TOP


アンテナ・伝播研究専門委員会 選奨規程

(平成9年9月1日専門委員会議決)
(平成22年6月10日専門委員会一部改訂)
(平成23年12月15日専門委員会一部改訂)
(平成24年6月14日専門委員会一部改訂)
 
第1章 総則

第1条

アンテナ・伝播研究専門委員会(以下,AP研とよぶ)は,AP研の活性化に多大な貢献をした功労者に対し,また,若手研究者 のアンテナ・伝搬に関する研究奨励と研究意欲向上のためAP研に関連する各種発表の場において優れた論文を発表した登壇者(以下,発表者とよぶ)に対し,表彰を行う.

第2条

選奨の種類は,次の通りとする。

  1. アンテナ・伝播研究専門委員会功労賞
  2. アンテナ・伝播研究専門委員会活性化貢献賞
  3. アンテナ・伝播研究専門委員会奨励賞
 
第2章 アンテナ・伝播研究専門委員会功労賞

第3条

アンテナ・伝播研究専門委員会功労賞は,次の(ア)項から(ウ)項のいずれかに該当する者に贈呈する.

(ア) AP研委員長,副委員長,幹事,幹事補佐,委員を退任された方

(イ) AP研内における各種委員会の委員長,幹事,委員を退任された方

(ウ) AP研に著しい功績があったと認められる方

2. 功労賞は賞状とする.

 
第3章 アンテナ・伝播研究専門委員会活性化貢献賞

第4条

アンテナ・伝播研究専門委員会活性化貢献賞(以下,活性化貢献賞とよぶ)は,次の(ア)項に該当する発表者から選定し贈呈する.

(ア) 活性化貢献賞は,期間内に事項2において最多の成果報告をした発表者

2. 活性化貢献賞を受ける資格を有する者は,自らの研究成果を対象期間内にAP研主催の第一種研究会および表彰委員会が別途定める第二種研究会で3回以上発表を行った者とする.

3. 賞の対象期間は4月から翌年3月までの1年間とする.

4. 期間内に最多の発表を行った者が複数いた場合には,複数件数の表彰は妨げない.

5. 活性化貢献賞は,賞状および賞金とし,賞金は1名につき原則20,000円とし,受賞者が3名以上の場合,賞金総額60,000円を上限とする.

 
第4章 アンテナ・伝播研究専門委員会奨励賞

第5条

奨励賞の種類は,アンテナ・伝播研究専門委員会若手奨励賞(以下,若手奨励賞とよぶ),アンテナ・伝播研究専門委員会学生奨 励賞(以下,学生奨励賞とよぶ)とし,次の(ア)項あるいは(イ)項のいずれかに該当する発表者から選定し贈呈する.

(ア) 若手奨励賞は,博士後期課程の学生および社会人で32歳程度までの発表者

(イ) 学生奨励賞は,学部および修士課程の学生で32歳程度までの発表者

2. 各奨励賞を受ける資格を有する者は,自らの研究成果を対象期間内にAP研主催の第一種研究会および表彰委員会が別途定める第二種研究会で発表を行った者とする.

3. 賞の対象期間は4月から9月まで,10月から翌年3月までの6ヶ月間(年2回)とする.

4. 各奨励賞受賞者数は若干名(2名程度)とする.

5. 各奨励賞は,賞状および賞金とし,賞金は,若手奨励賞1名につき20,000円,学生奨励賞1名につき10,000円とする.

 
第5章 選定

第6条

各賞の受賞者は,AP研表彰委員会が候補者としてノミネートし,表彰選定委員会で選定を行い,研究専門委員会にて決定する.

2. 表彰選定委員会は,AP研表彰委員会が組織し,構成員はAP研委員,各種委員会委員の中から専門委員長の了承のもとAP研表彰委員会委員長が任命する.

3. 各賞の受賞に相応しい発表者がいない場合は,受賞者なしとする.

第7条

各賞の賞状等は,アンテナ・伝播研究専門委員会後,適当な機会において贈呈する.

第8条

前条の贈呈を行った時は,受賞者の氏名,業績の内容等をAP研ホームページ等で公表する.

 
第6章 その他

第9条

この規程の改廃はAP研表彰委員会が発議し,アンテナ・伝播研究専門委員会の議論を経た後に,AP研委員長がこれを行う.

第10条

この規程は平成18年9月1日 から施行する.

2. 本規則の一部改訂は平成22年6月11日から適用する.

3. 本規則の一部改訂は平成23年12月15日から適用する.

4. 本規則の一部改訂は平成24年6月14日から適用する.


Last-modified: 2012-06-20 (水) 19:53:55 (1947d)