2008年ソサイエティ大会企画

BCI-1. 光通信における最新極限技術

(光通信システム研専、光エレクトロニクス研専、レーザ・量子エレクトロニクス研専共催)

9月18日 10:00〜16:30  第二校舎A館 A301講義室  座長 植之原裕行(東工大) 講演時間:各25分

  • BCI-1-1 超小型光ファイバモジュールによる高効率SC光発生技術
    高橋正典(古河電工)
  • BCI-1-2 マルチキャリア光発生技術および1000波長WDM伝送技術
    ○高良秀彦・大原拓也・山本貴司・山崎悦史・犬塚史一・高田 篤(NTT)
  • BCI-1-3 光通信用ファイバにおける超低損失化技術
    ○桑原一也・平野正晃・石川真二(住友電工)
  • BCI-1-4 低損失・低電力・多チャンネル PLC技術
    井上靖之(NTT)

休 憩(80分)  座長 水落隆司(三菱電機)

  • BCI-1-5 光信号処理技術の現状と可能性
    渡辺茂樹(富士通研)
  • BCI-1-6 超高速半導体光ゲート研究の進展と将来展望
    上野芳康(電通大)
  • BCI-1-7 量子ドット-フォトニック結晶ナノ共振器系を用いた超低閾値レーザ
    ○野村政宏・岩本 敏・荒川泰彦(東大)
  • BCI-1-8 超高速・高出力単一走行キャリア・フォトダイオード(UTC-PD)技術の最新動向
    ○村本好史・若月 温・古田知史・高橋 亮(NTT)・石橋忠夫(NTTエレクトロニクス)

休 憩(10分)  座長 関根賢郎(日立コム)

  • BCI-1-9 分散補償を不要とする100Gbit/s級光OFDM伝送技術
    ○森田逸郎・Sander Jansen・田中英明(KDDI研)
  • BCI-1-10 コヒーレントQAM伝送における超多値化技術の最前線
    中沢正隆(東北大)
  • BCI-1-11 20Tb/s超級大容量伝送に向けた超広帯域・超低雑音光増幅中継技術
    増田浩次(NTT)
  • BCI-1-12 シャノンリミットに迫る光通信用誤り訂正技術
    水落隆司(三菱電機)

BS-9. テラビットLAN/MANを実現する光波長アクセス技術

(光通信システム研専)

9月17日 13:00〜17:00  第二校舎A館 A303講義室  座長 森田逸郎(KDDI研)

  • BS-9-1 テラビットLAN環境の実現に向けて −λアクセス技術の進展−
    ○石田 修(NTT)
  • BS-9-2 高精度時刻情報を遅延補償に用いた並列高速伝送方式
    ○久留賢治・小林正啓・山田義朗・石田 修(NTT)
  • BS-9-3 テラビット級LANに向けた超高速MAC方式の検討
    ○高道 透・鴫原正博・福知 清(NEC)
  • BS-9-4 テラビット級LANにおけるハイブリッド型光ネットワークアーキテクチャ
    ◎今泉英明・渡部克弥・種村拓夫・中野義昭・森川博之(東大)
  • BS-9-5 テラビットLANにおける広域アクセスプロトコル技術の機能検討
    ○Ryu Kanishima・Takeshi Inoue・Ayumu Yasuda・Hiroyuki Tanahashi・Katsuyuki Hasebe(NTT Communications)

休 憩(15:20 再開)  座長 石田 修(NTT)

  • BS-9-6 超高速フレーム多重化制御技術の開発
    ○川手竜介・小口和海・谷口幸子・横谷哲也(三菱電機)
  • BS-9-7 100Gbps単一波長光伝送向け物理層の研究
    ○豊田英弘・山田雅毅・矢崎武己・西村信治(日立)
  • BS-9-8 分散耐力を向上した100Gbit/s単一波長光伝送方式の検討
    ○森田逸郎・高橋英憲・Sander Jansen・田中英明(KDDI研)
  • BS-9-9 GMPLS制御イーサネットにおけるインバンド通信チャネル実現方式
    ○岡本 聡・清水 翔・荒川 豊・山中直明(慶大)

