクラッド径依存性の検討,数モードファイバの接続点におけるモード結合を最小化するコア径最適化の検討,送受信機における信号品質劣化を推定・補償した超高多値変調信号を用いた600Gbps/λ級の光伝送実証,SDM伝送システムにおけるチャネル間信号品質差を低減する技術におけるチャネル数依存性の検証の5件の講演が予定されています.
    また,宇宙空間での光通信の現状・将来と技術課題と題して,地上での光ファイバ通信・光デバイスの成果を活用する送受信技術と高精度指向方向制御技術についての招待講演があります.
  • 【8月31日(金)】
    フィジカルコンタクト接続が不要なエアギャップコネクタに関する報告,4コアマルチコアファイバコネクタに関する接続損失発生要因に関する報告,19コアファイバ光増幅器における増幅特性のEDF長依存性及び7コアEDFAとの比較に関する報告の3件が予定されています.

プログラムはこちらです.
アブストラクトはこちらです.

また,EXAT研究会8月研究会が8月30日(木)午前中より同会場にて開催されますので併せてご参加下さい.

最終更新: 2018-07-11 (水) 07:12:16 (104d)