2006年総合大会企画

BP-4. ダイナミック光ネットワーキング技術(予稿なし)

3月25日 9:00〜12:25  5号館3F 5303教室  座長 中川清司(山形大) 講演時間:各25分

座長挨拶 5分

[第一部:キャリアが考える「ダイナミック光ネットワーキング」]

  • BP-4-1 インテリジェントなダイナミック光ネットワーキングがもたらす効用
    神野正彦(NTT)
  • BP-4-2 NGN時代のダイナミック光ネットワーキング
    鶴沢宗文(KDDI研)

休 憩(10分)

[第二部:「ダイナミック光ネットワーキング」技術の開発動向(約80分)]

  • BP-4-3 ADMノード技術・伝送技術
    尾中 寛(富士通研)
  • BP-4-4 光ネットワークにおける光制御技術について
    朝日光司(NEC)
  • BP-4-5 ダイナミック光ネットワーキングにおける電気信号処理技術の進展
    水落隆司(三菱電機)

休 憩(10分)

[第三部:次世代「ダイナミック光ネットワーキング」のためのキー技術とは何か?]

  • パネル討論(60分)

CBS-2. 超高速光通信技術の現状と展望

(光エレ研専/レーザ・量子エレ研専/光通信研専共催)

3月26日 13:00〜16:05  8号館4F 8410教室  座長 川西悟基(NTT)

  • CBS-2-1 (招待講演)ルータ、サーバの大容量化に向けた高速光技術への期待
    ○西村信治(日立)
  • CBS-2-2 (招待講演)超高速テラビット光伝送技術
    ○二見史生・渡辺茂樹(富士通研)・R. Ludwig・H.G. Weber(Heinrich Hertz Inst.)
  • CBS-2-3 (招待講演)時間領域光フーリエ変換を用いた超高速無歪み光伝送
    ○中沢正隆・廣岡俊彦(東北大)

休 憩(14:25 再開)  座長 和田 修(神戸大)

  • CBS-2-4 (招待講演)All-Optical Signal Processing Using Highly Nonlinear Bismuth Oxide-Based Glass Fiber
    ○Kazuro Kikuchi(The Univ. of Tokyo)・Ju Han Lee(KIST)・Naoki Sugimoto(Asahi Glass)
  • CBS-2-5 (招待講演)容量装荷型進行波電極を有するInP系高速・マッハ・ツェンダ変調器
    ◎秋山 傑・山本剛之(富士通研)
  • CBS-2-6 (招待講演)サブバンド間遷移を用いた超高速全光スイッチ
    ○石川 浩(産総研)・下山峰史(富士通研)・永瀬成範・物集照夫・秋本良一・李 炳生・秋田一路・挾間壽文(産総研)
  • CBS-2-7 (招待講演)超80 Gb/s光通信用IC技術
    ○鈴木康之・田中慎一(NEC)
最終更新: 2011-03-26 (土) 21:32:09 (2401d)