2009(H21)年度 インターネットアーキテクチャ研究賞受賞論文

資料番号論文題目,著者(所属)※○は発表者
IA2009-14外部経路情報を利用した送信元検証手法,○西藤明大(警察大)・石橋圭介(NTT)
IA2009-31Understanding the large-scale spamming botnet,○Tatsuya Mori(NTT)・Holly Esquivel・Aditya Akella(UW-Madison)・Akihiro Shimoda・Shigeki Goto(Waseda Univ.)
IA2009-67コラボラティブグリーンストレージ:データベースシステムとの連携によるディスクストレージ省電力化の構想,○合田和生・喜連川 優(東大)
IA2009-70ストリーム処理系 System S を基盤にしたWebサーバーの実装と評価,○老木智章(東工大)・鈴村豊太郎(IBM/東工大)
IA2009-85除雪車支援ICTシステムにおけるデータ転送方式の検討,○添田勝真(長岡技科大)・宮下寿幸・小島展人(くびき野GIS)・吉田雄一・浅野一志(上越地域活性化機構)・山崎克之(長岡技科大)
IA2009-86無線LANにおける高精度時刻同期方式の開発と評価,○日山雅之(長岡技科大)・金子昌彦(ウィビコム)・山崎克之(長岡技科大)
IA2009-102ホームネットワークにおける資源を考慮したタスク配置手法に関する研究,○清海佑太・金 準修(北陸先端大)・岡田 崇(北陸先端大/NICT)・中田潤也(NICT/北陸先端大)・丹 康雄(北陸先端大 /NICT)
IA2009-119 (注)プレフィックス数の変動に基づくBGP障害リンク推定手法の提案,○渡里雅史・立花篤男・阿野茂浩(KDDI研)・山崎克之(長岡技科大)

注)本研究はインターネットアーキテクチャ研究会からの「研究会推薦論文」として、本研究をベースとする研究成果を論文誌に投稿することを推奨します。