電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS&VNV)2017年8月合同研究会

「コミュニケーションセンシングに基づく支援および一般」発表募集

概要

  • テーマ:コミュニケーションセンシングに基づく支援および一般
  • 開催日:2017年8月20日(日)〜21日(月)
  • 開催場所:成蹊大学 6号館501教室 詳細

テーマ

ウェアラブルデバイスや環境に埋め込まれたセンサ等により,コミュニケーション行動を計測する手段が豊富になってきています.センシングした行動データはコミュニケーションを解明する重要な資料となるだけでなく,分析により得られた知見は高齢者や障害者の支援,教育支援,オフィス環境の改善等,人々の支援に役立てることもできます.そこで今回は,コミュニケーションセンシングを用いた支援技術や,支援を目指したコミュニケーションの分析についての研究発表を幅広く募集します.

また,このテーマに直接関わらないヒューマンコミュニケーションやヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーションに関連する一般の発表のご応募もお待ちしております.日頃の研究成果や研究の取り組み状況の報告をこの機会に是非ご発表ください.皆様からの積極的なお発表申し込みをお待ちしております.

招待講演

  • 講演者:鈴木 健嗣先生 (筑波大学システム情報系)
  • 講演タイトル:ソーシャル・イメージング:コミュニケーションの顕在化と支援

スケジュール

  • エントリー期限:2017年6月11日(日)
  • 原稿締切:2017年7月29日(土)
  • 注意:原稿枚数は6ページまで.発表費,参加費,聴講費は無料.

発表申込方法

発表申込システムをご利用下さい。

発表プログラム

問い合わせ先

問合せ先(HCS):中野 有紀子(成蹊大学)E-mail:y.nakano[at]st.seikei.ac.jp
問合せ先(VNV):高梨 克也(京都大学大学院)E-mail:takanasi[at]sap.ist.i.kyoto-u.ac.jp

Last-modified: 2017-06-22 (木) 17:49:08 (172d)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS