2019年総合大会企画

|大会企画の見所|開催報告

BCI-1. 空間分割多重伝送システム用光デバイス技術

  • 光通信システム研専(OCS), 光エレクトロニクス研専(OPE), 光通信インフラの飛躍的な高度化に関する特別研専(EXAT) 共催
  • 日時: 3月19日 13:00〜17:00
  • 開催場所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 54棟302教室
  • プログラムはこちら

趣旨:
シングルモードファイバ一本当たりの伝送可能容量は100Tb/s程度が限界と予想され、この容量限界を打破するために空間分割多重(SDM)技術が検討されている。これまで、マルチコアファイバや数モードファイバといったSDM用ファイバが盛んに報告されてきた。一方で、SDMネットワークの構築には空間チャネルの制御技術が必須であり、近年SDM用光デバイス技術に注目が集まっている。本セッションでは、大容量かつ柔軟なネットワークの構築・制御を可能とするSDM用光デバイス技術(光増幅器、光入出力、光スイッチ等)に関する依頼シンポジウムを行う。各種光デバイス技術の研究動向を共有することで、光ファイバ通信システムの更なる発展を促進する。

見どころ:
本シンポジウムでは、SDMネットワークを実現するために必須となるデバイス技術に着目して、最先端の成果を発表され、ご活躍されている7名の研究者の方に講演頂きます。前半3件は、まず伝送システムの観点からデバイス技術の役割や期待を議論頂くためのSDMシステム技術の講演と、ノードにおけるスイッチ技術やモード多重伝送システムに必須となるモード合分波技術に関する講演を予定しています。後半4件では、SDMの適用による新たな付加価値の創造という観点から、マルチコア/数モード光増幅技術(省電力等)や、コネクタ・配線技術(省スペース)について4名の方に講演頂きます。ネットワークの様々な部分・機能の構成要素となる重要なデバイス技術について、SDMの今後の展望や課題等の活発な議論が行われることが期待されます。是非ご参加ください。

最終更新: 2019-02-06 (水) 06:51:57 (79d)