電子情報通信学会  情報・システムソサエティ (ISS)
情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会
Information and Communication System Security (ICSS)

[ トップ( お知らせ | 研究会日程| 連絡先 )| ICSSについて( 紹介,研究分野 | 専門委員 ) | 過去の研究会( 第1回| 第2回| 第3回| 第4回 ) ]

第1回情報通信システムセキュリティ時限研究会

日時平成17年11月22日(火)  13:30〜18:00
会場ソニー・コンピュータエンタテインメント 青山安田ビル B1Fイベントホール
(〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目1番1号)     
テーマ「新規セキュリティ研究会への期待と課題」−社会的要求に合った技術的アプローチ−

趣旨

情報通信システムセキュリティ時限研究会(ICSS)は、暗号理論等のセキュリティに関する要素技術だけではなく、システムとしての情報セキュリティに関わるアーキテクチャ等に対して広い視野からの意見交換を行うことができる場を提供することを目的として、本年度に新設された新しい研究会です。

分散OSやユビキタス情報環境(ユビキタスコンピューティング、グリッドコンピューティング等)の新しい技術が普及する兆しが見えてきていますが、これらの分散情報環境に対してもセキュリティを考慮したシステムの構築が求められています。これまでに、暗号理論を中心としたセキュリティ技術に関する研究が活発に行われてきましたが、これらのセキュリティ要素技術を背景として、これからの分散情報環境に適したセキュリティ・アーキテクチャやセキュリティ・プロトコルなどのシステム・アーキテクチャの視点に立った情報通信システムに対するセキュリティ研究の重要性が増してきています。

本研究会最初の活動として、各界有識者の招待講演をベースに、情報システム分野におけるセキュリティに関わる技術的な課題に焦点をあてて議論を進めていくこととしました。奮ってご参加下さい。

プログラム

  1. [招待講演]我が国における情報セキュリティへの取り組み
    山口 英(内閣官房 情報セキュリティセンター)
  2. [招待講演]法制度と情報セキュリティ研究
    稲垣 隆一(稲垣隆一法律事務所)
  3. [招待講演]最新の脅威動向とセキュリティ技術への期待
    山村 元昭(株式会社セキュアブレイン)
  4. [招待講演]暗号技術の視点からみた情報システムセキュリティ技術の課題
    櫻井 幸一(九州大学)
  5. [招待講演]応用技術の視点からみた情報システムセキュリティ技術の課題
    菊池 浩明(東海大学)
  6. [招待講演]マネジメント技術の視点からみた情報システムセキュリティ技術の課題
    佐々木 良一(東京電機大学)
参加費一般 3,000円、学生 500円 (会場でお支払いください。)
参加登録icss-request@mail.ieice.orgへ、 11月18日(金)までにお申込ください。まだ席に余裕がありますので, 当日受付も行ないます。奮ってご参加ください。が,スムーズな受付のためにもできるだけ事前申込をお願いします。

◎ 最新情報は、情報通信システムセキュリティ時限研究会のホームページをご覧ください。
http://www.ieice.org/iss/icss/

【参加申込・問合先】

E-mail: icss-request@mail.ieice.org
三宅 優 (KDDI研究所)
TEL [049] 278-7367, FAX [049] 278-7510
曽根 直人(鳴門教育大学)
TEL [088] 687-6502, FAX [088] 687-6102
主催 情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会