2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会 企画講演セッション
BT-2 「AIを活用したネットワーク運用技術」のご案内

基本情報

趣旨

近年、Deep LearningをはじめとするAI技術の研究開発が活発化し、その利活用が進んでいる。本セッションでは、AIを活用したネットワーク運用技術の研究者にご登壇いただき、実際の運用はどう変わったか、活用におけるノウハウ等をご紹介いただき、今後の展望について議論する。

プログラム

  1. 13:00-13:25 「ネットワークオペレーション・制御技術の高度化に向けた AI/ 機械学習の活用について」
    • 川原亮一(NTT)
  2. 13:25-13:50 「ネットワークの運用における制御フェーズの自動化に関する取組み- AI 活用によるネットワーク運用の完全自動化に向けて- 」
    • 黒田貴之・中野谷 学・桑原拓也・下西英之(NEC)
  3. 13:50-14:15 「なめらかなシステムに向けたWebサービス基盤技術とAI技術の活用」
    • 松本亮介(ペパボ研究所)
  4. (休憩時間15分)

  5. 14:30-14:55 「AIを活用したNFV自動障害復旧に関する取り組み」
    • 宮澤雅典・宮本達史(KDDI総合研究所)
  6. 14:55-15:20 「パーソナライズ制御を実現するキャンパスネットワークの運用管理自動化に向けて」
    • 阿多信吾(阪市大)
  7. 15:20-16:00 パネルディスカッション
    • パネリスト 講演者5名

問い合わせ先

関連サイト

以上