HOME


日 時 平成29年10月4日(水) 11:00-12:00
会 場 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館3F システム情報科学府第5、6講義室
講 師 公益財団法人かずさDNA研究所 先端研究部 植物ゲノム・遺伝学研究室 形質評価技術開発セクション
 特別研究員    七夕 高也 (たなばた たかなり)博士
演 題 農学研究における情報技術を活用した植物の計測評価技術の開発
講演概要 ゲノム解析技術の大きな進歩により詳細な遺伝解析や育種技術への利用が進んでいる。一方で、こうした解析を進めるには植物の成長形態や収穫物となる種子や果実の形状値など成長状態の評価データが大量に必要であり、効率良く大量の計測値を取得するための技術開発が必要不可欠となっている。この課題に対し、発表者は画像技術の活用を中心とした計測評価技術の開発を進めている。
発表では、これまで発表者が開発を進めてきた、イネの成長計測システム、葉や種子など形状計測を効率化する画像解析ソフトウエア、携帯端末を活用したデータ入力アプリなどの開発事例を紹介し、農学研究における植物を測る技術開発の課題と可能性について述べる。
参加費 無料(参加登録不要)
問合せ 九州大学大学院 システム情報科学研究院 内田誠一
uchida(@)ait.kyushu-u.ac.jp
開 催 主催 (一社)電子情報通信学会九州支部

≪講演会TOPへ≫

Copyright © Kyushu Section,IEICE All rights reserved.