*HCS2014年3月研究会 [#a2305624]
2014年3月研究会「プロダクト(もの)・サービス(こと)のデザインとコミュニケーションおよび一般」発表募集

**概要 [#db04e183]
-テーマ: プロダクト(もの)・サービス(こと)のデザインとコミュニケーションおよび一般
-開催日: 2014年3月4日(火)、5日(水)
-開催場所: 山代温泉瑠璃光  [[案内ページ>http://rurikoh.jp/]]
-住所: 〒922-0295 石川県加賀市山代温泉

**スケジュール [#de2cdf3a]
-エントリー期限:1月18日(土)
-研究会技報用原稿締切:2月上旬(予定)

※発表件数多数の場合、上記日程以前に発表受付を締め切る可能性があります。
予めご了承ください。

**発表申込方法 [#obd237f9]
以下の発表申込システムをご利用下さい。

[[申し込みページ>http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-HCS]]
**参加費・宿泊費 [#r6e137cf]
-参加費:無料 (予稿集別途 予価2000円、発表者には無料進呈)
-宿泊費:16,000円程度 (予定) [1泊2日、夕食・朝食つき]

※学生向け (学部生、修士課程大学院生) の割引価格を検討中です。


**ご案内 [#s1816a9b]
HCS研究会では、人のコミュニケーションの活動の解明に関する基礎研究から、人や
社会を幸せにするコミュニケーションのあり方や方法の探求に関する応用研究まで
幅広いテーマを扱っています。

3月研究会は、合宿形式のワークショップといたします。昨年度まで浜松で実施して
きたHCSワークショップを、今回は開催地を日本海側に移し、山代温泉の温泉旅館で
開催いたします。

テーマは上述の通り、「プロダクト(もの)・サービス(こと)のデザインとコミュニ
ケーション」と設定しました。

さまざまなプロダクト(もの)のデザインには、それに関わる人たちのコミュニ
ケーションが重要な役割を果たします。また、出来上がったプロダクトがユーザの
コミュニケーションをさらに豊かにすることもあるでしょう。サービス(こと)の
デザインにおいては、コミュニケーション自体が、その中心にあるといってもよい
かも知れません。本研究会では、このような「もの」と「こと」のデザインとコミュ
ニケーションに関連する研究を幅広く募集します。

またその他、ヒューマン・コミュニケーション一般についての発表も広く募集いた
します。

なお、参加者間の交流を深めるために、原則として全員同じ旅館に宿泊して
いただく予定でいます。宿泊 (男女別相部屋)・懇親会の手続きは事務局が
まとめて行います。予めご了承ください。
発表申込をされた皆様には、別途ご連絡いたします。

奮ってご応募下さいますよう、お願い申し上げます。

**問い合わせ先 [#qb2e6565]
-金沢工業大学 渡邊伸行(HCS研究会幹事)
E-mail :  n-watanabe[at]neptune.kanazawa-it.ac.jp
-金沢工業大学 山本知仁 (HCS研究会専門委員)
E-mail :  tyama[at]neptune.kanazawa-it.ac.jp

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS