2017年11月研究会

概要開催場所|研究会の見所|

研究会の見所

本年の11月研究会は、11月23日(木)、11月24日(金)の両日にわたり、関西大学 梅田キャンパスにて開催いたします。11月研究会は、光ファイバ応用技術(OFT)研究会と併催、映像情報メディア学会 放送技術研究会(ITE-BCT)、電気学会 通信研究会(IEE-CMN)との連催となっております。

9月に開催されたECOC2017においてファイバ一本あたりの伝送容量のワールドレコードが更新されました(10.16ペタビット/秒)。今回の研究会では、このワールドレコード更新のキー技術である空間多重技術に関する講演が、二日目(24日)午後に予定されております。 また、同じくECOC2017にてチュートリアル講演が開催され大きな反響を得ていた光固有値通信に関する講演が初日(23日)の午前に予定されております。加えて、今流行のニューラルネットワークによる画像認識技術をネットワーク制御に応用する技術に関する講演がIEE-CMNからなされるなど、2日間通じて注目講演が多数行われる予定です。

初日の研究会終了後には4研究会合同の懇親会も開催されます。技術動向の吸収だけでなく、人脈を広げるネットワーキングの場としても是非参加いただければと思います。

研究会が開催される梅田キャンパスはJR「大阪駅」から徒歩10分と利便性の高い立地です。近隣には阪急うめだ本店、グランフロント大阪等、大規模商業施設があり、研究会後にちょっとした息抜きもできるのではないかと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

プログラムはこちらです。
アブストラクトはこちらです。

最終更新: 2017-10-22 (日) 16:14:16 (31d)