電子情報通信学会総合大会 シンポジウムセッション
  • 主題
    BI-12 情報指向通信の未来へ向けた課題
  • 開催趣旨
    近年、情報のコンテンツ名を用いてネットワーク内で効率的な情報流通を実現する「情報指向ネットワーキング技術(ICN: Information-Centric Networking)」が注目されており、その活用方法に関する議論が進められています。一方で、様々な通信技術の恩恵により、我々は既に、どこに居ても、様々な情報にアクセスできる世界に生きています。ICNは、静的なデジタルコンテンツのみでなく、処理機能、法的保護が必要な情報(個人情報や行動履歴、著作物、信書など)、動的生成情報(統計情報やキュレーションなど)、仮想空間情報(VR/AR)、感覚情報(触覚、臨場感など)等々、現在の通信技術や法律では扱いが難しい様々な”情報”を流通させる基盤技術として期待されています。情報しかし、そのためには様々な課題を乗り越える必要があります。そこで、本セッションでは、ICNが既存の通信技術を越えて、将来の情報流通基盤となるための課題を議論します。
  • 開催日時
    2019年3月19日(火) 13:00~16:00
  • 開催場所
    早稲田大学 西早稲田キャンパス 53号館303教室
  • プログラム
    13:00~13:40 気象におけるIoT センサデータとエッジコンピューティングの活用 ○中田亮太・森 航哉・田中裕之(NTT)
    13:40~14:20 サービス機能チェイニング基盤と情報指向ネットワーク技術連携の一考察 ○宮澤高也・松園和久・朝枝 仁(NICT)
    14:20~14:30 (休憩10分)
    14:30~15:10 触れるテレビの実現に向けた触覚インターフェース 半田拓也(NHK 技研)
    15:10~15:50 ダークウェブにおけるコンテンツ探索手法の検討 ○川北 将・柳生智彦(NEC)

 

第15回ICN研究会
    • 開催日時
      2019年5月16日(木)13:25~15:25
       (2019年5月16日(木)~17日(金)に開催されるNS研究会と併催です)
    • 開催場所
      工学院大学 新宿キャンパス A-2814第4会議室(アクセス
    • 発表申込方法(締め切り:4/18
      著者名、ご所属、発表題目、発表概要を明記の上、icn-chair[at]mail.ieice.org までメールをお送りください。
    • 参加申込方法
      ご発表・ご聴講される方は、いずれも参加申込みページでのご登録をお願いします:こちらから

    研究会後に懇親会を予定しております。また、参加費・懇親会費について、詳細が決まり次第掲載いたします。

 

オープンソースソフトウェア Cefore

情報通信研究機構(NICT)の開発した CCN ベースのオープンソースソフトウェア Cefore については、こちらのページをご覧ください。ソフトウェアのダウンロード方法、マニュアル(英語)の入手方法を記載しております。また、これまでに公開したハンズオン資料も公開しております。
PAGETOP