BCS-2. 次世代光ファイバ通信を拓く超高速送受信デバイス技術の最新動向

(レーザ・量子エレクトロニクス研専と光通信システム研専、光エレクトロニクス研専共催)

9 月16日 13:00〜17:00  第二校舎A館 A301講義室  座長 石川 浩(産総研)

  • BCS-2-1 (依頼講演)100Gbpsチャネルベース光ネットワークとデバイス技術への期待
    ○宮本 裕・吉田英二(NTT)
  • BCS-2-2 (依頼講演)LNデバイスによる超高速QPSK/16QAM変調
    ○川西哲也・坂本高秀・千葉明人(NICT)
  • BCS-2-3 (依頼講演)高機能半導体モノリシックマッハツェンダ変調器
    ○八坂 洋(東北大)・菊池順裕・都築 健・保井孝子・石川光映・柴田泰夫(NTT)
  • BCS-2-4 (依頼講演)半導体受光素子の最新動向
    ○牧田紀久夫・芝 和宏・中田武志・水木恵美子(NEC)
  • BCS-2-5 (依頼講演)光受信器用高速アナログIC技術
    ○村田浩一・福山裕之・伊藤敏洋・古田知史・吉田英二(NTT)

休 憩(15:20 再開)  座長 中原宏治(日立)

  • BCS-2-6 (依頼講演)100Gイーサネットの標準化
    ○村上泰典(住友電工)
  • BCS-2-7 (依頼講演)周波数変調レーザと光フィルタリングを用いた高速長距離伝送技術
    ○硴塚孝明・松尾慎治(NTT)
  • BCS-2-8 (依頼講演)100Gbpsイーサネット用1.3µm帯25GbpsアンクールドEA/DFBレーザ
    ○牧野茂樹・林 宏暁・北谷 健・塩田貴支・篠田和典・田中滋久・青木雅博(日立)・直江和彦・笹田紀子・畑農 督(日本オプネクスト)
  • BCS-2-9 (依頼講演)超高速直接変調VCSEL
    ○鈴木尚文・阿南隆由・屋敷健一郎・畠山 大・徳留圭一・深津公良・赤川武志・辻 正芳(NEC)

BCS-1. アクセスシステムを支える光技術

(光エレクトロニクス研専とレーザ・量子エレクトロニクス研専、 光通信システム研専共催)

9月19日 13:00〜16:35  第二校舎A館 A301講義室  座長 中川潤一(三菱電機)

  • BCS-1-1 (依頼講演)光アクセスシステムの将来展望
    ○吉本直人(NTT)
  • BCS-1-2 (依頼講演)光アクセス線路試験・監視技術の動向
    ○東 裕司・荒木則幸・榎本圭高(NTT)
  • BCS-1-3 (依頼講演)次世代光アクセスシステムの標準化動向
    ○田島章雄(NEC)

休 憩(14:30 再開)  座長 日比野善典(NTT)

  • BCS-1-4 (依頼講演)アクセスシステム用光送受信技術の動向
    ○中川潤一(三菱電機)
  • BCS-1-5 (依頼講演)光アクセス用光ファイバ
    ○松尾昌一郎(フジクラ)
  • BCS-1-6 (依頼講演)FTTHに用いられる光コネクタ
    ○瀬尾浩司・岩屋光洋・西村直也・椎野雅人(古河電工)
  • BCS-1-7 (依頼講演)光アクセスモジュール技術
    ○吉村 学(住友電工)
  • BCS-1-8 (依頼講演)アイソレータフリーモジュール用1.49 µm利得結合型DFBレーザの反射戻り光耐性
    ○中村幸治・宮村悟史・八重樫浩樹・小川 洋(OKI)
最終更新: 2011-03-26 (土) 21:34:28 (2403d)