電子情報通信学会  情報・システムソサエティ (ISS)
情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会
Information and Communication System Security (ICSS)

[ トップ( お知らせ | 研究会日程| 連絡先 )| ICSSについて( 紹介,研究分野 | 専門委員 ) | 過去の研究会( 第1回| 第2回| 第3回| 第4回| 第5回 ) ]

第5回情報通信システムセキュリティ時限研究会

日時平成20年9月10日(水) 10:30〜17:00
会場情報セキュリティ大学院大学(横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1)
アクセスマップ     

プログラム

    10日(水)

    午前

  1. ICSS2008-1
    インシデント分析システムにおける複数分析エンジンからのイベント可視化手法
    堀良彰(九州大)・井上大介・衛藤将史・中尾康二(NICT)

  2. ICSS2008-2
    IRCにおけるメッセージ送出間隔に基づくボット検知手法
    釘崎裕司・堀良彰・櫻井幸一(九州大)

  3. ICSS2008-3
    SIP DoSの分類に基づいた分析システムの提案
    杉田貴英・上野洋史・西原基夫(NEC)

    午後

  4. ICSS2008-4
    ダークネット観測に基づく実ネットワーク保護技術の提案
    井上大介・衛藤将史・中尾康二(NICT)

  5. ICSS2008-5
    OSレベル仮想化を用いたLAMPシステム検証環境の構築
    更屋俊彰(神戸大)・曽根直人(鳴門教育大)・森井昌克(神戸大)

  6. ICSS2008-6
    アクセス制御の違いによるネットワークシステムの特性変化に関する考察
    金岡晃・藤堂伸勝(筑波大)・加藤雅彦(IIJテクノロジー)・岡本栄司(筑波大)

  7. ICSS2008-7
    公開鍵を識別子に用いるランデブ基盤による動的プライベートネットワーク構成法
    窪田 歩・三宅 優(KDDI研究所)

  8. ICSS2008-8(発表取り止め)
    IBEによる分散システムのへの試み
    島田秋雄(総合大学院大学)・児玉和也・日高宗一郎・丸山勝巳(国立情報学研究所)

  9. ICSS2008-8
    WEPの現実的な鍵導出法(その1)
    寺村亮一・曽谷紀史・仲神秀彦・朝倉康生(神戸大) 大東俊博(広島大)桑門秀典・森井昌克(神戸大)

  10. ICSS2008-9
    高速光ネットワークの安全性とY-00量子暗号の導入法に関する考察
    広田修・相馬正宜・政田元太(玉川大)

参加について

参加費一般 3,000円 学生 1,000円 (資料代を含む)
参加申込当日参加可ですが、事前に下記の参加申込・問い合わせ先までメールでご連絡いただければ幸いです。なお、事前にお申込み頂かなかった場合、当日の参加者数によっては予稿集をお渡しできない場合がございますので御了承下さい。
参加資格特になし

◎ 最新情報は、情報通信システムセキュリティ時限研究会のホームページをご覧ください。
http://www.ieice.org/iss/icss/
PDF版第5回情報通信システムセキュリティ時限研究会CFP

【参加申込・問合先】

E-mail: icss-request@mail.ieice.org
三宅 優 (KDDI研究所)
TEL [049] 278-7367, FAX [049] 278-7510
曽根 直人(鳴門教育大学)
TEL [088] 687-6502, FAX [088] 687-6102
主催 情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会