テーマ:「データ市場特集V:異分野データ連携技術とイノベーション」および一般 bookmark

電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会の2月研究会では、「データ市場特集V:異分野データ連携技術とイノベーション」と題し、多様な分野のニーズ、データ、ツールの結合から、イノベーションを創発・促進させていくための基盤技術、データ流通支援技術、データ価値化手法、認知プロセス、データ市場デザイン及び異分野データ連携の事例に関する論文を広く募集いたします。

AI技術の進展により、既存の分析技術や統計学では扱えないデータが登場するとともに、AIが主要技術ではなかった分野においても注目が集まっています。その中で、一つの企業や組織のデータではなく、異なる領域のデータやAI技術を流通・交換・連携させることで新しい価値を発見し、問題解決を行う動きが活発となってきました。本特集テーマの提案委員らは、データ・AI技術・人間の相互作用によるデータの価値発見と交換によるイノベーションの場を「データ市場」と定義し、データ市場を創成するための仕組みについて議論してきました。国内外の学会活動としても当学会の他、IJCAI(Chance Discovery, Data Synthesis, Curation and Data Market 2015)、ECAI(European Workshop on Chance Discovery and Data Synthesis 2012, 2016)、ICDM(Workshop on Designing the Market of Data: MoDAT2013-2017, Cross-disciplinary Data Exchange and Collaboration: CDEC2018)、情報通信学会研究会2014「創造的社会システムとしてのデータ市場のデザイン」、ヒューマンインタフェース学会2015では企画記事「データジャケットを用いた市場型ワークショップの展開」、人工知能学会2018年度全国大会ではオーガナイズドセッション「異分野データ連携におけるデータ市場とデザイン」などを開催しています。

これら研究成果を実社会へ適用する活動も積極的に展開し、経済産業省「データ駆動型イノベーション創出戦略協議会」、「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(データ利活用促進支援事業)」、データエクスチェンジ・コンソーシアム(DXC)のほか、国土交通省「国土交通行政に資するビッグデータの活用に関する調査業務」などに実地適用されるに至りました。また、2017年3月には、近代科学社より書籍「データ市場」を発刊し、データ市場の重要性とそれを支える技術について広く社会に発信してきました。

このように、異種データを結合する分析や事業を展開する場合、関連ドメインが複雑かつ広域にわたるため、多様なステークホルダーの価値観、制約、前提を反映したシナリオ創出が必要となります。今回の研究会では、産官学民から多様なデータ利活用事例、このような要請を満たすようなデータ市場の設計、またこれに資する多様なデータからの価値の発見と定量化、異種データのシナジーを活用したシステムデザイン、データ融合・デザインロジック(論理)、人の都合(価値観・制約・前提)を扱うシナリオ創出方法について、人工知能、知識処理、法制度意識を含む多様な視点から議論します。

2019年2月の本会は、関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構との協同シンポジウム "International Symposium on Socionetwork Strategies in the Market of Data" として2日間(2月22日・23日)で行われます。国内外の著名な先生方をお招きしてのシンポジウムとなりますので、奮ってお申し込み下さい。なお、本研究会は英語・日本語のどちらからもご発表いただけます(ご発表言語に応じて日程や時間が調整されることがありますので、予めご了承ください)。

また、日本からの招待講演には、法的な視点からデータの特性に着目し、GDPRを含む国際的な個人情報保護、情報セキュリティなどを学術的に研究されている 石井夏生利先生(筑波大学図書館情報メディア系准教授) をお招きし、多様な観点からデータ市場について議論します。

1. データ市場の環境デザイン
(ア) データの表現、モデリング、オントロジー構築
(イ) 情報アーカイブ、データベースの設計と構築
(ウ) データ概要情報の記述方法(データジャケット)及びこれらの生成・蓄積
(エ) 知識の構造化と検索システム

2. データのアナリシスとシンセシス
(ア) データ活用サービスとデータ提供
(イ) 大規模/中規模/小規模のデータにおける検索、分析、統合、可視化
(ウ) セキュリティ、信頼性、プライバシーのためのデータ管理、分析
(エ) データ融合活用のための手法・ツール

3. データを用いたシステムデザイン手法
(ア) デザインロジックの妥当性・健全性の検証手法
(イ) システム設計のための要求獲得
(ウ) ステークホルダーの都合を踏まえたシステムデザイン手法
(エ) システムデザインの支援手法・ツール

4. データ市場における人の営み
(ア) 創造的コミュニケーション環境のデザイン
(イ) マーケティング、市場経済とその理論
(ウ) 教育システム、教育支援技術
(エ) 認知科学、創造性の理論

変化と革新の可能性に満ちた新しい分野です。さらに、本テーマとは別に、AIと知識処理一般のご発表も大歓迎ですので、奮ってお申し込み下さい。なお、研究会終了後には「交流会」も予定していますので、こちらへの参加もよろしくお願いいたします。

過去の研究会概要 bookmark

第1回(2014年@福岡:九州工業大学)
テーマ:創造的社会システムとしてのデータ市場のデザイン
http://www.ieice.org/~ai/jpn/index.php/20141129

第2回(2015年@福岡:九州工業大学)
テーマ:イノベーション資源としての論理とデータ
http://www.ieice.org/~ai/jpn/index.php/20151204

第3回(2017年@岡山:就実大学)
テーマ:コミュニケーションによるデータ価値化とエクスチェンジ
http://www.ieice.org/~ai/jpn/index.php/20170218

第4回(2018年@東京:東京大学)
テーマ:計算機・データ・人材の融合による異分野データ連携と価値化を促す技術群
http://www.ieice.org/~ai/jpn/index.php/20180217

日程と会場 bookmark

日程:2019年2月22日(金)・23日(土)
場所:関西大学 東京センター(東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー9階)(http://www.kansai-u.ac.jp/tokyo/index.html
時間:11時~18時(変更の可能性あり)
共催:データジャケット推進WG、イノベーション・システム研究環(~愚人の輪~)

申込方法 bookmark

●申込方法: 発表のお申込みは以下のURLからお願い致します。 (氏名、所属、論文タイトル、アブストラクト100~200字)
●発表:20分(15分の発表、5分の質疑応答)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
URL:http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=AI&lang=l
申込締切:2018年12月17日(月)
●原稿締切は開催日の3週間前頃になります。正確な日程については、プログラム確定後、学会事務局から連絡差し上げます。

参加費 bookmark

今年度より電子化に伴い、発表・聴講にかかわらず参加費が必要です。年間登録されてない場合は、以下の参加費についてのリンクを辿られ、オンライン決済を利用されると、若干、割引が受けられます。ただし、学生でかつ電子版技術研究報告のダウンロード権が不要な場合は、発表・聴講にかかわらず参加費は無料です。

参加費について

なお「参加費について」のページの下の方に、発表参加費(オンライン決済)3,240円との記載がありますが、AI研はISSに所属していますので、無視してください。

研究奨励賞について bookmark

筆頭著者が発表申し込み時に若手研究者(35歳以下)である論文を対象として、以下の選奨規定に基づく審議を経て、毎回の研究会から若干数の受賞者が決定されます(選出されない場合もあります)。なお、受賞論文の著者全員を表彰いたします。

人工知能と知識処理研究専門委員会 選奨規定

問い合わせ先 bookmark

●問合せ先:メールのタイトルに「j-modat」と記載し、下記のアドレスに送付ください。
大澤研究室事務局(info -AT- panda.sys.t.u-tokyo.ac.jp)