第1種研究会 技報完全電子化の実施について

− 第1種研究会への参加方法が変わりました −
OCS第1種研究会は2017年5月より技報完全電子化開催となり,以下のように変わりましたので御注意下さい. 通信ソサイエティの技報完全電子化研究会についての詳細はこちら
なお,OCS第2種研究会は従来通り予稿集冊子体の当日販売を行なう予定です.

技報(第1種研究会予稿集)冊子体について

  • 第1種研究会当日の技報冊子体の一般販売,発表者への配布はありません.研究会参加の方は,下記の参加費支払または研究会年間登録による技報電子媒体のダウンロードを御利用下さい.
  • 技報冊子体年間予約は2017年度末で終了し,2018年度からは研究会終了後に電子媒体をダウンロードできる技報アーカイブに移行しました.
    (技報アーカイブは,過去の技報を閲覧するためのサービスで,聴講参加費や年間登録に置き換えることはできません.また,研究会開催の1ヶ月後からのサービスですので,研究会当日の閲覧には利用できません.)

発表者の方

  • 第1種研究会で発表される方は,発表参加費(定額制)が必要です.
  • 開催1週間前から当該研究会の技報電子媒体のダウンロードが可能です.

聴講者の方(社会人)

  • 第1種研究会を聴講する方(社会人)は,参加費または研究会年間登録が必要です.OCS研究会年間登録(カード払いor請求書払い)を行うと,当該年度の全てのOCS第1種研究会に参加できます.
  • 年間2回以上OCS第1種研究会に参加される場合は,研究会年間登録の方が毎回参加費を支払うよりも安価ですので,研究会年間登録をお勧めします.
  • 参加費は,オンライン事前申込(カード払いor請求書払い)の方が当日現金払いよりも安価ですので,オンライン事前申込をお勧めします.
  • 参加費支払または研究会年間登録頂くと,開催1週間前から当該研究会の技報電子媒体のダウンロードが可能です.

聴講者の方(学生)

  • 学生の方は会員/非会員共に無料で第1種研究会に参加いただけます.但し,技報電子媒体をダウンロードするためには研究会年間登録または参加費が必要です.
  • 電子情報通信学会の学生会員※の方は,3研究会まで無料で年間登録できますので,OCS研究会の年間登録をお勧めします.
    (※電気学会,照明学会,映像情報メディア学会,情報処理学会の学生会員は電子情報通信学会の学生会員と同じ扱いです.)
  • 非会員の方の研究会年間登録は一般非会員と同額,参加費も学生会員に比べて割高となりますので,会員となることをお勧めします.


社会人学生
会員非会員会員非会員
OCS研究会年間登録費(2018年度)6,480円(税込) 申込9,720円(税込) 申込3研究会まで無料 申込9,720円(税込) 申込
参加費
(聴講者)
オンライン事前申込3,240円〜5,400円(税込)※5,400円〜7,560円(税込)※1,080円(税込)
当日現金払い4,000円〜6,000円(税込)※6,000円〜8,000円(税込)※無料(技報なし)
500円(税込)
無料(技報なし)
2,000円(税込)
発表参加費(発表者)3,240円(税込)
※参加費は研究会によって異なります(開催プログラム公開後に確定します).
 

研究会年間登録/参加費のオンライン事前申込はこちら
(初めて利用する場合は,技報オンラインシステムのユーザ登録が必要です.)
※全研究会が表示されますので,絞り込みの表内の[OCS]をクリックして下さい.

最終更新: 2018-03-02 (金) 08:08:01 (207d)